フロンターレU18 – 浦和東 / GO FOR WORLD CUP


12月27日、埼玉スタジアム第四グラウンドにて、川崎フロンターレU-18はアルビレックス新潟戦に続いて、浦和東との一戦に臨みました。ここまで3勝2敗のフロンターレ、GO FOR WORLD CUPのグループリーグはこれが最終戦となります。

【川崎フロンターレU-18 GO FOR WORLD CUP vs 浦和東】
12月27日(火)午後3時キックオフ 埼玉スタジアム第四グラウンド 曇り 35分ハーフ

フロンターレの先発はGK19韓東焌、DFは右から27小川達也、20森陽平、24養日幹大、30島崎元、ボランチは15池谷祐輔、25古岡佑斗、右MF23デューク・カルロス、左MF32古屋雄帆、FW28山田新、31上野綜太

浦和東はGK17井上拓未、DFは右から3片岡瑞樹、2市村悠太朗、6青木兵吾、5笹沼龍也、ボランチは8水野尋希、26、右MF9横田大智、左MF14石塚陸斗、FW18、11根本駆

アルビレックス新潟戦のときに降っていた雨はやんだものの、気温はどんどん下がり、朝よりも厳しい寒さのなか、試合は始まりました。

浦和東は2分にはカウンター、26が積極的に前へ出て、右から仕掛けて折り返す18のシュートはミートしきれず。

フロンターレは前線でデュークが厳しい守備からほボールを奪って右裏へパスを出すと、古屋が抜け出しますが、浦和東のDFも粘り強く守りシュートには至らず。

フロンターレは森や養日が高い位置へ。古岡や池谷といい距離を保ってボールを保持していきます。浦和東は石塚や中盤だけではなく、いろんな局面に顔を出す26がかき回していきますが、フロンターレは切り替えが速く小川達也らがボールを奪って決定機はつくらせず。

18分にはフロンターレはエリア外右でファールを受けると池谷のフリーキックに森が頭で合わせますが、枠はとらえられず。

浦和東に押し込まれる時間もつくられますが、森や養日がボールを奪って縦へパスを入れて、ゴールには近づかせず。28分には浦和東のカウンター、右から石塚が抜け出すも韓が前へ出てシュートは打たせません。

フロンターレも31分には池谷の浮き球に山田が抜け出して、DFに競り勝ちエリア左から折り返すもシュートにはつながらず。さらに森がボールを奪って縦へパスを出すと、ボールを前へ運んだ池谷がエリア前からシュートを打ちますが、これも決まらず。33分には島崎が左サイドの裏のスペースへ。ボールを出し、山田が折り返し、エリア左で受けた池谷がシュートを打つもポストに。こぼれ球に小川達也が詰めますが、ブロック。34分には池谷の縦パスをエリア右で受けたデュークがうまく前を向きゴールへ迫りますが、GK井上が前へ出てシュートは打つことはできず。前半は0-0でタイムアップとなります。

後半もボールを握って前へ出ていくフロンターレは島崎や小川達也が高い位置取りで押し込んでいきます。6分には古岡から左へボールが出ると古屋が抜け出してゴールへ迫りますが、片岡にうまくボールを奪われシュートは打てず。浦和東もカウンターに転じて左から笹沼がミドルシュートを打ちますが、上へ。

12分にもフロンターレのコーナーキックをしのいだところから浦和東はカウンターに。26がエリア前へ出てきますが、ここはブロック。13分にはフロンターレは池谷に代わって7桝谷岳良がボランチに。浦和東は横田に代えて7秋山泰輝。

15分には浦和東、右サイドから攻めていくとエリア外から水野がミドルシュート。左枠をとらえますが韓がこれに反応して弾き出す好セーブを見せ、ゴールは許さず。23分には浦和東は根本に代わり16がFWに。

フロンターレは古岡や桝谷がよくボールにさわって、動かしていきます。27分には桝谷がボールを奪ったところから切り替えよくスルーパスを出すと上野がゴール前へ抜け出しますが、惜しくもオフサイド。さらに人数をかけて前へ出ていくと、31分には小川達也の右クロスにデュークが合わせますがシュートはバーへ。さらに桝谷がエリア右へパスを出すと山田がエリア内へ迫りますが、浦和東の選手はクリア。直後には桝谷のパスにエリア前、島崎がうまく抜け出しますが、ここもクリア。ゴールへ迫る場面は多かったフロンターレでしたが、ネットを揺らすことはできず。試合は0-0でタイムアップとなりました。

前半0-0 後半0-0 計0-0

フロンターレの先発:19韓東焌、27小川達也、20森陽平、24養日幹大、30島崎元、15池谷祐輔、25古岡佑斗、23デューク・カルロス、32古屋雄帆、28山田新、31上野綜太
交代:池谷→7桝谷岳良

浦和東の先発:17井上拓未、3片岡瑞樹、2市村悠太朗、6青木兵吾、5笹沼龍也、8水野尋希、26、9横田大智、14石塚陸斗、18、11根本駆
交代:横田→7秋山泰輝 根本→16

この結果、フロンターレはGO FOR WORLD CUPのグループリーグを3勝1分け2敗で終え、翌28日は、もうひとつのグループリーグの4位大阪桐蔭と対戦することになりました。

(文中敬称略)

試合に臨むフロンターレの選手たち
デューク・カルロス選手

韓東焌選手
池谷祐輔選手

韓東焌選手
島崎元選手
古屋雄帆選手
上野綜太選手
小川達也選手
森陽平選手

 

ゴールを狙う森陽平選手、古岡佑斗選手、養日幹大選手

山田新選手
池谷祐輔選手
山田新選手
小川達也選手

上野綜太選手
山田新選手
古屋雄帆選手
上野綜太選手
古屋雄帆選手
古岡佑斗選手
山田新選手
島崎元選手
上野綜太選手
前半は0-0
デューク・カルロス選手
池谷祐輔選手
山田新選手
古岡佑斗選手
島崎元選手
養日幹大選手
古屋雄帆選手
古屋雄帆選手

島崎元選手

小川達也選手
山田新選手

養日幹大選手
0-0でタイムアップとなった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です