フロンターレU15 – ワセダクラブForza’02 / メトロポリタンリーグ


10月11日、等々力第一サッカー場では川崎フロンターレU-18の日本クラブユース選手権関東予選ノックアウトステージ1回戦、東京杉並ソシオFC U-18戦、川崎フロンターレU-15、関東ユース(U-15)サッカーリーグ、ワセダクラブForza’02戦に続いて、川崎フロンターレU-15の2年生たちの公式戦、メトロポリタンリーグが行われました。

対戦相手は、引き続き、ワセダクラブForza’02。フロンターレのメトロポリタンリーグの戦績はここまで2勝 (TOKYU S Reyes戦は後半途中で雷雨のため中止)。9月27日の東京武蔵野シティFC戦は土屋櫂大、香取武の2ゴールで3-2で勝利しています。

この記事は、日本クラブユース選手権関東予選や関東ユース(U-15)サッカーリーグと同様に、フロンターレに取材を依頼、了解を得て距離に気を配った上で、写真やメモを取りl、書かせていただいています。

【川崎フロンターレU-15 メトロポリタンリーグ vs ワセダクラブForza’02】
10月11日(日)午後6時半キックオフ 等々力第一サッカー場 くもり 35分ハーフ

フロンターレの先発は、GK43太田陽彩、最終ラインは右から7柏村涼太、23山中大輝、22土屋櫂大、26荒井颯太、ボランチは32齊名優太、30矢越幹都、右MF31知久陽輝、左MF38児玉昌太郎、前線には37香取武、41八田秀斗。

フロンターレU-13所属の1年生、柏村が先発に入り、関東ユース(U-15)サッカーリーグの終盤に出場した児玉は連戦となりました。

日もすっかり落ちた等々力第一サッカー場。わずかながら小雨も降るなか、試合開始に。立ち上がりは、Forza’02、前線の47を走らせるようなボールを入れていきますが、フロンターレはそれをしっかり跳ね返していきます。

さらにForza’02は、エリア外左でフリーキックを得ると、8が直接狙いますが、太田がセーブ。

フロンターレは土屋や太田、山中が多くボールに触れ、山中の縦パスをおさめた八田から知久とつながり、矢越を経由して左へ展開。児玉、荒井が高い位置へ顔を出し、両サイドを使いながら前に出ていきます。Forza’02が中央から攻めていく場面では、齊名がス鼻寄せ、それをさせず。ボールを自分たちで動かす時間を増やし、山中が高い位置へ持ち出し、縦に鋭いボールを入れ、香取も下がり目に下りて、ボールをおさめ、攻めの機会をさぐっていきます。

Forza’02もルーズボールを正面へ入れ、揺さぶりにいきますが、フロンターレは土屋が縦につながるようなかたちで対応。山中も、Forza’02の8が左サイドから入れた縦パスに対して、カットするとすぐさま香取につけて、切り替えの良さを示していきます。

なかなかシュートまで行く場面が両チームつくれないなか、15分にはForza’02、最終ラインの38のフィードを右に流れた47がおさめ、47のパスに9が正面でシュートを打ちますが、ワンタッチあり、枠はとらえられず。

コーナーキックをしのいだフロンターレも、矢越、中へ寄った知久とつながり、知久が左サイドを突くパスを送ると、抜け出した児玉が仕掛けていき、左コーナーキックに。知久が右足でボールを入れると、山中が頭でシュートを打ちますが、GK41がセーブ。

フロンターレはさらに土屋や山中、時には太田もエリア外でボールに触りながら、うまく間で齊名が受け、柏村や荒井が高い位置へ上がっていくなどして、相手陣内での時間をつくっていきます。

19分には、左サイド、児玉からエリア外正面やや左に顔を出した知久に渡ると、これに対してForza’02はファール。フリーキックを得たフロンターレ、キッカーの知久は直接シュートを打ちますが、GK41がセーブ。

ここで取られた飲水タイムをはさんで、Forza’02は正面へ27が抜け出し、右サイドを突くパスを出していきますが、齊名がカバー。

そこから左サイド、児玉へつながり、児玉が仕掛けて左コーナーキックに。知久がボールを入れると、遠いサイド、八田がシュート。これはブロックに阻まれ、今度は右コーナーキックに。知久がボールを入れると、ニアで山中が合わせますが、ここはフロンターレにファールがあり、ゴールにつなげることはできず。それでも次々にたたみかけていきます。

フロンターレは、齊名や矢越、時には知久や児玉も中へ寄り、ボールを動かし、右に開いた柏村が正面の八田へ縦パスをつけたり、児玉との連係から正面へ抜け出した知久がスルーパスを出したりするなどしていきます。

31分には、Forza’02、エリア外右でうまく前を向いた39がミドルシュートを打ちますが、太田がセーブ。フロンターレも直後には、下がり目でおさめた八田から正面の知久とつなぎ、知久のエリア左を突くパスに、児玉が抜け出しますが、Forza’02の守備に遭い、シュートは打てず。

Forza’02も前からのプレスで高い位置でボールを奪いにいきますが、フロンターレは失っても距離感よくマイボールに。齊名がセカンドボールをものにするなどして、それをさせず。32分には、正面へ顔を出した荒井のスルーパスに、正面へ八田が抜け出しますが、GK41がセーブ。コーナーキックをしのいだForza’02はカウンターに持ち込み、左から9がクロスを入れていきますが、フロンターレも切り替えの良さを出して、これをクリアしていきます。

33分には、フロンターレ、山中が浮き球を入れると、正面でセカンドボールを拾った香取が前に持ち出し、香取の縦パスをおさめた八田がエリア正面へ仕掛けていきますが、Forza’02はブロック。最後はGK41がセーブしていきます。

Forza’02の攻めをしのいだところから児玉が左サイドに持ち出し、右サイドへ動き出す知久を狙い、パスを送るなどして前に出ていくフロンターレ。しかし、35分、Forza’02は16がエリア右へ抜け出し、太田との1対1に。これを制してシュートを打つと、ゴールへ決まり、0-1。

追いかける展開となったフロンターレは、右に流れた香取が斜めに仕掛け、左サイドの児玉へつなげ、児玉から右の柏村、知久とつないで両サイドから攻めていきますが、シュートにはつながらず。前半は0-1でタイムアップとなります。


後半、フロンターレは児玉に代わり36関田和智、荒井に代わり29加治佐海。左サイドを入れ替えてのスタート。

立ち上がりにはForza’02が正面へ迫るも、これをしのいだフロンターレ。土屋から柏村につなげ、柏村が知久とのパス交換から高い位置へ仕掛けていき、攻めにつなげていきます。4分には、八田から右サイド、知久へ展開。知久が正面へ折り返すと、飛び出した矢越がシュートを打ちますが、Forza’02の守備に遭い、枠へは飛ばせず。

さらに太田から正確に右サイドの柏村へつなげ、柏村のパスに知久が高い位置へ。しかし、Forza’02はブロック。さらに山中のフィードを知久がおさめ、正面へ顔を出した関田につなげ、後ろに戻し、フロンターレはボールを動かしていきます。

一方のForza’02も8分には、45から左へ展開。8が上がっていき、クロスを入れますが、遠いサイドで加治佐がカバー。フロンターレはForza’02に対して、球際に厳しく対応していき、12分には左サイドの高い位置で齊名がボールを競ると、正面へ八田が抜け出しそうになりますが、Forza’02の守備に阻まれ、シュートは打てず。それでも、守備から攻撃へ結びつけるプレーを続けていきます。

13分には、自陣でカットした加治佐が一気に正面へ。Forza’02が阻んだところ、ルーズボールを拾った香取が正面へ迫りますが、ここでもForza’02はブロック。右コーナーキックとなり、知久がボールを入れると、正面で拾った矢越がシュートを打ちますが、左へそれていきます。

フロンターレは14分、矢越に代わり34村瀬悠馬。直後には右サイドを柏村が仕掛けて、スローインを得ると、その流れから正面へ抜け出した香取がシュートを打ちますが、GK41がセーブ。

さらにフロンターレは、太田や加治佐、下がり目に八田も下りて後ろからボールを動かし、前から奪いに来るForza’02に対して、うまく間で村瀬が受けて、そこから右サイドに展開するなどしていきます。

17分には、Forza’02、左コーナーキックを得ると、39は遠いサイドにボールを入れ、正面で拾った39自らがシュートを打ちますが、チームメートに当たり、枠へは飛ばせず。

フロンターレは、左サイドでは加治佐がスピードにあふれた仕掛けで、前に持ち運び、右サイドの柏村がクロスを入れると、左へ流れたボールを関田が拾い、両サイドからゴールをうかがい、村瀬もエリア前に仕掛けて迫っていきます。

21分に取られた飲水タイムをはさんで、フロンターレは香取に代わり39坂本錠。

25分には、Forza’02、ルーズボールを拾い、エリア左でゴール右をとらえたシュートを打ちますが、太田が手1本で止める好セーブを見せていきます。

フロンターレは、直後には、浮き球を八田が競り、拾った坂本が縦に仕掛けるも、Forza’02は2人がはさみ込んでエリア内へは近づかせず。さらに左へ流れた関田がつくったスペースを、加治佐が仕掛けて、一気に正面へ。シュートを打ちますが、GK41がセーブ。

29分には、太田から左に開いた加治佐へ展開。加治佐のパスに、エリア外右へ抜け出した知久がミドルシュート。枠をとらえますが、GK41がセーブ。さらにフロンターレは、セカンドボールを齊名や加治佐、村瀬がよく拾い、山中の縦パスを坂本がおさめ、攻めにつなげていきます。

34分には、中央で村瀬がファールを受け、すばやくリスタート。右サイド、柏村から知久へつながり、知久がクロスを入れると、八田が頭で合わせますが、これは右へ。

一方のForza’02も、直後には、中央の14からエリア右、16へ。16はシュートを打ちますが、これは上に。

フロンターレは、坂本が下がり目でボールを受ける一方で、齊名が前に飛び出し、左サイドでは、関田とのパス交換から加治佐が高い位置へ動き出すなど、最後まで、攻めていきましたが、ゴールを奪うことはできず。試合は0-1でタイムアップとなりました。

Forza’02の守備も堅く、結果にはつながらなかったものの、ここまで出場の機会が少なかった選手も良さを発揮し、連係も深まっているように思えるフロンターレ。これからの試合も楽しみにしています。

前半0-1 後半0-0 計0-1

フロンターレの先発:43太田陽彩、7柏村涼太、23山中大輝、22土屋櫂大、26荒井颯太、32齊名優太、30矢越幹都、31知久陽輝、38児玉昌太郎、37香取武、41八田秀斗

交代:荒井→29加治佐海 児玉→36関田和智 矢越→34村瀬悠馬 香取→39坂本錠

(文中敬称略)

山本健翔選手
知久陽輝選手
北里世那選手
村瀬悠馬選手
村瀬悠馬選手
試合を前に今野章コーチの話を聴く選手たち
八田秀斗選手
太田陽彩選手
山中大輝選手

齊名優太選手

コイントスに臨む齊名優太選手
写真撮影に臨む選手たち

太田陽彩選手
土屋櫂大選手
山中大輝選手
知久陽輝選手
荒井颯太選手
齊名優太選手
山中大輝選手
香取武選手
児玉昌太郎選手
土屋櫂大選手
八田秀斗選手
八田秀斗選手
矢越幹都選手
荒井颯太選手
香取武選手
山中大輝選手
柏村涼太選手
土屋櫂大選手
山中大輝選手
児玉昌太郎選手
知久陽輝選手
山中大輝選手が頭で合わせる

香取武選手
矢越幹都選手
矢越幹都選手
児玉昌太郎選手
齊名優太選手
児玉昌太郎選手
知久陽輝選手
知久陽輝選手
香取武選手

荒井颯太選手
山中大輝選手
八田秀斗選手
先制点はForza’02へ
香取武選手
柏村涼太選手
後半へ
加治佐海選手
柏村涼太選手
八田秀斗選手
柏村涼太選手
知久陽輝選手
関田和智選手
八田秀斗選手
矢越幹都選手
関田和智選手
齊名優太選手
八田秀斗選手

加治佐海選手
加治佐海選手
加治佐海選手
矢越幹都選手

八田秀斗選手

加治佐海選手

関田和智選手
村瀬悠馬選手
村瀬悠馬選手
齊名優太選手
八田秀斗選手
坂本錠選手
八田秀斗選手
坂本錠選手
加治佐海選手

土屋櫂大選手
知久陽輝選手

坂本錠選手
太田陽彩選手
坂本錠選手
加治佐海選手
齊名優太選手
村瀬悠馬選手

坂本錠選手
0-1でタイムアップ

練習試合に出場した井澤明己選手
練習試合に出場した岩坪瑛太選手

練習試合では香取武選手がゴールを決めた
練習試合に出場した北里世那選手
北里世那選手
井澤明己選手
関田和智選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

フロンターレU15 – ワセダクラブForza’02 / メトロポリタンリーグ」への2件のフィードバック

  1. 山中大輝選手のディフェンス力プラス前に積極的に出て行ってゴールを狙うヘディングシュート技術が、観客から見て華やかさは無いけど、守りの大きな力になっている様な感じがしました。

    1. コメントありがとうございます! 攻めにつながるようなボールを前に入れていて、チームの力になっていると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です