フロンターレU18 – 市立船橋 / JYPSL 2019


2月3日、時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンドで行われたジャパンユースプーマスーパーリーグ。川崎フロンターレU-18は近畿大附属戦に続いて、市立船橋との試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-18 ジャパンユースプーマスーパーリーグ vs 市立船橋】
2月3日(日)午前11時13分キックオフ 時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンド2 晴れ 30分ハーフ

フロンターレの先発は、GK33藤田航大、最終ラインは右から5森璃太、15道間雄生、2栗田悠巨、27神橋良汰、ボランチは32山内日向汰、25戸水利紀、右MF11有田恵人、左MF7中島大成、FW26平田流衣、18宮城天。

青空が広がった時之栖スポーツセンターうさぎ島グラウンド。時折冷たい風が吹くなか、試合は始まりました。

立ち上がり、攻めに出てきたのは市立船橋。17が高い位置へ抜け出し右クロスを上げると、こぼれ球を拾った22が左から持ち込み、エリア左、28が迫りますが、道間がブロック。左コーナーキックに。

27が右足でボールを入れると、26が合わせるも枠はとらえられず。

フロンターレは、GK藤田に栗田や道間が多くボールに触れながらも、道間から右サイドの高い位置へ展開し、有田につなげるなどピッチを広く使いながらゴールをうかがいに。

5分には宮城、森、有田、山内がかかわり右サイドからの攻めに持ち込み、エリア右に進入した山内からボールを受けた宮城が折り返すも市立船橋のブロックに阻まれ、最後はGK21がボールをセーブ。

さらに後ろから藤田が正確に右サイドにボールをつけたり、栗田が縦パスを入れるなどしながら攻めていくフロンターレ。7分には栗田の縦パスにエリア右、森が抜け出しますがオフサイド。

9分には有田、山内と縦へつけて山内のパスにエリア右、平田が抜け出し、こぼれ球にエリア内、森が入り込むもブロックに阻まれ、得点とはならず。

市立船橋の縦パスを出足よく栗田がカットし、ボールを失ってもよくプレスをかけ、奪い返していくフロンターレ。13分には市立船橋も17がボールをカット。そのパスにエリア内へ進入した6がシュートを打つも右へ。

中島が左サイドからエリア前、有田がパス交換から左サイドに。また宮城が左サイドに流れ、中島が中央へ。山内もエリア内へ顔を出すなどしながらフロンターレはゴールをうかがっていきます。

24分には有田のパスにエリア右、宮城を打ちますがGK21がセーブ。

26分には市立船橋もルーズボールに反応した17、43がエリア内へ抜け出しますが、神橋や栗田が粘り体を入れ、最後は藤田がセーブ。

直後にはフロンターレ、山内のパスから有田が右サイドに。クロスを上げると平田が飛び込み、ボールを拾った宮城がエリア右でシュートを打ちますが左へ。

さらに平田が前線でボールをおさめ、山内の縦パスにエリア内、有田が抜け出し、シュート。しかし、GK21がセーブ。29分には市立船橋、左サイドからの攻めに。エリア正面、43がシュートを打つも藤田がセーブ。

前半は0-0でタイムアップとなります。

後半立ち上がりから有田や森が高い位置へ仕掛けるなどしていくフロンターレ。1分にはエリア内へ森が抜け出すも市立船橋の守備に阻まれ、シュートは打てず。

セカンドボールをものにし、道間、栗田が広がり、戸水もかかわりながらボールを回していくフロンターレ。

4分には中島が左サイドからエリア前に斜めに仕掛け、ボールを受けた宮城がエリア正面からやや右へ。シュートを打つとこぼれ球にエリア内、有田が抜け出すもシュートはGK21がブロック。

5分には戸水の縦パスを受けた宮城のスルーパスに、平田が抜け出し、1対1となりますが、これはオフサイド。

直後には市立船橋。高い位置でボールをカットした17がエリア右へ。シュートを打つも藤田がセーブ。

ピンチをしのいだフロンターレは7分、有田から右へ。山内がエリア内へ仕掛け、そのパスにエリア正面、中島がシュートを打つも上に。
市立船橋の攻めに対しても道間が折り返しをブロックするなどしてよく対応していたフロンターレ。しかし、9分浮き球のパスにエリア右へ17が抜け出し、折り返すとエリア左、27が流し込み、0-1。先制点は市立船橋へ。

さらにパス交換からエリア内へ17が抜け出したところを栗田が寄せしのいでいったフロンターレ。11分にはエリア外左、宮城のパスにエリア内、中島が抜け出しますがシュートはブロック。

続いて12分には山内の縦パスを受けた平田がエリア右、有田を狙いパスを送るも市立船橋の22がボールをカット。

フロンターレは14分、平田に代わり17宮本ディアウ勇守歩がFWに入ります。

しかし、ゴール前での場面をつくっていったのは市立船橋。15分、47とのパス交換から53がエリア正面で放ったシュートは上へ外れたものの、16分、エリア正面やや左で56が放ったシュートはゴールの中へ。0-2。

さらに右サイドの高い位置から43が折り返すなどゴールへ迫る市立船橋。フロンターレは道間がクリアし、セカンドボールも戸水がものにするなどして、攻撃の機会をうかがっていきます。

21分には森、宮本、有田と右サイドからの攻めに。エリア正面、宮城がシュートを打つもブロック。さらに有田がボールをカット、縦パスにエリア右、山内が進入するも市立船橋の守備も粘り強くシュートには至らず。

さらに攻勢に出るフロンターレ、栗田の浮き球を有田がおさめ、リターンを受けた道間から左へ。宮本からのパスにエリア外左、山内が切り返しで振り切り、中へ仕掛けると最後は正面で中島がシュート。しかし、GK21が阻みゴールとはならず。

フロンターレはここで神橋に代わり30岡崎玄が左SBに。

たたみかけるフロンターレは、26分には右へ流れた宮城のパスにエリア右、山内が抜け出すもシュートはブロック。さらに右サイドで有田や宮本、森がかかわって前に。栗田へ戻し、左へサイドへ変えるなど幅を使った攻めを見せていきます。

28分には山内がエリア外左に。そのパスにエリア内、有田がシュートを打つもワンタッチあり、決まらず。

さらに岡崎の縦パスにエリア内、抜け出した山内が鋭い切り返しを見せ、シュートに持ち込もうとしますが、市立船橋も人をかけて守り、決めることはできず。

有田が左サイドからエリア前に仕掛けたり、宮城の浮き球のパスに中島がエリア内へ抜け出すなど、ゴールに迫るフロンターレ。29分、セカンドボールを拾った山内が市立船橋の選手のファールを受けて、フロンターレはフリーキックを得ます。

キッカーは山内。右足を振り抜くとボールはゴールの中へ。1-2。

試合はここでタイムアップ。敗戦とはなりましたが、終盤まで何度もいいかたちをつくったこともまた印象に残る一戦になりました。

前半0-0 後半1-2 計1-2
得点:山内日向汰

フロンターレの先発:33藤田航大、5森璃太、15道間雄生、2栗田悠巨、27神橋良汰、32山内日向汰、25戸水利紀、11有田恵人、7中島大成、26平田流衣、18宮城天
交代:平田→17宮本ディアウ勇守歩 神橋→30岡崎玄

(文中敬称略)

この二日間はトップチームのバスが使用された
試合を前にした選手たち
平田流衣選手
宮城天選手
円陣を組む選手やスタッフ

有田恵人選手
戸水利紀選手
山内日向汰選手
道間雄生選手
森璃太選手
神橋良汰選手
道間雄生選手
栗田悠巨選手
藤田航大選手
平田流衣選手
藤田航大選手

戸水利紀選手
中島大成選手
神橋良汰選手
栗田悠巨選手
中島大成選手

後半へ
山内日向汰選手
有田恵人選手
神橋良汰選手
平田流衣選手
平田流衣選手
中島大成選手
有田恵人選手
宮城天選手
有田恵人選手
中島大成選手
戸水利紀選手
神橋良汰選手
平田流衣選手

戸水利紀選手
戸水利紀選手
0-2に
宮本ディアウ勇守歩選手
森璃太選手
森璃太選手
宮城天選手
宮城天選手
有田恵人選手
宮本ディアウ勇守歩選手
山内日向汰選手
中島大成選手
岡崎玄選手
森璃太選手
有田恵人選手
岡崎玄選手
山内日向汰選手
中島大成選手
山内日向汰選手がファールを受ける
フリーキックを決め、1-2

試合を見守った家族やサポーターのもとへ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です