フロンターレU15 – Fマリノスジュニアユース / 関東ユース第20節


前節1-3で敗れ2連敗となったフロンターレU-15。今節は日本クラブユース選手権を制し夏の王者となった横浜F・マリノスジュニアユースが対戦相手。

今季は4月26日に対戦し押され気味の苦しい展開を耐え、山田新と白井颯真のゴールで2-1で勝利しています。

【川崎フロンターレU-15 関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部第20節vs横浜F・マリノスジュニアユース】
10月3日(土)午後6時半キックオフ しんよこフットボールパーク 晴れ
フロンターレの先発はGK1韓東焌、DFは右から23森璃太、36栗田悠巨、2高吉正真、11鈴木大翔、ボランチは5安永玲央、6古岡佑斗、右MF14古屋雄帆、左MF8小川達也、FW15上野綜太、ゲームキャプテンの9山田新。前節から中島が外れ、久しぶりに安永がスタメンに名前を連ねました。

フロンターレの先発メンバー
フロンターレの先発メンバー

F・マリノスの先発はGK1佐藤圭也、DFは右から2大室和也、3五十嵐大悟、18梶山かえで、25岩井龍翔司、ボランチは5鈴木駿之助、7土佐陸翼、右MF14木村卓斗、左MF8榊原彗悟、FW10栗原秀輔、21西川潤。キャプテンマークをつけるのは栗原。

F・マリノスの先発メンバー
F・マリノスの先発メンバー

すっかり日が落ちるのが早くなり、涼やかな風が通り抜けて秋の気配が漂うなか、試合は始まりました。

ともに早いパススピードでゴールに迫ろうとするもなかなか決定機まではつくれない試合展開。フロンターレは5分に山田のプレスバックから安永がミドルシュートを放ちますが、枠外。10分には右サイドで小川が蹴ったフリーキックにエリア内左、高吉が折り返しますが、押し込むことはできません。

マリノスは17分、右に開いた土佐が好クロスを送りますが西川は触れず。
25分にはフロンターレ、上野がエリア前で倒されフリーキックを得ますが、直接高吉が狙ったボールは壁に当たりなかなか決定機とはなりません。

マリノスは西川、フロンターレは山田を裏へ走らせて起点を作ろうとしますが、どちらもなかなかそれはかなわず。久しぶりに先発となった安永、古岡がよくかかわってボールを動かしていくフロンターレでしたが、山田へのパスが読まれ始め、通らなくなるようになると次第にペースはマリノスへ。

32分には自陣でボールが西川に渡り、エリア前でシュートに持ち込まれますがこれはポスト。ヒヤリとする場面。救われたのもつかの間、自陣でマリノスのプレスを受けてボールをうばわれる場面が増えるように。37分にはエリア左から土佐がシュート。ゴール右をとらえられますが、ここは韓が横っ飛びで防ぐ好守でスコアは動かず。

このまま、スコアレスで終えたいところでしたが、39分自陣右サイドでパスをカットされるとエリア前フリーになっていた西川にボールが渡り、ダイレクトで合わされてしまい0-1。前半はリードを許して終了となってしまいます。

横浜F・マリノスジュニアユースの1点目を決めた西川潤選手
横浜F・マリノスジュニアユースの1点目を決めた西川潤選手

後半も前線から圧力をかけてくるマリノス。立ち上がりには栗田のトラップがやや乱れたところを狙われてしまい、西川にボールを奪われてエリア左からシュートに持ち込まれそうになりますが、高吉がブロック。何とかコーナーキックに逃れます。
4分にはセンターサークル付近右サイドからのフリーキック、エリア左で飛び込んだのは五十嵐。これは決められたと思わされましたが、バーに当たり救われます。

さらに流れはマリノスに。直後には左SB岩井がドリブルで左サイドをえぐり、マイナス気味にクロスを送りますが、西川のシュートは枠をとらえられず。フロンターレは救われます。

しかし、ほっとしたのはつかの間、次の1点を決めたのはマリノス。7分、土佐の右コーナーキックに五十嵐が合わせて0-2。

フロンターレはここで古屋に代わって28中島大成が右サイドへ。
10分には安永からのボールを高い位置で受けた森がクロスを送り、山田が合わせますが枠をとらえられず。さらに山田がエリア左から仕掛けて送ったボールに上野が合わせますが、シュートは右へ。

次第にフロンターレにもリズムが出てきたかな、と思われたのもつかの間、次の1点もF・マリノスへ。17分にはエリア前へ人数をかけて攻められると最後は正面でボールを拾った榊原がミドルシュートを放つとゴール右を揺らされてしまい0-3。さらに直後にもエリア外右から土佐が左足を振り抜くと、地をはうようなミドルシュートがゴール右にきまってしまい0-4。立て続けの失点で大差がついてしまいます。

21分には上野からのボールを受けた山田がエリア右からシュートに持ち込みますが、これはGK佐藤のもとへ。さらに安永、小川と縦パスが通り再び山田がシュートを放ちますが、またも佐藤に阻まれてしまいます。

24分には上野に代わり10横田大祐がピッチへ。直後にはパス交換から中島がエリア内へ入りシュートに持ち込みますが、またも佐藤が阻んで決まらず。

27分には鈴木に代わり3白井颯真が左SBに。

直後には左サイドから攻勢を強めていくと横田がミドルで狙いますがこれは枠外。
マリノスも途中出場の17飯塚啓暉が左サイドを攻め上がりシュートに持ち込みますが、ニアを狙ったシュートに反応したのは韓。劣勢の中でも気持ちを切らさずに好守を見せます。
しかし、フロンターレ、なかなか決定機はつくれずタイムアップとなりました。

久しぶりの出場となった安永玲央選手とF・マリノスの栗原秀輔選手
久しぶりの出場となった安永玲央選手とF・マリノスの栗原秀輔選手

前線へパスを送る安永選手
前線へパスを送る安永選手

高吉選手とCBを組んだ栗田悠巨選手
高吉選手とCBを組んだ栗田悠巨選手

懸命にボールを追う山田新選手
懸命にボールを追う山田新選手

この試合でもキャプテンマークをまいた
この試合でもキャプテンマークをまいた

小川選手はフル出場
小川選手はフル出場

中盤を担う古岡選手
中盤を担う古岡選手

左SBでの先発、鈴木大翔選手
左SBでの先発、鈴木大翔選手

中島選手は途中出場
中島選手は途中出場

右SBで先発が続く森選手
右SBで先発が続く森選手

前半0-1 後半0-3 計0-4
得点:西川潤、五十嵐大悟、榊原彗悟、土佐陸翼(F・マリノス)

フロンターレの先発:1韓東焌、23森璃太、36栗田悠巨、2高吉正真、11鈴木大翔、5安永玲央、6古岡佑斗、14古屋雄帆、8小川達也、15上野綜太、9山田新=cap
交代:古屋→28中島大成 上野→10横田大祐 鈴木→3白井颯真

F・マリノスの先発:1佐藤圭也、2大室和也、3五十嵐大悟、18梶山かえで、25岩井龍翔司、5鈴木駿之助、7土佐陸翼、14木村卓斗、8榊原彗悟、10栗原秀輔=cap、21西川潤
交代:土佐→12西川俊 西川潤→17飯塚啓暉 梶山→4金子開研 鈴木→15橋山航輔

試合の入りこそ良かったものの攻め手が封じられてなかなか攻撃にはつなげられなかったという印象。途中から大事にいこうとしてパススピードも落ち、攻守の切り替えの部分でもマリノスに上回れてしまったのかな、と感じました。

フロンターレは7勝11敗2分け、得点30、失点37、得失点差-7。8位と順位は変わりませんが、降格圏にある11位東京ヴェルディジュニアユースとの勝ち点差はわずかに1。12位ジェフユナイテッド市原・千葉U-15との差も3。残りは2試合。勝たなければ安心できない状況となりました。次節は勝ち点差1に迫る9位柏レイソルU-15との対戦となります。
(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です