フロンターレU15 – TOKYU S Reyes / メトロポリタンリーグ


11月3日、川崎フロンターレが柏レイソルとのJ1リーグ第31節に臨むのを前に等々力第一サッカー場へ。川崎フロンターレU-15の二年生らはこの日TOKYU S Reyes(レイエス)とのメトロポリタンリーグに臨みました。

【川崎フロンターレU-15 メトロポリタンリーグvsTOKYU S Reyes】
11月3日(土)午前10時15分キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 35分ハーフ

フロンターレの先発は、ゲームキャプテンのGK19福田開人、DFは右から24空閑俊汰、4由井航太、2江原叡志、26オウイエ・ウイリアム、ボランチは30大瀧螢、7尾川丈、右MF35城田優、左MF27金山尚生、FW36山下陽生、38松尾凜久。この日はフロンターレU-15の高円宮杯の関東予選1回戦があり、U-15の二年生たちにも不在の選手がおり、由井、江原、尾川とフロンターレU-13所属の一年生たちが先発に名前をつらねました。

好天に恵まれた等々力第一サッカー場。両チームの選手の家族らが見つめるなか始まった試合。フロンターレは立ち上がり、江原、由井が開いて後ろからの組み立てを図りに。それに対してレイエスはラインを上げ、前からのプレスを図りに。フロンターレはなかなか前にボールが入らず、守備から攻撃へとつなぐ切り替えの良さでレイエスが上回り、次々にゴールに迫る場面をつくっていきます。

4分には高い位置でレイエスがボールを奪い、ボランチの4がミドルシュート。枠をとらえますが、福田が反応。コーナーキックに。右コーナーキック、17が左足で入れるとこぼれ球からエリア右でシュートを打つレイエス。さらに畳み掛けて、22のパスにエリア右で11がシュート。しかし、ここでも福田が好守を見せ、フロンターレはしのいでいきます。

なおもレイエスが左から右へと幅広くピッチを使いながら攻めに出てくるもフロンターレは福田を中心によくカバーし、人をかけてしっかり守っていきます。

12分にはレイエス、エリア前でボールをカットし右からクロスを上げると遠いサイドで折り返し、エリア右に36が迫るも由井がカット。空閑も中へしぼってよくカバー。さらに右スローインの流れから攻撃へ持ち込もうとするレイエスに対して、左サイドでボールをものにするフロンターレ。

左サイド高い位置の山下がエリア前に仕掛けていく動きを見せ、右に展開。空閑がエリア右にパスを送ると山下が抜け出すもレイエスのブロックに遭い、シュートには持ち込めず。

さらに金山が中央に寄り、江原や空閑との連係からボールをものにする場面をつくりに。大瀧が江原や由井との連係から後ろからの組み立てを図りながら攻撃の機会をうかがっていきます。

しかし、なおもレイエスが切り替えの速さからサイドに展開し、クロスを上げる場面をつくりに。18分には右から11がクロスを上げるも由井がクリア。さらに20分にはエリア外正面で4がシュート。枠をとらえますが、福田がセーブ。23分にはフロンターレの陣内でレイエスがボールを奪い、右クロスを上げるとファーで23が合わせますが枠はとらえられず。

直後には左からの攻勢。24が折り返すも江原がクリア。続いて右から11がクロスを入れるも由井がクリア。

フロンターレは自陣に松尾が下がり、コンパクトに。金山や城田が高い位置でボールをものにする場面をつくりだすもなかなかシュートまではつなぐことはできず。

さらにレイエスがサイドからの攻めと切り替えの良さからのシュートでフロンターレをおびやかすも江原がクリアするなど、粘り強く守りに。31分には23のボールカットからエリア左で10がシュート。しかし、福田がセーブ。さらに攻勢を受けていきますが、フロンターレは江原がクロスに対してよく対応。金山もエリア内に戻り好カバーを見せ、前半はタイムアップ。0-0でハーフタイムとなります。

後半もゴールに迫ったのはレイエス。4分右サイドから折り返すとこぼれ球を拾った24のシュートがゴールの中へ。0-1。先制点はレイエスに入ります。

さらに立て続けにコーナーキックを得るなどしていくレイエス。フロンターレは山下や松尾も下りコンパクトにして守っていきます。

しかし、10分フロンターレの陣内、センターライン手前でフリーキックを得たレイエス。13が直接狙ったシュートが決まり0-2に。

フロンターレはここで城田に代わり11岡野一恭平、オウイエに代わり6髙橋悠斗。U-13の2選手がピッチに入ります。

15分には再びレイエス、右サイドからの攻めに。エリア右でシュートを打つも福田が足で止める好守。右コーナーキックとなり、24が左足で入れると、こぼれ球に反応した4がシュート。しかし、ここでもまた福田がセーブ。

フロンターレは岡野一との連係から空閑が高い位置へ上がるもなかなかシュートまではいけず。尾川がトップ下、松尾が左MF、金山がボランチにポジションを移して打開を図ろうとしますが、セカンドボールをレイエスがものにする場面が目立ちなかなか攻めに出られない時間が続いていきます。

すると18分、パス交換からエリア右に入り込んだ11のシュートが決まり0-3。さらにエリア左で24がミドルシュート。しかし、福田がまたもよく反応。レイエスのコーナーキックとなり、ショートコーナーからエリア左、21がシュート。しかし、バーを叩いてゴールにはならず。

髙橋悠斗が左サイドの裏を狙いパスを出すなど、大差にも揺さぶりにいくフロンターレ。28分には金山と尾川が中央でボールをものにして右へ展開。空閑が高い位置へ。シュートにはつながりませんでしたが、相手陣内に入りに。さらに山下が中央でボールをものに、尾川から右に展開し、岡野一がエリア右に向かって仕掛け、山下がゴールに迫るなどしていきます。

32分には山下から右サイド、高い位置の空閑へ。空閑がエリアに向かって仕掛け、右コーナーキックに。セカンドボールを中央に寄った尾川と岡野一の連係からものにし、さらに空閑の高い位置からの仕掛けにつなげていきます。

34分には山下からエリア前の松尾へ。しかし、シュートに対してはレイエスも粘り強くブロックにいき、ゴールにはつながらず。さらにロスタイムに入り、松尾から右に展開。岡野一がゴールに向かって仕掛け、折り返すと山下がシュートを打つもブロック。試合はタイムアップとなり、0-3。

フロンターレは最後にはゴールに向かっていく場面をつくりだしましたが、ネットを揺らすことはかなわず。試合をおとす結果となりました。

前半0-0 後半0-3 計0-3

フロンターレの先発:19福田開人(c)、24空閑俊汰、4由井航太、2江原叡志、26オウイエ・ウイリアム、30大瀧螢、7尾川丈、35城田優、27金山尚生、36山下陽生、38松尾凜久
交代:城田→11岡野一恭平 オウイエ→6髙橋悠斗

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち
濱﨑知康選手
松尾凜久選手
山下陽生選手
空閑俊汰選手
岡野一恭平選手
吉年穣選手
城田優選手
円陣を組む選手やスタッフ

コイントスに臨む福田開人選手。キャプテンを務めた
キックオフへ

福田開人選手
江原叡志選手
由井航太選手
金山尚生選手
尾川丈選手
江原叡志選手
空閑俊汰選手
城田優選手
山下陽生選手
福田開人選手
大瀧螢選手

山下陽生選手
松尾凜久選手
空閑俊汰選手
オウイエ・ウイリアム選手
尾川丈選手
オウイエ・ウイリアム選手
大瀧螢選手
松尾凜久選手
城田優選手
由井航太選手
0-0でハーフタイムへ
髙橋悠斗選手
濱﨑知康選手
戸田将選手
吉年穣選手
五木田季晋選手
後半へ
先制点はレイエスへ
オウイエ・ウイリアム選手
大瀧螢選手

松尾凜久選手
空閑俊汰選手
岡野一恭平選手
尾川丈選手
髙橋悠斗選手
金山尚生選手
尾川丈選手
松尾凜久選手
岡野一恭平選手
髙橋悠斗選手
髙橋悠斗選手
山下陽生選手
空閑俊汰選手
大瀧螢選手
空閑俊汰選手
山下陽生選手
金山尚生選手
コーナーキックからゴールを狙う

岡野一恭平選手
0-3でタイムアップ
練習試合に出場した濱﨑知康選手
練習試合に出場した吉年穣選手

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です