阪南大 – 大阪体育大 / 全日本大学サッカー選手権準々決勝


全日本大学サッカー選手権は準々決勝へ。川崎フロンターレU-18出身の太田賢吾が属する大阪体育大は同じ関西学生サッカーリーグ1部で2位となった阪南大と対戦しました。

阪南大には同じくフロンターレU-18出身の脇坂泰斗がおり、今季は10ゴールをあげ、優秀選手賞を得るなど活躍しましたが、怪我のためメンバー外となりました。

【全日本大学サッカー選手権準々決勝 阪南大vs大阪体育大】
12月13日(日)午前11時キックオフ 味の素フィールド西が丘 雨

阪南大の先発メンバー
阪南大の先発メンバー

阪南大はGK1大西将、DFは右から3康翔貴、4大野佑哉、5甲斐健太郎、34金来遠、中盤の底にキャプテン14松下佳貴、2列目に右から19松尾雄斗、16岡部拓実、8重廣卓也、9八久保颯、FW13前田央樹

松下は来季ヴィッセル神戸、八久保はロアッソ熊本への加入が内定している選手。初戦は前田の2ゴールで2-1で鹿屋体育大を下して準々決勝へ駒を進めてきました。

大阪体育大の先発メンバー
大阪体育大の先発メンバー

大阪体育大はGK21野坂浩亮、DFは右から2太田賢吾、4菊池流帆、3羽田昇平、30小川明、ボランチは6池上丈二、8後藤虹介、右MF9安田圭佑、左MF11久保田駿斗、FWは26山田貴仁、キャプテン10澤上竜二

関西学生サッカーリーグでは今季は1勝1敗となった両チームの対戦。序盤から攻勢に出たのは阪南大。松下を中心にパスを回して2列目から選手が前線へ飛び出していき、エリア内へ顔を出して好機をつくっていきます。

10分にはエリア内へ飛び出してきた岡部に対して大阪体育大のGK野坂が詰めていきますがこぼれ球がエリア外の前田の足元へ。これをダイレクトで決めて1-0。先制点は阪南大へ。

前田央樹選手が決めて阪南大が先制する
前田央樹選手が決めて阪南大が先制する

さらに攻めに出ていく阪南大。右サイドからの連係で八久保や岡部が崩していきますが、1対1では太田や菊池が粘り強いディフェンスを見せていきます。

14分には大阪体育大、山田貴仁のポストプレーからエリア右、池上が狙いますがこれは枠外。

17分には左サイドを抜け出した岡部へのファールで太田にイエローカードが提示されます。

20分には大阪体育大も反撃。右サイドでスローインを得ると、左SBの小川がスロワーに。ロングスローをエリア内で競ると最後は前線へ上がっていた菊池が決めて1-1。同点となります。

大阪体育大がロングスローから追い付く
大阪体育大がロングスローから追い付く

このあとは前へシンプルにボールを入れたところからチャンスをうかがう大阪体育大、パスワークからエリア内へ迫る阪南大との攻防が続きますが、スコアは動かず1-1で前半はともにタイムアップとなります。

右SBで先発の太田賢吾選手
右SBで先発の太田賢吾選手
ロアッソ熊本へ加入する八久保颯選手に対処する太田賢吾選手
ロアッソ熊本へ加入する八久保颯選手に対処する太田賢吾選手
前線へボールを送る太田賢吾選手
前線へボールを送る太田賢吾選手

ともにメンバー交代はなく始まった後半。1分にはエリア右から抜けた岡部が狙いますが、枠外。大阪体育大はさらに左から小川がいい軌道のロングスローを入れ、阪南の選手たちは触ることができず、あとは澤上が触るだけに見えましたが、澤上も障ることはできず、ラインを割っていきます。

阪南大は11分、八久保が縦パスを岡部に入れて岡部が左へはたいたボールにエリア内左、前田が抜け出ますがここはブロックされて決めることはできず。

ドリブルで仕掛けた岡部を起点にチャンスをつくっていた阪南大。14分にはエリア外左でその岡部を太田が倒してしまい2枚目のイエローカードを受けて退場となってしまいます。

18分には阪南大、松下の浮きだまのパスに抜け出した前田がGK野坂と1対1となりますが、ここは野坂が防いで決めることはできず。

20分には阪南大は松尾に代えて11外山凌。左MFに入り八久保が右MFに。
大阪体育大は久保田に代えて23井上和己が入り、DFは右から井上、菊池、羽田、小川、2列目が安田、池上、後藤、澤上、FWに山田貴仁となります。

25分にはさらに大阪体育大、山田貴仁に代えてFWに29浅野雄也。サンフレッチェ広島のFW29浅野拓磨の弟。

32分には岡部に代えて26江坂巧。こちらは今季ザスパクサツ群馬で活躍し来季は大宮アルディージャに移籍する江坂任の弟。

数的優位を活かして攻める阪南でしたが、大阪体育大も菊池、羽田の両CBが粘り強いディフェンスで得点は許さず後半はタイムアップとなります。試合は前後半計30分の延長戦へ。

スローインを入れる太田選手
スローインを入れる太田選手
試合は延長戦へ。円陣を組む大阪体育大の選手たち
試合は延長戦へ。円陣を組む大阪体育大の選手たち

延長前半の大阪体育大は小川に代えて27大田賢生がFWに入り浅野が右MF、井上が左SB、安田が右SBになってのスタート。

ゴールの裏にあるネットの奥から祈るようにして試合を見守る太田賢吾。円陣を組む大阪体育の選手たちは「けんご、おまえの分も走るからな!」。力強く声をかけて延長戦へ臨みました。

延長前半、立ち上がりから攻勢に出たのは阪南大。左サイドを外山がうまく抜け出すなどして次々にチャンスを得ます。7分には甲斐がエリア外でボールを持つとミドルシュートで狙いますが、大阪体育のGK野坂がしっかりこれを弾いてゴールとはならず。10分には縦パスを受けた重廣からのボール、最後は江坂がエリア内でシュートを打ちますがここも野坂が阻みます。

しかし、11分に実ったのは阪南大の攻め。重廣の浮きだまのパスに抜け出した前田がついに決めて2-1。

この日2ゴール目の阪南大のFW前田央樹選手。大会通算4ゴール杜なった
この日2ゴール目の阪南大のFW前田央樹選手。大会通算4ゴール杜なった

しかし、大阪体育大も14分、右サイドを突破した浅野が松下のスライディングをかわしてエリア内へ。放ったループシュートがゴール左を揺らして2-2。

数的不利の大阪体育大が再び追い付く
数的不利の大阪体育大が再び追い付く

阪南大の鮮やかな攻めも、けして試合をあきらめない大阪体育大の姿勢も胸を打つ試合は延長後半へ。2分次の1点を決めたのはやはり阪南大。左サイドでボールを受けた外山が中へ切れ込みエリア外からシュートを放つとこれが決まり3-2。

さらに大阪体育大は後藤が延長後半2回目の警告を受けて退場となり、9人に。ここで安田に代えて13山田大地を入れ、最終ラインは右から山田大地、井上、羽田、2列目が大田、澤上、池上、浅野、前線に菊池をあげて同点を狙っていきます。

6分には左クロスに菊池が合わせますがこれはGK大西へ。さらに12分コーナーキックのこぼれ球を拾い最後はエリア内右、澤上がダイレクトでシュートを打ちますがこれは右へ。

最後まで追いすがった大阪体育大でしたが、追い付くことはできず。試合は終わりました。
「阪南、優勝しろよ!」。大阪体育大のゴール裏からは大きな声が飛びました。

2回目のインカレはピッチの上では終えられなかった太田賢吾。あと2年出るチャンスがあります。再び関東でそのプレーを見せることをフロンターレU-18のサポーターは待っています。

外山選手のミドルシュートで阪南大がついに決勝ゴールを得た
外山選手のミドルシュートで阪南大がついに決勝ゴールを得た
試合後、あいさつを終えて肩を抱かれる太田賢吾選手
試合後、あいさつを終えて肩を抱かれる太田賢吾選手

前半1-1 後半0-0 延長前半1-1 延長後半1-0 計3-2
得点:前田央樹2 外山凌(阪南大) 菊池流帆、浅野雄也(大阪体育大)

阪南大の先発:GK1大西将、3康翔貴、4大野佑哉、5甲斐健太郎、34金来遠、14松下佳貴=cap、19松尾雄斗、16岡部拓実、8重廣卓也、9八久保颯、13前田央樹
交代:岡部→26江坂巧 松尾→11外山凌 八久保→28三田陽介
控え:21岩倉努 2藤原奏哉 15大本裕槻 27大塚勇気 29高田俊 18草野侑己

大阪体育大の先発:21野坂浩亮、2太田賢吾、4菊池流帆、3羽田昇平、30小川明、6池上丈二、8後藤虹介、9安田圭佑、11久保田駿斗、26山田貴仁、10澤上竜二=cap
交代:久保田→23井上和己 山田貴仁→29浅野雄也 小川→大田賢生 安田→13山田大地
控え:1本田渉 5秋山拓也 25山田賢汰 18平田健人 19中村優仁
(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です