1ショット日記「培ってきたもの」


1月14日、東京都世田谷区の駒沢オリンピック公園補助競技場で行われた埼玉県と東京都の社会人サッカーの交流戦。かつて関東大学サッカーリーグで活躍した選手たちが多く名前をつらねた東京都社会人サッカーリーグの選抜には、川崎フロンターレU-18から専修大学へ進み、現在は東京都社会サッカーリーグ1部の三菱東京UFJ銀行でプレーする萩間大樹選手の姿もありました。

背番号13のユニホームを身にまとい、前半3バックの左に入った萩間選手はここぞというところで、埼玉県の前線の選手からボールを奪い取ったり、空中戦でも競り勝ったりするなど、守備で貢献。縦パスも入れ、攻撃へもつなげるなど、培ってきたものが確かであることを感じさせられるプレーぶりでした。

フロンターレのアカデミーにかかわってきた多くの人々が、今もプレーを続けていることを喜んでいると思います。大学を卒業して3年目となる2018年も活躍ぶりを伝え聞くことができたら、とても幸せなことです。

 

【埼玉県・東京都社会人サッカー交流戦 埼玉県リーグ選抜vs東京都リーグ選抜】

1月14日(日)午後2時10分キックオフ 駒沢オリンピック公園補助競技場 晴れ

前半1-3 後半0-3 計1-6

得点:池本陽彦(埼玉県) 大森勇希、堀田稜、近藤洋史、増田湧介、大森勇希、堀田稜=PK(東京都)

埼玉県の先発:1八木峻平(ACアルマレッザ入間)、2宮国泰吾(TIU)、6天羽章太(TIU)、3矢部晃弘(ACアルマレッザ入間)、4池本陽彦(TIU)、12古川康平(ドリームス)、16水谷峻(TIU)、8山崎智也(ドリームス)、19黒川隆之介(ドリームス)、23平山勇太(TIU)、11佐々木峻(ACアルマレッザ入間)

交代:天羽→5五十田航輝(TIU)   矢部→20大森史裕(ドリームス) 古川→14飯野郁斗(ドリームス) 佐々木→9西根雄大(TIU)

 

東京都の先発:1宮原隆志(LB BRB Bunkyo)、2成田一輝(東京蹴球団)、4松田貫(アストラ倶楽部)、13萩間大樹(三菱東京UFJ銀行)、5池西希(三菱東京UFJ銀行)、9小松聖音(東京海上FC)=c、6中田航平(CERVEZA FC東京)、15久保優斗(LB BRB Bunkyo)、11大森勇希(FC OSSA)、8近藤洋史(CERVEZA FC東京)、7堀田稜(東京海上FC)

交代:宮原→12岸浪卓志(CERVEZA FC東京) 萩間→3保田隆介(CERVEZA FC東京) 松田→16増田湧介(Criacao)  久保→10佐々木竜太(HBO東京)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です