U18川崎ブレイブサンダース – 桐光学園 / エキシビジョンゲーム


鎌田光顕HC率いるU18川崎ブレイブサンダースのロスターは以下の通り。
4 小泉駿之介,5 李子浩,10 畑中駿景,11 藤崎さみい,12 寺田潤平,14 志田優,15 水品皓暉,16 藤田汐音,スタータティング5は6 吉井界澄,7 横島友輔,8 坂本崇榮,9 熊谷智紀,13 中村光希となりました。

対する桐光学園のロスターは6,8,9,12,13,14,15,スターティング5は4,5,7,10,11となりました。

試合は川崎8 坂本崇榮と桐光7のジャンプボールでティップオフ。
まずは桐光が7:50,7がミドルジャンパーを放ちますがこれは決まらず。
リバウンドを確保した坂本から6 吉井界澄のフローターへとつなげますが,こちらも決まらず。
6:40,桐光5のミドルラインドライブからのレイアップで桐光が先制すると,7,11も得点を重ねて0-6と走ります。
川崎は吉井のリバウンドから転じた攻撃で坂本が3ptを放ちますがこれは決まらず。
5:20,選手交代で10 畑中駿景,11 藤崎さみいがコートに入ります。
川崎は吉井がブロックショットなどで粘り強くディフェンスしますが,桐光10のロングレンジ2ptで加点されてしまいます。
4:01,川崎は坂本がドライブを仕掛けたところをファウルで止められフリースローに。1本を決めて1-8。初得点をあげます。
ここで4 小泉駿之介,15 水品皓暉がコートインします。
3:00川崎は10 畑中のリバウンドから15 水品が3ptを放ちますがこれは決まらず。桐光12の3ptは外れますが,リバウンドからのセカンドチャンスを15が決めます。更にゴール下から15,ファストブレイクとフリースローから14が加点。
20秒,川崎は巧みなインバウンズから7 横島友輔がユーロステップで狙いますがこれは外れ,1qが終了。1-17と大差をつけられてしまいました。

2qは川崎の攻撃から。吉井のペネトレイトからのキックアウトパスを受けた坂本が3ptを狙いますがこれは決まらず。対する桐光はファストブレイクで5→6とつないで最後は11が決め得点を伸ばします。
6:40,川崎は吉井の頑張りからマイボールとすると,横島へつないでロングレンジ2ptを放ちますがこれも決まらず。苦しい展開が続きます。
6:30,桐光5がドライブから得点を決めると,川崎は9 熊谷智紀がフェイントでうまく相手をかわしミドルジャンパー。これが決まってこの試合初のフィールドゴールの成功となり3-21。桐光の背を追いかけます。
しかし桐光はここから怒涛の攻め。6がミドルジャンパーを決めれば,更に6がファストブレイクからダブルクラッチでレイアップを決め,続けて5がストップアンドシュートでプルアップジャンパーを決め,11がゴール下を決めて3-29。怒涛の攻撃となりました。
3:36,川崎は吉井と横島の合わせからレイアップシュートが決まって5-29,更にファストブレイクから12 寺田潤平がユーロステップでレイアップシュートを決め7-29。連続得点となります。
続けて,川崎は熊谷のスティールからファストブレイクに走りますがこれは決まらず。逆に桐光に走られ,10が決めて7-31。
2:40,川崎は寺田がこの日チーム最初となる3ptを決めて10-31。得点を二桁に乗せます。
しかしここから再び桐光の攻勢。15,7,14などが立て続けに得点し,終わってみれば10-41と大きく離されて前半を終わります。

後半も桐光の攻勢は止まりません。10のスティールからのファストブレイクで後半初得点をあげると,7との合わせから10がレイアップ。更に5のプルアップジャンパー,11のゴール下,7のレイアップで加点し10-51と川崎を大きく引き離しました。
川崎は畑中,寺田のドライブや小泉のレイアップなどで打開を図りますがいずれも決まらず。しかし5:20,熊谷のアシストを受けた小泉が遠い距離から巧みなステップでレアイップシュートを放つとこれが決まって12-53。後半最初の得点とします。4:33には小泉のハッスルプレーからマイボールとすると,坂本がプルアップジャンパーを狙いますが決まらず。この間,桐光は10,12が順調に得点を重ね12-55。
3:40,川崎は坂本の3ptが外れますが,直後のディフェンスで横島がスティール。これは得点には繋がりませんが,気持ちを見せていきます。
2:40,川崎は吉井からのパスに熊谷が3ptを決めて15-55。しかし直後に桐光14が3ptを決めて15-58。
1:50,川崎は5 李子浩がディフェンスをかいくぐってジャンパーを放ちますがこれは決まらず。しかし1:20,李と吉井がブロックショットでマイボールとすると,ファストブレイクに走りますがこれは決まらず。終盤桐光に加点され,15-60で3qを終えることとなりました。

4q,先手を取ったのは桐光。7がうまくゴール下に入り込みシュートを決めます。川崎は吉井がミドルジャンパーを決め対抗。
7:03,李のナイスリバウンドからの攻撃で吉井が3ptを放ちますが決まらず。逆に桐光はトランジションから11がエンドラインドライブを決め17-64。
5:50,川崎は吉井がストップアンドシュートでミドルジャンパーを決め19得点目。しかしすぐに桐光は5がハイポストからうまいムーブでゴール下に入り込み得点をあげます。桐光は11のフリースロー,10から7の合わせでの得点をあげます。
4:26,川崎は吉井がミドルドライブから得意のフローターを決めて21-70。更に2:57,川崎は畑中のスティールからの攻撃でファウルを受けフリースローに。これを1本決めて22-70。立て続けに川崎はセカンドチャンスから横島がゴール下からのシュートを決めて24-70。点差はありますが意地を見せていきます。
1:20,川崎は坂本がオフェンスリバウンドからのセカンドチャンスを決めて26-72。しかし終盤,桐光8に3pt,14にプルアップジャンパーなどを決められ再び離されて26-80で試合終了となりました。

大差での負けとなってしまいましたが,もとより力の差があると分かっていた桐光学園を相手に,どれだけやられても得点を狙っていく姿は,日頃の練習に裏打ちされた素晴らしい姿勢でした。
手を抜かずに勝負に徹してくれた桐光学園の姿勢にも感謝しなければなりません。
公式戦が殆どなかった今シーズン,彼らの戦う姿が見られて本当によかったです。これからもエキシビジョンマッチなどで見る機会があると思うので,ぜひ声援を送ってください。

1q 1-17
2q 9-24
3q 5-19
4q 11-20
合計 26-80

写真はなつこさんにいただきました。いつもありがとうございます!

鎌田光顕HC
村岡史哉AC
山村亮介コーチ(左) この試合のレフェリーを務めた
4 小泉駿之介 選手
5 李子浩 選手




10 畑中駿景 選手
11 藤崎さみい 選手
12 寺田潤平 選手
14 志田優 選手
15 水品皓暉 選手
16 藤田汐音 選手
6 吉井界澄 選手
7 横島友輔 選手
8 坂本崇榮 選手
9 熊谷智紀 選手
13 中村光希 選手

























CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です