1ショット日記「デビュー」


9月11日、ニッパツ三ツ沢球技場で行われたJ3リーグ第24節、Y.S.C.C.横浜 vs SC相模原。

SC相模原は、U-10からU-15までフロンターレのアカデミーで育った、SC相模原ユースの2年生、MF40藤野心魂選手が初めてメンバーに入り、後半27分から出場。

17歳3カ月でJ3デビューを果たしました。


ボランチに入った藤野選手は、厳しく寄せながらも、クリーンにボールを奪う好守でY.S.C.C.横浜の反撃を阻止。

正確なサイドチェンジを通し、また、時にはエリア内へ進入。こぼれ球に反応し、シュートを打つなど、堂々とプレーを重ねていきました。


試合後には、4-0での快勝に沸くSC相模原のもとへ、チームメートたちとともに赴いた藤野選手は、ほかの選手の前に立ち、勝利のダンスを披露。

SC相模原にかかわる人々とともに、喜びを分かち合う姿に、フロンターレのアカデミー在籍時にゲームキャプテンを務め、試合を見守った家族やサポーターの前に立ち、「今日は応援してくれてありがとうございました」とあいさつをした姿を思い出させられました。


心に残ったのは、藤野選手の出場に、SC相模原のサポーターが期待に胸を躍らせながら喜び、そして、試合後にも、心の底からの笑顔でそのデビューを祝っていた様子。


そこには、藤野選手に対する大きな期待と愛情が表れているように思えました。


そのプレーで、SC相模原にかかわる人々、そして家族をはじめ、これまでかかわってきたたくさんの人々に大きな喜びをもたらしますように。

 

フロンターレ時代、見守ってきた私たちも、これからも、応援しています。



【J3リーグ第24節 Y.S.C.C.横浜 vs SC相模原】

9月11日(日)午後5時キックオフ ニッパツ三ツ沢球技場 晴れ 1320人

前半0-2 後半0-2 計0-4

得点:松橋優安2、石田崚真、伊藤恵亮

 

J3デビューを果たした藤野心魂選手

後半27分、三ツ沢のピッチへ
正確なサイドチェンジを通した

勝利の喜びをチームメートと分かち合う
勝利のダンスで、サポーターと喜びを分かち合う

 

 

フロンターレU-15時代の藤野心魂選手。ゲームキャプテンとして、家族やサポーターの前であいさつに立つ藤野心魂選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。