明治学院大U22A – 日本大U22A / インディペンデンスリーグ


9月5日は、関東大学サッカー連盟が、選手たちに多くの出場機会を与えようと行っている、インディペンデンスリーグへ。ところが試合会場は、はじめに足を運んだ明治学院大ヘボンフィールドではなく、かもめパーク。戸塚駅から地下鉄で立場駅へ行き、バスに乗ってかもめパークに着いたのは、後半が始まるころでした。

【インディペンデンスリーグ1部Dブロック 明治学院大U-22A vs 日本大U-22】
9月5日(木)午前10時半キックオフ かもめパーク くもり

明治学院のメンバーは、GK49松浦祥太郎、最終ラインは右から32齋藤雄輝、43島津黎、74結城拓眞、68福田崚太、ボランチは63関力紀、160岩城洸亮、右MF112上野綜太、左MF120中井颯人、前線には172安部光留、45宮野洸。

日大は、ハーフタイムに2選手が交代しており、GK17安藤洋人、最終ラインは右から93田中俊丞、49髙井雅史、99深沢優太、4梅木玲於奈、ボランチは104橋本壮大、23篁樹生、右MF119近藤友喜、左MF88友原樹、トップ下34千葉隆希、前線には102尾崎喬太。

スコアは、前半明治学院が宮野の2得点、安部も決めて15分までに3-0に。日大も尾崎が決めて3-1。

後半4分には日大、うまくエリア外右の間で受けた近藤がシュート。これは松浦が止め、右コーナーキックに。キッカー千葉がボールを入れるも、中央で上野が拾い、一気に縦へ仕掛け、右へ展開。日大の守備に阻まれたものの切り替えの良さを出していきます。

10分には中盤からのパスに齋藤がエリア外右高い位置へ。コーナーキックのセカンドボールを拾った明治学院は、左からのパスに正面へ上野が抜け出しシュートを打ちますが、安藤のセーブに阻まれていきます。

一方の日大もサイドチェンジを交えながらフリーでシュートを打つ場面をつくりますが、明治学院のGK松浦もしっかり止めて、得点は許さず。上野も日大が左サイドへボールを入れた場面では厳しい寄せを見せたり、ときには中央へ寄り、マイボールにしたりするなど、守備でもしっかりプレーを重ねていきます。

明治学院は22分、中井に代わり85塩澤恭介。

23分には明治学院、宮野の縦パスを安部がエリア正面右へはたくと、抜け出したのは上野。シュートを打つも惜しくもボールはクロスバーへ。

給水タイムをはさんで、篁や橋本が多くボールに触れ、千葉が右サイドから斜めに動き出すなどして、日大は前に迫る場面をつくっていきます。27分には最終ラインでボールをものにしたところから、エリア左へ千葉が抜け出しシュート。しかし、松浦がセーブ。さらに近藤が中央へ寄りマイボールにし、左へ。友原が仕掛け、ファールを受けてフリーキックに。しかし、梅木が左足で蹴ったボールは松浦がセーブ。

明治学院は28分、宮野に代わり40高橋周。直後には高橋がボールをおさめ、右へ展開。安部が折り返すも、日大はブロック。さらに左サイドからのボール、うまく間で受けた上野が浮き球のパスを入れると、正面へ抜け出した安部がシュート。しかし、安藤がセーブ。

31分にはさらに明治学院。右サイドで上野がボールをカットし、ボールは、エリア右、高橋へ。高橋が右から浮き球を上げると、安部がエリア内へ走り込むもシュートは左へ。明治学院がチャンスを重ねていきます。

明治学院は34分、阿部に代わり46和田賢人が入り左MF、塩澤が前線へ。一方の日大は深澤に代わり94清水颯、尾崎に代わり22高橋海人。

35分には明治学院は高い位置でボールをカットし、和田がエリア左へ。シュートを打つも安藤の好守に阻まれ、追加点とはならず。

すると37分、次のゴールをあげたのは日大。高橋が奪いカウンターへ持ち込むと、エリア右、1対1となった近藤のシュートが決まり、3-2。

さらにたたみかける日大。エリア左へ友原が仕掛けていきますが、福田がブロックし左コーナーキックに。ここで明治学院は福田に代わり15畔蒜涼太郎。コーナーキック、日大はエリア右で田中が頭でたたきつけるように合わせるも枠はとらえられず。

日大が高い位置でプレーしていく時間は続き、41分には右サイドでのスローイン、橋本がロングスローを入れるとエリア右で千葉がさわるも松浦がセーブ。さらに押し込んでいく日大。45分、高橋が右クロスを入れると、明治学院がうまく処理できなかったところを突いて、千葉のシュートが決まり、3-3。ついに同点に。

ところが3分が提示されたロスタイムに入った直後、明治学院。和田が左クロスを上げるとエリア内、頭で合わせたのは塩澤。ボールはゴールの中へ。4-3。再び明治学院がリード。

明治学院は46分上野に代わり31須々田宗太。

再び追いつこうと攻めていく日大に対して、明治学院は松浦を中心に守りきり、試合はタイムアップ。4-3。

後半見ただけでも「面白い」と思わされるような、前半見られなかったことが悔やまれるような試合を制したのは、明治学院となりました。

後半だけでも2度のチャンスを迎え、パスの出し手としても起点となり、守備でもチームを助けるプレーを最後まで続ける上野を見られたことは、とてもうれしくなるものでした。これからも活躍をとても楽しみにしています。

前半3-1 後半1-2 計4-2
得点:宮野洸2、安部光留、塩澤恭介(明治学院) 尾崎喬太、近藤友喜、千葉隆希(日大)

明治学院の先発:49松浦祥太郎、32齋藤雄輝、43島津黎、74結城拓眞、68福田崚太、63関力紀、160岩城洸亮、112上野綜太、120中井颯人、172安部光留、45宮野洸
交代:中井→85塩澤恭介 宮野→40高橋周 安部→46和田賢人 福田→15畔蒜涼太郎 上野→31須々田宗太
控え:114近藤優也 9大塚拓哉

日大の先発:17安藤洋人、93田中俊丞、49髙井雅史、99深沢優太、4梅木玲於奈、52鶴岡唯翔、24山本将太郎、119近藤友喜、88友原樹、34千葉隆希、102尾崎喬太
交代:山本→23篁樹生 鶴岡→104橋本壮大 深澤→94清水颯 尾崎→22高橋海人
控え:43森本涼太

(文中敬称略)

縦へ仕掛ける上野綜太選手

シュートを放ちゴールを狙う

シュートを放つ上野綜太選手

ゴールへ迫る明治学院

日大も反撃していく
3-3。同点に

塩澤恭介選手が頭で合わせ、ボールはゴールへ。4-3

後半ロスタイムまでプレーを続けた上野綜太選手
4-3。明治学院が勝利

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です