1 ショット日記 「リスタート」


等々力陸上競技場で川崎市の六年生年代の大会、松村杯が行われた10月28日、等々力第一サッカー場では、川崎フロンターレU-18がSC相模原ユースとの神奈川県クラブユースリーグに臨みました。

 

フロンターレは前半上野綜太のゴールで先制。しかし、後半SC相模原が立て続けにゴールを奪い1-2に。追いかけるフロンターレは25分、栗田悠巨が左サイドからエリア内へボールを入れると、有田恵人がSC相模原の寄せをうまくかわし、シュート。これが決まり、2-2に。

その後も山田新がエリア前に何度も迫れば、上野が枠をとらえたシュートを放つなど、決定的な場面をつくりだすフロンターレ。しかし、SC相模原のGKらの好守に阻まれ、勝ち越しとはならず。試合は2-2でタイムアップ。2回戦で終わったJユースカップからのリスタートとなる一戦は引き分けになりました。

それでも日本クラブユース選手権後、公式戦から離れていた山内日向汰、さらには7月初旬の桐光学園戦で負った怪我のため、4カ月近く離脱していた宮城天が復帰する場面もあり、見守っていた人々に大きな喜びをもたらすものとなりました。

今季の前半戦、攻守に活躍した2人の選手が戻ってきたことは、3試合が残されたプリンスリーグ関東に向けた、大きな力になると思います。

 

【川崎フロンターレU-18 神奈川県クラブユースリーグ1部 vs SC相模原ユース】

10月28日(日)午後2時10分キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 40分ハーフ

得点:上野綜太、有田恵人

 

フロンターレのメンバー:33藤田航大、3島崎元、4高吉正真、15道間雄生、20澤田泰大→2栗田悠巨、6小川達也→32山内日向汰、25戸水利紀、11有田恵人、8上野綜太、7中島大成→26平田流衣→18宮城天、9山田新

 

(文中敬称略)

同点となるゴールを決める有田恵人選手
山内日向汰選手
宮城天選手は惜しいフリーキックを放つ場面もあった

先制点を決めた上野綜太選手は終盤も決定的な場面をつくった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です