1ショット日記「最後の試合」


9月18日麻布大付属高校グラウンドで行われた高校サッカー選手権神奈川県2次予選1回戦、川和高校vs麻布大付属、試合に臨む川和の選手たち。キャプテンを務めたのはフロンターレU-15出身の10番池田総一郎選手。

麻布大付属にボールを握られるなかで、チャンスを確実にものにして立て続けに2点を奪った川和でしたが、前半のうちに追い付かれると後半勝ち越しを許し2-3。麻布大付属が勝者となり川和にとっては最後の試合となることに。

試合後、麻布大付属の選手たちと健闘を称えあい、「頑張れよ」「次も勝ってくれ」と声をかける川和の選手たち。涙を懸命にこらえながらも「応援ありがとうございました!」とキャプテンとしての役割を全うした池田選手の姿も立派なものでした。

厳しい残暑のなか、さわやかな印象を残して選手権から去っていった川和の選手たち、そして、池田選手の次のステージもすばらしいものになることを願っています。

【高校サッカー選手権神奈川県2次予選1回戦 川和高校vs麻布大付属高校】
9月18日(月)午前10時半キックオフ 麻布大付属高校グラウンド 晴れ 40分ハーフ
前半2-2 後半0-1 計2-3
得点:竹本柊、後藤貴仁(川和) 今泉諒己2、高城葵羅(麻布大付属)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

1ショット日記「最後の試合」」への2件のフィードバック

  1. 今日は池田総一郎です
    川和高校のことを投稿していただき本当に嬉しく思います。この3年間、フロンターレで学んだことを精一杯だし、先輩の代でもチームのために戦うことができました。麻布大戦は残念結果に終わってしまい、自分としても長所を出すことができずとても悔しいですが、サッカーを精一杯楽しむことができました。せっかく見にきていただいたのに、期待に応えられずすいません。
    1年の頃腰の骨を折ってしまい、その痛みを引きずりながら3年間やってきました。最後は毎食後4錠の薬を飲みなんとか試合に出れましたが、大学でのサッカーは自分の体と相談して決めます。
    自分の高校サッカーは終わってしまったけど、まだ勝ち残っている仲間、そして新生川和高校の応援をこれからもよろしくお願いします!
    長文失礼しました

  2. コメントありがとうございます!
    怪我と戦いながらのプレーだったのですね。3年間お疲れさまでした。昨年は青山君と鵜飼君とフロンターレの3人が同時にピッチにたち、池田くんがゴールを決めたところを見たりもしました。選手権は残念でしたが、最後にプレーをしているところを見られてとても嬉しかったです!

    大学でサッカーを続けられるのなら嬉しいことであるし、そうでなくてもまた新しい道が待ってると思います。すばらしいものになることを願っています。

    川和高校のこともこれからも気にして機会があれば見に行きます! 本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です