フロンターレU13 – 浦和レッズジュニアユース / 横浜FCカップ準決勝


12月28日は横浜FC LEOCトレーニングセンターへ。川崎フロンターレU-13は、26日からJクラブのアカデミーチームや、クラブチームなどのU-13年代の16チームによって競われる横浜FCカップに参加しており、この日が最終日。

横浜FCカップは、16チームが4チームずつ4グループに分かれ、予選リーグを行い、決勝トーナメントに進むことができるのは各グループの1位。フロンターレU-13は横浜FC鶴見、FC東京深川、名古屋グランパスとの予選リーグを1位で通過し、決勝トーナメントへの進出を決めました。

【川崎フロンターレU-13 横浜FCカップ準決勝 vs 浦和レッズジュニアユース】
12月28日(金)午後0時14分キックオフ 横浜FC LEOCトレーニングセンター 晴れ 25分ハーフ

フロンターレの先発は、GK33濱﨑知康、最終ラインは右から13伊藤颯飛、2江原叡志、6髙橋悠斗、20中原章雅、ボランチは15藤野心魂、10田中陸人、右MF18瀬谷海斗、左MF14志村海里、FW22岡田泰輝、17髙橋宗杜。

青空が広がるものの、風が吹き抜け、靴底をすり抜けるように冷たい空気が体の中へ忍び込んでくる、厳しい寒さに見舞われたLEOCトレーニングセンター。それでも多くの両チームの選手の家族らが集まり、見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、チャンスをつかんだのは浦和。47のパスにエリア左へ抜け出した50がシュート。しかし、濱﨑がセーブ。さらに浦和は浮き球を右サイドに入れ、58がクロスを上げるもここもまた濱﨑がしっかりボールをキャッチ。

フロンターレは、髙橋悠斗が中央に降りてきた志村に縦パスを入れたり、江原がサイドに開いて髙橋宗杜に縦パスを入れ、後ろからの組み立てを図りに。しかし、浦和がボールをものにしたところから攻めに出るのが速く、なかなかエリア内に近づくことができず。

6分には浦和、中盤でボールを奪い、エリア右に持ち込むも伊藤が中へしぼってよくカバー。さらにエリア左に浮き球を入れ、攻めに出てきた浦和。最後はセカンドボールを拾った47がシュートを打ちますが、右へ。

岡田が自陣のエリア近くに下り、コンパクトにしていくフロンターレ。田中や江原がエリア右に顔を出してきた49から囲い込むようにして、ボールを奪うなど、浦和の攻勢によく対抗していきます。

しかし、8分、エリア左へ仕掛けた54がシュート。ボールはバーに弾かれましたが、49が押し込み、0-1。先制点は浦和に入ります。

なかなか決定的な場面をつくることができなかったフロンターレも、ラインを高め、中原が高い位置へ仕掛けるなどしていくと、14分には藤野がエリア前に縦パスをつけ、ボールはエリア左へ。志村がシュートを打つもワンタッチあり、コーナーキックに。

浦和がコーナーキックをしのいだところからカウンターへ持ち込みますが、伊藤に加え、コーナーキックのキッカーの髙橋宗杜もすばやく戻りカバー。

フロンターレも高い位置で田中が寄せ、ボールを奪い、浮き球のパスに岡田がエリア内に抜け出しますがシュートは打てず。

浦和がさらにゴールに迫る場面は続いていきますが、エリア正面で田中がシュートをブロックしたり、折り返しのボールをエリア内で藤野がクリアするなど、フロンターレはしのいでいきます。

23分には浦和、53の縦パスにエリア正面へ49が抜け出すも濱﨑が好セーブを見せ、追加点は許さず。

24分にはフロンターレ、藤野のプレスからボールをものにすると、エリア外右距離のあるところから髙橋宗杜がミドルシュート。枠をとらえますが、GK41がセーブ。前半は0-1でタイムアップとなります。

 

 

後半フロンターレは藤野に代わり7尾川丈、伊藤に代わり5栁沼俊太、志村に代わり11岡野一恭平、岡田に代わり9岡崎寅太郎が入ってのスタート。

浦和がエリア前に浮き球を入れ、混戦となったところを濱﨑がセーブするなどして、攻勢をしのいでいくと、4分には瀬谷のパスにうまく抜け出した岡崎がエリア右へ。切り返してシュートを打つもサイドネットへ。

フロンターレは岡崎も自陣に戻り、浦和の選手にプレスをかけるなどし、岡野一も中央に寄って、縦パスを受け、組み立てを図りに。

8分には浦和、右サイドからのスローインの流れでセカンドボールを拾った54がエリア右へ。シュートを打ちますが右へ。

浦和の高い位置でのボール奪取にも髙橋悠斗、田中がすばやく囲い込み、ボールを奪い返すなどしていくフロンターレ。中央で尾川が巧みなターンで振り切り、岡崎も中央に寄って、コンパクトに。ボールを持つ時間を増やしていきます。

12分には田中に代わり4由井航太。由井が右のCB、江原が左のCB、髙橋悠斗がボランチへ。

フロンターレは浦和が最終ラインでボールを回す場面では、岡崎、髙橋宗杜、岡野一が連動して前からプレスをかけにいき、浦和が蹴り出したボールを尾川がポジショニングよくものにし、すばやく駆け上がった中原へパスを入れ、攻撃へつなげに。

GKの濱﨑もフリーキックから浦和がエリア内に入れたボールをキャッチし、そこからすぐに中原へ預け、攻撃へ切り替えていきます。

15分には浦和、右サイド、センターライン付近でフリーキックを得ると63が左足で入れたボールのこぼれ球を拾い、58がエリア外左からシュート。しかし、ここも濱﨑がセーブ。

16分フロンターレは髙橋宗杜に代わり3深澤陽太が入り、左SB、中原が前線へ。

尾川が中央を持ち上がり、ボールを受けた瀬谷も鋭い切り返しで浦和の選手を振り切り、縦へ仕掛けるなどしていくフロンターレ。20分、濱﨑が前線の岡崎へ入れ、ボールは左サイドの岡野一へ。エリア左、中原が抜け出し、シュートを打つとボールはバーに当たりながらも入り、1-1。フロンターレが追い付きます。

21分には浦和、49がエリア前にうまく抜け出し、前に出た濱﨑もかわし、シュートを打つも左へ。

由井や髙橋悠斗が連係してエリア前でボールをものにし、岡野一にボールが渡ると、機を見て深澤が高い位置へ駆け上がるなど、人をかけた攻めを試みていきます。

24分には髙橋悠斗が前線へ動き出した岡崎や岡野一を狙い、パスを出すと、エリア前にこぼれたボールを、髙橋悠斗が拾い、ミドルシュートを打つも上に。

後半はタイムアップとなり、1-1。決勝へ進むチームはPK戦(3人制)で決めることに。

先攻は浦和、後攻はフロンターレ。

浦和の1人目、47。左へ蹴るも濱﨑が見事にセーブ。
フロンターレの1人目は由井。しかし、正面を突いたシュートは、浦和のGK41がこちらもセーブ。
浦和の2人目は44。左へのシュートは、またも濱﨑がセーブ。
フロンターレの2人目は岡崎。これを決めて、フロンターレはリード。
浦和の3人目、63は決め、1-1に。
フロンターレの3人目、深澤。これを決めて、2-1。フロンターレは決勝への進出を果たしました。

前半0-1 後半1-0 計1-1 PK2-1
得点:中原章雅

フロンターレの先発:33濱﨑知康、13伊藤颯飛、2江原叡志、6髙橋悠斗、20中原章雅、15藤野心魂、10田中陸人、18瀬谷海斗、14志村海里、22岡田泰輝、17髙橋宗杜
交代:伊藤→5栁沼俊太 藤野→7尾川丈 志村→11岡野一恭平 岡田→9岡崎寅太郎 田中→4由井航太 髙橋宗杜→3深澤陽太

このあとの決勝、FC LAVIDAとの決勝は、0-3。フロンターレは準優勝で大会を終えました。

フロンターレU-13の2018年の活動はこれにて終了に。U-12からフロンターレで育った選手もいれば、今年からフロンターレの一員になった選手もいるなかで、関東ユース(U-13)サッカーリーグ2部で優勝を果たすなど、結果も残し、試合を重ねていくにつれ、どんどんいいチームになっていっているように思います。

来年もどんなプレーを見られるのか、とても楽しみにしています。

(文中敬称略)

濱﨑知康選手
中原章雅選手
菊池悠斗選手
瀬谷海斗選手
試合に臨む選手たち

髙橋宗杜選手
岡田泰輝選手
藤野心魂選手
濱﨑知康選手
藤野心魂選手
江原叡志選手
髙橋悠斗選手

志村海里選手
田中陸人選手
髙橋宗杜選手
岡田泰輝選手
田中陸人選手
先制点は浦和レッズへ

伊藤颯飛選手
伊藤颯飛選手、田中陸人選手

瀬谷海斗選手
中原章雅選手、志村海里選手
志村海里選手
髙橋悠斗選手
前半は0-1

江原叡志選手
尾川丈選手、田中陸人選手
栁沼俊太選手
岡崎寅太郎選手
岡野一恭平選手
栁沼俊太選手
志村海里選手、藤野心魂選手、深澤陽太選手、名賀海月選手
菊池悠斗選手、伊藤颯飛選手、由井航太選手、岡田泰輝選手、志村海里選手
尾川丈選手
由井航太選手
髙橋宗杜選手、岡野一恭平選手、岡崎寅太郎選手
深澤陽太選手

中原章雅選手がシュート
1-1に

中原章雅選手
深澤陽太選手
濱﨑知康選手
1-1でタイムアップ
PK戦へ
濱﨑知康選手
濱﨑知康選手が1人目のPKを阻む

2人連続のPKストップ

岡崎寅太郎選手
深澤陽太選手が決め、フロンターレが決勝へ

決勝進出を果たした

 

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です