國學院大 – 山梨学院大 / 東京都大学サッカーリーグ1部第12節


9月4日は國學院大たまプラーザキャンパスグラウンドへ。10チームによって競われる東京都大学サッカーリーグ1部が9月1日から再開されており、この日は第12節。たまプラーザキャンパスグラウンドでは2位國學院大と、1位山梨学院大の首位攻防戦が行われ、川崎フロンターレU -18出身、國學院大のGK浅川将輝が出場しました。

 

【東京都大学サッカーリーグ1部第12節 國學院大 vs 山梨学院大】

9月4日(水)午後1時16分キックオフ 國學院大たまプラーザキャンパスグラウンド くもり

 

國學院大の先発はGK12浅川将輝、最終ラインは右から13手塚翔太、15真家元彦、4長草優之、6大高真暉、ボランチは17熊田柊人、22村上渉、右MF14影山諒、左MF11東奥祐介、トップ下10比留間公祐、前線にはゲームキャプテンの9山本アマディン。

 

山梨学院大の先発は、GK1大嶌宏汰、最終ラインは右から2結城将貴、8佐々木玲旺、キャプテンの6佐藤開、17吉田泰授、ボランチは40酒井健、46保井紘和、右MF18野村海、左MF10阿部優澄、トップ下16若谷拓海、前線には42安田正太郎。

 

勝ち点22で並ぶ両チーム。山梨学院大は得点27、失点15。國學院大は得点23、失点11。得失点差もともに+12。

 

空には雲がかかり、曇り空の國學院大たまプラーザキャンパスグラウンド。メンバー外の國學院の選手たちがにぎやかに応援を繰り広げるなか、試合は始まりました。

 

立ち上がり、1分には國學院大。山本がエリア外左でファールを受けてフリーキックに。キッカーの熊田は右足でボールを入れるもシュートには至らず。一方の山梨学院も4分には左サイドで阿部が粘り左コーナーキックに。保井が右足で入れたボール、ニアで佐藤が合わせるも村上がブロック。國學院は村上が高い位置へ影山を走らせるようなボールを入れ、攻めにつなげに。6分には山梨学院、エリア外左でフリーキックを得ると酒井が直接右足で狙うも左へ。

 

ともにファールと判定される場面も目立つなかで一進一退の攻防を繰り広げていく両チーム。10分には國學院、エリア外正面でフリーキックを得ると、熊田が直接狙うと、シュートはGK大嶌の頭上を破りそうになりますが、大嶌が手を伸ばし、はじき出して惜しくもゴールとはならず。12分には山梨学院も若谷のパスにエリア左へ阿部が抜け出し、國學院の長草がクリアし、左コーナーキックに。保井が入れたボール、阿部が合わせるも上に。

 

東奥が後ろへ下り、中盤での数的優位をつくって、前へ出ていこうとする國學院。しかし、なかなか前へ出られないでいると、山梨学院は阿部が左サイドから右サイドへ運び、攻め上がった結城の右クロスにつなげるなどしていきます。

 

17分には、安田が浮き球を競り、拾った若谷のパスに、野村が正面へ。シュートを打つも浅川がセーブ。さらに山梨学院が、中央で保井や酒井、阿部がボールを動かし、前へ迫る場面は続き、18分にはエリア左、野村がシュートを打つも上に。

 

國學院大もマイボールにすると東奥が左から仕掛けようとしていきますが、山梨学院の選手2人に囲いこまれ、前へ行くことはできず。逆に山梨学院、吉田の縦パスに、エリア左へ野村がまたも抜け出し、シュートを打つなど、山梨学院がゴールへ迫る時間が続きます。

 

それでも21分には國學院も、影山が高い位置でボールをカット。左へ展開し、大高へ。大高のパスに東奥がエリア左へ。山梨学院に阻まれてシュートには至らなかったものの、速い攻めで迫る場面をつくり、試合は給水タイムとなります。

 

給水タイム明け、24分には山梨学院、酒井のパスにエリア外左へ抜け出した阿部がシュート。しかし、ライン上で長草がクリアする好守でしのいでいきます。

 

26分には國學院も大高の縦パスをうまく間で受けた比留間から左へ。熊田の左クロスを、手塚が拾い、左へ展開。東奥のリターンを受けた熊田がミドルシュートを打つも上に。

 

直後には山梨学院。若谷のパスに右サイド、高い位置へ抜け出した酒井のクロスは、國學院、長草がブロックし右コーナーキックに。酒井が右足でボールを入れると、セカンドボールを拾い、野村の縦パスに結城がエリア右へ。しかし、ここでもまた國學院の体を張った守備。得点には至らず。

 

さらに酒井が右サイド、高い位置で奪い、クロスを上げると遠いサイドで阿部が折り返しますが、浅川がしっかりセーブ。

 

國學院も比留間が下がり目で受けて打開を図りにいくと、31分には大高の縦パスをエリア外左で受けた比留間へのファールがあり、フリーキックに。熊田は遠いサイドへボールを入れるも大嶌がパンチング。右コーナーキックとなるも、そこから山梨学院はカウンターへ持ち込み、阿部が一気にエリア左へ。しかし、大高がうまく足を出しこれを止める好守。そこから再び攻めに転じた國學院は、右コーナー付近で山本が粘り、右コーナーキックに。大嶌がまたも阻み、シュートまではいけませんでしたが、國學院も切り替えの速さを出して、山梨学院と対峙していきます。

 

36分には、大高が山本を狙い、浮き球を入れ、拾った東奥が正面へ。仕掛けて、シュートを打つも東奥にファールがあったとの判定に。

 

直後には山梨学院。結城がうまく右サイド高い位置へ抜け出し仕掛けていくも東奥がブロックし、右コーナーキックに。酒井が右足でボールを入れると正面で佐藤が右足でシュート。しかし、浅川がセーブ。

 

41分には國學院、真家のフィードに比留間がエリア正面へ。大嶌がクリアするも正面で拾った大高にファールがあり、國學院のフリーキックに。熊田の入れたボール、遠いサイドで長草が反応するもさわることはできず。

 

さらに國學院、44分には高い位置で大高が寄せ、ボールを奪うとエリア外正面で山本がシュートを打つも左へ。

 

45分には今度は山梨学院が、野村と若谷の連係から迫っていくと、右へ流れた若谷のクロスを拾った安田がミドルシュートを打つも上に。

 

前半はタイムアップとなり、0-0。スコアは動かず、ハーフタイムへ。

 

後半、國學院は大高に代わり3佐藤大介が入り左SB。山本が巻いていたキャプテンマークもつけての出場となります。

 

立ち上がり、セットプレーを得ると佐藤を高い位置へ上げ、浮き球を入れるなどしていく國學院。4分には熊田のパスにエリア左へ抜け出した山本がシュートを打ちますが上に。

 

一方の山梨学院も安田が下がり目でおさめ、そこから攻めに。4分には阿部から右へ展開。野村が右からクロスを入れるとニアで安田が合わせるも長草が阻み、右コーナーキックに。セカンドボールを拾い、國學院のエリア近くでプレーを重ねていく山梨学院。6分にはスローインの流れからエリア右へ抜け出した野村がニアをとらえたシュート。しかし、浅川がセーブ。

 

しのいだ國學院は、8分には熊田の浮き球を山本が折り返しにして、エリア内へ走り込んだ影山がシュートを打つも右へ。

 

一方の山梨学院も吉田が左クロスを入れると、右サイドで拾い、野村のパスに正面で若谷がシュートを打つもブロック。さらに攻めていく山梨学院。12分ら阿部が仕掛け、安田にいったん預け、エリア右へ。シュートを打つとこれが決まり、0-1。山梨学院がリードします。

 

山梨学院はここで野村に代わり19平河悠。

 

國學院も直後には、エリア外右で山本がファールを受け、フリーキックを得ると熊田が遠いサイドへ入れたボール、佐藤がおさめ、影山がクロスを入れようとしますがラインを割り、シュートにはつながらず。

 

再び山梨学院が酒井や保井を起点に迫る場面となり、15分には左コーナーキック、國學院は山本が正面で拾い、縦へ運ぼうとしますが、酒井が奪い、正面やや左からシュート。右へそれましたがすばやい寄せでチャンスをつくっていきます。

 

17分には國學院、比留間に代わり7矢野友尊、影山に代わり25矢後佳也。

 

20分に取られた給水タイムをはさんで、さらに迫るのは山梨学院。パス交換から前へ持ち上がった酒井がシュートを打ったり、阿部のスルーパスに安田がエリア内へ抜け出すなどし、國學院は時には山本も自陣に下りコンパクトにして対応したり、佐藤がよくカバーしたりしてしのいでいきます。

 

なかなか前へ出られなかった國學院も27分には浅川がクロスで入ったボールをキャッチ。すばやく前へ入れると矢後が前へ仕掛け、中盤の熊田を経由して、東奥がエリア左へ。シュートを打つもサイドネット。

 

29分、國學院は東奥に代わり19大野瑞貴。さらに32分には手塚に代わり23髙橋陵が右SBへ。

 

35分、突き放したのは山梨学院。右へ流れた安田からボールは正面の平河へ。平河がうまく持ち出し、ミドルシュートを打つとゴール左へ決まり、0-2。

 

突き放された國學院は矢野の左クロスや真家のフィードに、大野が縦へ仕掛けるなどしていきますが、なかなかシュートまではいけず。真家が中盤に上がり、縦へ入れようとしていきますが、山梨学院の寄せも速く、エリア前までいけない時間が続いていきます。

 

それでも44分には真家がファールを受けて、すばやくリスタートしカウンターへ。村上から左へ展開。大野に渡り、大野が折り返すと正面へ走り込んだ矢後がシュート。しかし、上へ。

 

ロスタイムは4分。浅川も真家へ縦パスを入れ、後ろから組み立てを図っていく國學院。

 

しかし、山梨学院は安田に代わり9渡邉健吾、若谷に代わり33カメヤコウジ、酒井に代わり23平田和也とたて続けに選手を交代。さらに高い位置で阿部がボールをキープし、國學院陣内で時間を重ねていきます。

 

試合はタイムアップとなり、0-2。山梨学院が首位攻防戦を制することになりました。

 

國學院は、上智大との試合を3-0で制した明治学院大にも上回られ、3位に。しかし、リーグ戦は6試合が残っており、まだまだ、これから。関東大学サッカーリーグへの昇格をかけた関東大学サッカー大会に出場する可能性も十分に残されています。チームを最後尾から浅川が支え、國學院がより大きな舞台へ上がっていきますように。活躍を楽しみにしています。

 

前半0-0 後半0-2 計0-2

得点:阿部優澄、平河悠(山梨学院)

 

國學院大の先発:12浅川将輝、13手塚翔太、15真家元彦、4長草優之、6大高真暉、17熊田柊人、22村上渉、14影山諒、11東奥祐介、10比留間公祐、9山本アマディン(c)

交代:大高→3佐藤大介 比留間→7矢野友尊 影山→25矢後佳也 手塚→23髙橋陵 東奥→19大野瑞貴

控え:41成田雄星

 

山梨学院大の先発:1大嶌宏汰、2結城将貴、8佐々木玲旺、6佐藤開(c)、17吉田泰授、40酒井健、46保井紘和、18野村海、10阿部優澄、16若谷拓海、42安田正太郎

交代:野村→19平河悠 安田→9渡邉健吾 酒井→23平田和也 若谷→33カメヤコウジ

 

(文中敬称略)

フロンターレU -18出身、國學院大のGK浅川将輝選手
ハイタッチをかわしていく國學院大の選手たち

応援するメンバー外の選手たちのもとへ

最後尾から声をかけていく
熊田柊人選手がフリーキックで狙う
山梨学院大のGK大嶌宏汰選手が阻む
川崎フロンターレのアカデミーも指導した山梨学院大学の岩渕弘幹監督
浅川将輝選手

後半へ

山梨学院大学の攻めをしのいでいく

先制点は山梨学院大へ

0-2でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です