フロンターレU15 – 横河武蔵野FC U15 / 高円宮杯関東大会3回戦


冬のU-15年代の全国大会、高円宮杯全日本U-15サッカー選手権大会の関東予選、高円宮杯全日本U-15サッカー選手権大会関東大会は、11月12日、3回戦を迎え、川崎フロンターレU-15は、横河武蔵野FC U-15との試合に臨みました。


【川崎フロンターレU-15 高円宮杯全日本U-15サッカー選手権大会関東大会3回戦 vs 横河武蔵野FC U-15】

11月12日(土)午前10時半キックオフ 埼玉スタジアム第三グラウンド 晴れ 40分ハーフ


2回戦で浦和レッズジュニアユースに2-1で勝利したフロンターレ。

先発は、GK1松澤成音、最終ラインは右から6関徳晴、28山川陽平、キャプテンの5林駿佑、3陶山響、ボランチは4楠田遥希、18平内一聖、トップ下8新堀翔、右に11恩田裕太郎、左に7ステンパールカ大翔、前線には9小野口天。


2回戦でバディージュニアユース横浜に2-0で勝利した横河武蔵野。

先発は、GK21藤本怜、最終ラインは右から6本山拓也、4氣島大悟、キャプテンの3伊東晋平、5肥田木拓海、ボランチは7萩原佑太、8瀧口眞斗、右MF18白田絢大、左MF11谷口昊成、前線には9加藤瑛汰、10牧野奨。


浦和レッズの阿部勇樹の引退試合が予定されており、はやくから多くの浦和のサポーターたちが行き交う埼玉スタジアム周辺。

第三グラウンドのピッチ脇に設けられた芝生席には、フロンターレも、横河武蔵野も多くの選手の家族らが集まり、見守るなか、試合は始まりました。


立ち上がり、前に出てくるのは横河武蔵野。

1分には右コーナーキックを得ると、牧野が左足で入れたボール、遠いサイドで伊東が折り返そうとしますが、さわることはできず。

なおも、ラインを高め、中央でボールをものにすると、サイドを突くボールを入れてくるのは横河武蔵野。

3分には、萩原から右サイド、白田へ。白田が仕掛けて、折り返すと、ボールはゴールへ向かっていきますが、ライン上で関がクリア。

さらに中央からのパス交換で、瀧口が正面へ。首都は枠をとらえますが、松澤がセーブ。


6分には、フロンターレにオフサイドがあり、横河武蔵野が自陣の左サイドでフリーキックを得て、伊東が前にボールを送ると、エリア外左で谷口がミドルシュートを打ちますが、右に外れていきます。


なかなか前に出られなかったフロンターレは、松澤や林、山川が後ろから丁寧にボールをまわし、次第に中盤でもボールを受けられるように。

8分には、中央、楠田のパスが、右サイド、恩田へ通り、恩田はエリア右へ仕掛けていきますが、横河武蔵野のブロックに遭い、シュートにはつながらず。


横河武蔵野もボールを持ってから前に出てくる動きの良さを見せ、10分には、瀧口が高い位置でボールをカット、右の白田へ。白田から牧野とつながり、牧野のパスに萩原がエリア右へ。

シュートは枠をとらえますが、松澤がセーブ。


フロンターレも、関のパスに、右サイドで恩田がうまく入れ替わり、前に行く姿勢を見せたり、右サイドでのパス交換から間で新堀が受け、そのパスに、平内が高い位置へ抜け出し、仕掛けていったりするなど、相手陣内での時間を増やしていきます。

14分には、新堀のパスに、平内が右サイドの高い位置へ。横河武蔵野の選手に当てて、右コーナーキックに。


陶山が左足でボールを入れると、エリア左、山川がボールをおさめ、最後はエリア外、小野口がシュートを打ちますが、藤本がセーブ。


15分には横河武蔵野、高い位置で牧野がカット。そのパスに、エリア左へ谷口が迫りますが、山川がカバー。

そこから攻めに転じたフロンターレは、恩田が右サイドの高い位置へ。そのスルーパスに、関がエリア外右へ抜け出し、シュートを打ちますが、ボールはサイドネット。


中央でボールを奪い合う展開が続き、18分にはフロンターレ、平内がボールをカット。そこから左サイド、ステンパーを狙い、浮き球のパスを出しますが、横河武蔵野はカット。


横河武蔵野も中央で瀧口が持ち上がり、右へ展開。序盤から意欲的に仕掛けていた白田へつながり、白田はクロスを上げますが、シュートにはつながらず。



フロンターレは、中央で平内や楠田がボールをものにする場面が増えていき、19分には楠田が右サイド、恩田へ浮き球。横河武蔵野はこれを奪うも、中央で平内が奪い返し、そのパスに関が右サイドの高い位置へ。折り返しに、エリア右、小野口がシュートを打ちますが、藤本がセーブ。


横河武蔵野はすぐさま攻撃へ転じ、本山の浮き球に、白田が高い位置へ動き出しますが、陶山が粘り強く体を入れ、ゴールキックに。


守備でもしっかり体を張り、横河武蔵野に向き合っていきます。


飲水タイム明け、平内が左サイド、ステンパーを狙い、裏を突くパスを出したり、高い位置でボールをカットされても、すぐさま平内がカバし、奪い返したりするなど、マイボールの時間を重ねていくフロンターレ。

関が中央を斜めに持ち出し、左のステンパーから高い位置、駆け上がった陶山につなげ、両サイドを使いながら前に出ていきます。



横河武蔵野も左サイドでボールを回し、サイドを変え、右サイドの白田へつなげ、白田のクロスのセカンドボールを拾い、最終ラインの氣島の縦パスも交え、中央から攻めに持ち込む時間をつくっていきます。

31分には、エリア外左で谷口昊成がカット。そのパスに加藤瑛汰がエリア左へ。シュートを打ちますが、右へ。


横河武蔵野に対し、自陣に選手が戻り、コンパクトにして対応していくフロンターレ。

32分には下がり目で小野口がボールをおさめ、受けた楠田のパスにステンパーが高い位置へ。エリア左へ仕掛けていきますが、横河武蔵野の守りに遭い、シュートまでは行けず。

それでも、再び自分たちでボールを動かす時間をつくり、恩田から関、関から平内と右サイドでつながり、平内が高い位置へ仕掛ける場面をつくっていきます。


34分には、右サイドで、関、恩田、平内がボールを動かし、右に流れ、ボールをおさめた小野口がエリア右へ仕掛けていきますが、横河武蔵野の守りに遭い、シュートまではいけず。


36分には横河武蔵野、本山のパスに、瀧口がエリア外右へ抜け出し、角度のないところからシュートを打ちますが、左に。

37分にはフロンターレ、楠田のスルーパスに、左サイド、抜け出したステンパーがエリア正面右へ持ち込み、シュート。しかし、上に。


フロンターレは、最終ラインの山川から右の関、関から平内、平内から恩田とつながり、恩田の右サイドを突くパスに、小野口が高い位置へ抜け出しそうになるなど、うまく連係しながら前に出る時間をつくっていきます。


39分には、楠田のパスに、小野口が右サイドの高い位置へ。小野口が仕掛け、クロスを上げると、エリア内にステンパーが迫りますが、さわることはできず。

さらに山川が出足よくボールをカット。そこから右サイドでの攻めにつなげ、平内がクロスを上げると、遠いサイド、ステンパーが迫りますが、シュートは打てず。


フロンターレは、さらに間で小野口や新堀がうまく受け、そこから右サイドに展開。関がエリア右へ抜け出す場面をつくりますが、横河武蔵野はクリア。


前半は0-0でタイムアップとなります。





後半、立ち上がりには横河武蔵野、白田が高い位置へ抜け出しそうになりますsが、陶山がうまくカバー。そのままステンパーへつなげていきます。


横河武蔵野も、うまく間で牧野が受け、左サイドを突くパスを出していきますが、山川が足を伸ばし、粘り強くカバー。


2分には、さらにGKの藤本から左サイド、肥田木へ。肥田木は、加藤瑛汰とのパス交換からエリア左へ進入しますが、山川がカバー。

フロンターレは、集中して守っていきます。


さらに中央に浮き球を入れ、そこから攻めにつなげようとしてくる横河武蔵野。しかし、フロンターレは中央で楠田が競ってマイボールに。中央で受けた平内が左サイドを突くパスを出し、ステンパーが動き出し、守備から攻めへつなげようとしていきます。


3分には横河武蔵野、瀧口のパスに、右サイド、加藤瑛汰が抜け出し、折り返し。しかし、平内がカバー。シュートは打たせず。


すると4分にはフロンターレ、右サイドでのスローインの流れから、恩田がエリア外右へ。ここで横河武蔵野にファールがあり、フリーキックに。


フリーキックのセカンドボールを拾い、さらにステンパーや恩田が高い位置で奪い返し、前に出ていくフロンターレ。最後は、正面で楠田が縦パスを入れますが、シュートにはつながらず。

7分には、中央で楠田がボールをカット。そのパスに、恩田がエリア右へ。シュートがブロックに遭ったところ、自ら拾った恩田はさらにシュートを打ちますが、藤本がセーブ。


右コーナーキックとなり、陶山がボールを入れると、正面で小野口がセカンドボールをものにし、右へ展開。

陶山はクロスを入れていきますが、藤本がセーブ。


そこから横河武蔵野が人をかけ、前に出てくる時間をつくりますが、フロンターレはコンパクトに、小野口も下がり目でボールをおさめるなどして、うまく対応していきます。


攻めに転じたフロンターレ、左サイドで陶山、ステンパー、高い位置へ流れた小野口がボールをキープし、そこからサイドを変え、右へ。

関の右クロスは左へ流れ、拾った陶山が左クロスを入れると、エリア内、飛び込んだ平内がヘディングシュートを打ちますが、横河武蔵野はクリア。


横河武蔵野も右サイドから左サイドへボールを動かし、肥田木のパスに、加藤瑛汰がエリア左へ。シュートを打ちますが、山川が体を張って、阻んでいきます。



横河武蔵野はここで白田に代わり17小松崎蒼空。

13分にはフロンターレ、左サイド、下がり目でステンパーがボールをおさめ、受けた楠田は右サイドを突く浮き球。

これに恩田が抜け出しますが、オフサイドに。


横河武蔵野も15分には、本山のサイドチェンジを、右サイド、高い位置で小松崎がおさめ、仕掛けていくと、フロンターレにハンドがあり、フリーキックに。

エリア外右、瀧口は遠いサイドにボールを入れていきますが、ラインを割りシュートには結びつかず。


フロンターレはここで新堀に代わり38奥田悠真、平内に代わり14藤井漣祐。


横河武蔵野はサイドから攻勢を強め、本山がクロスを入れる場面をつくっていきますが、フロンターレはコンパクトに。自陣のエリア近くでステンパーがクリアするなど、粘り強く対応していきます。



藤井や楠田がセカンドボールを拾い、そこから間にパスを差し入れ、攻めにつながる場面をつくっていくフロンターレ。

中盤での競り合いでも、楠田がしっかり競り、そこから藤井につなげ、藤井が左サイドを突くパスを出し、ステンパーが動き出す場面につなげていきます。

18分には、中央やや左、藤井がスルーパス。エリア外左で小野口がワンタッチではたき、奥田がエリア左へ迫りますが、横河武蔵野はクリア。

20分には再び藤井がスルーパス。これを小野口が見送り、エリア左へ奥田が抜け出し、角度のないところに持ち込み、シュート。しかし、上に。



飲水タイム明け、横河武蔵野は、谷口昊成に代わり15原島世凪、萩原に代わり14谷口悠成。

23分にはフロンターレ、横河武蔵野が攻勢に出たところ、自陣で小野口がボールをクリア、中央で楠田が拾い、楠田の右サイドを突くパスに恩田が抜け出していきます。

しかし、エリア外右へ持ち込んだ恩田の折り返しは、エリア内でクリア。


横河武蔵野も直後には、谷口悠成が右サイドの高い位置へ。クロスを入れていきますが、フロンターレはしっかりカバー。そこから右サイド、高い位置へ関が飛び出していきますが、横河武蔵野の肥田木のカバーに遭い、前にはいけず。

それでも、フロンターレは中央で藤井が粘り強く体を入れマイボールにするなど、球際に強く、選手それぞれが戦っていきます、。

27分には、楠田のパスに、奥田が正面へ。奥田は左に展開。陶山がクロスを上げると、エリア内、恩田が迫りますが、横河武蔵野の守りに遭い、シュートまでは行けず。


さらにフロンターレは右サイドで恩田、小野口、藤井が関わり合い、関が高い位置をうかがう場面をつくっていきますが、エリア内へはいけず。

攻めに転じた横河武蔵野は、サイドを変え、小松崎が右サイドの高い位置へ。しかし、陶山が粘り強く対応。最後は小松崎に当ててゴールキックにしていきます。


横河武蔵野はさらにサイドに展開し、クロスを入れていきますが、関が頭で対応。

34分には、左に流れた牧野のパスに、加藤瑛汰が仕掛けていき、シュート。こぼれ球にエリア右、加藤瑛汰が詰めますが、林の好カバーでしのいでいきます。



横河武蔵野のサイドからの攻めに、コンパクトに対応し、藤井がステンパーを走らせるようなパスを入れ、そこから攻めに持ち込もうとしていくフロンターレ。

37分には下がり目で小野口がボールをおさめ、奥田から正面へ上がった楠田とつながり、楠田のパスに奥田が高い位置へ抜け出しますが、横河武蔵野の守りに遭い、シュートまではいけず。


フロンターレはここで恩田に代わり15佐々木雄基、ステンパーに代わり27小川翔太。


38分には中央の陶山から右へ。佐々木が粘り、右サイドでのスローインに。

その流れから、仕掛けた佐々木がクロスを入れると、エリア左、小川翔太が迫りますが、シュートまえではいけず。

さらに中央、楠田のスルーパスに、エリア内、小野口が飛び出しますが、オフサイドに。


アディショナルタイムは4分。

最終ラインでボールを回し、左サイド、陶山が小川翔太を走らせ、左サイドでのスローインを得るなど、相手陣内に人数をかけていくフロンターレ。

しかし、42分、横河武蔵野は中央で谷口悠成がボールをカット。受けた瀧口が中央へ。松澤が前に出ているところを突いて、距離のあるところからシュートを打つとこれが決まり、0-1。

先制点は横河武蔵野に入ります。



追いかけるフロンターレは、小川翔太のパスに、陶山が高い位置へ。陶山の浮き球に対して、横河武蔵野にワンタッチあり、左コーナーキックに。

松澤もエリア内へ上がり、ゴールを狙いに行きますが、ボールはラインを割り、シュートにはつながらず。


44分には、センターライン付近で横河武蔵野にファールがあり、今度はフリーキックに。

ふたたび松澤もエリア内へ上がり、ゴールを狙いにいくフロンターレ。藤井が右足でボールを入れると、林のヘディングシュートは枠をとらえますが、藤本がセーブ。

試合はここでタイムアップとなり、0-1。フロンターレの高円宮杯関東大会は、ここで終わることになりました。



夏に続いての全国大会出場権には届きませんでした。

大きな舞台でこのチームのサッカーを見られないことを、とても残念に思います。


それでも、なかなか勝ち点を得られないところから、盛り返し、終盤に勝利を重ね、関東ユース(U-15)サッカーリーグ2部Aで2位に入ったことなど、チームがたどってきた軌跡はけして色あせることはないと思います。

このフロンターレU-15にとって最後の試合となる、関東ユース2部B2位との湘南ベルマーレU-15との昇格決定戦を、笑顔で終えることができますように。

そう強く願って言います。


前半0-0 後半0-1 計0-1

得点:瀧口眞斗(横河武蔵野)


フロンターレの先発:1松澤成音 6関徳晴 28山川陽平 5林駿佑(c) 3陶山響 4楠田遥希 18平内一聖 8新堀翔 11恩田裕太郎 7ステンパールカ大翔 9小野口天

交代:平内→14藤井漣祐 新堀→38奥田悠真 恩田→15佐々木雄基 ステンパー→27小川翔太

控え:16井澤明己 2柏村涼太 13佐藤壱隆 22榎本司 10平塚隼人


横河武蔵野の先発:21藤本怜 6本山拓也 4氣島大悟 3伊東晋平(c) 5肥田木拓海 7萩原健太 8瀧口眞斗 18白田絢大 11谷口昊成 9加藤瑛大 10牧野奨

交代:白田→17小松崎蒼空 谷口昊成→15原島世凪 萩原→14谷口悠成

控え:1山下蓮 23川上竜輝 13大澤眞斗 16加藤照太 25下田和弥 20稲垣瑛太



(文中敬称略)


試合を前に玉置晴一監督の話を聞く選手たち

控えの選手やスタッフが先発メンバーを送り出す

写真撮影に臨むフロンターレの選手たち

コイントスに臨むキャプテンの林駿佑選手

円陣を組む選手たち

小野口天選手
松澤成音選手
ゴールに迫る横河武蔵野
関徳晴選手がクリア

関徳晴選手
恩田裕太郎選手
新堀翔選手
楠田遥希選手
恩田裕太郎選手

陶山響選手

関徳晴選手
陶山響選手
新堀翔選手
新堀翔選手
松澤成音選手
平内一聖選手
陶山響選手
山川陽平選手
恩田裕太郎選手

新堀翔選手
平内一聖選手

松澤成音選手
山川陽平選手
平内一聖選手
山川陽平選手
ステンパールカ大翔選手
関徳晴選手
恩田裕太郎選手
平内一聖選手
関徳晴選手

恩田裕太郎選手
平内一聖選手
小野口天選手
飲水タイムへ

平内一聖選手
平内一聖選手
山川陽平選手
林駿佑選手
関徳晴選手
ステンパールカ大翔選手
陶山響選手
平内一聖選手
恩田裕太郎選手

関徳晴選手
関徳晴選手
平内一聖選手
新堀翔選手

林駿佑選手
関徳晴選手
平内一聖選手

小野口天選手

ステンパールカ大翔選手

松澤成音選手
山川陽平選手

恩田裕太郎選手
平内一聖選手

前半は0-0

ハーフタイムの選手たち
後半へ

新堀翔選手
ステンパールカ大翔選手

陶山響選手
ステンパールカ大翔選手
陶山響選手
平内一聖選手

林駿佑選手
山川陽平選手
平内一聖選手
ステンパールカ大翔選手

関徳晴選手
楠田遥希選手

恩田裕太郎選手

陶山響選手

小野口天選手
陶山響選手

ステンパールカ大翔選手

試合を見守る控えの選手たち
恩田裕太郎選手
平内一聖選手
関徳晴選手
陶山響選手
平内一聖選手が頭で合わせる
楠田遥希選手
恩田裕太郎選手
楠田遥希選手
松澤成音選手

ステンパールカ大翔選手
恩田裕太郎選手
藤井漣祐選手
奥田悠真選手
佐藤壱隆選手、平塚隼人選手
奥田悠真選手

飲水タイムへ
恩田裕太郎選手

小野口天選手
陶山響選手
ステンパールカ大翔選手
藤井漣祐選手
陶山響選手

楠田遥希選手
奥田悠真選手
恩田裕太郎選手
楠田遥希選手
奥田悠真選手
藤井漣祐選手
ステンパールカ大翔選手

奥田悠真選手
ステンパールカ大翔選手

小野口天選手

藤井漣祐選手

関徳晴選手
小川翔太選手
佐々木雄基選手

藤井漣祐選手
佐々木雄基選手

 

小川翔太選手

楠田遥希選手
小野口天選手
小川翔太選手
楠田遥希選手
先制点は横河武蔵野へ

林駿佑選手
小川翔太選手

コーナーキック、松澤成音選手も前へ上がる

林駿佑選手が頭で合わせる

0-1でタイムアップ

試合を見守った家族のもとへ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です