フロンターレU15 – 柏レイソルU15 / メトロポリタンリーグ


川崎フロンターレが、三共フロンティア柏スタジアムで行われたJ1第30節、柏レイソル戦を1-1で引き分けた翌9月18日は、日立柏総合グラウンドへ。


この日は、フロンターレU-15の二年生たちが、メトロポリタンリーグで、またU-15の三年生たちは、関東ユース(U-15)サッカーリーグで、そしてU-18は、プレミアリーグEASTでそれぞれ柏レイソルと対戦する予定。

しかし、プレミアリーグEASTは、荒天のため、開始約1時間前に中止が決定。

メトロポリタンリーグ、関東ユース(U-15)サッカーリーグも、雷雨による中断が入り、天候に大きく左右された日となりました。





この記事は、柏レイソルに取材をお願いし、了解を得て、書かせていただきました。



【川崎フロンターレU-15 メトロポリタンリーグ vs 柏レイソルU-15】

9月18日(日)午前10時キックオフ 日立柏総合グラウンド くもりのち雨 35分ハーフ


最初の試合は、メトロポリタンリーグ。


フロンターレは9試合を終え、7勝2敗、勝ち点21、得点24、失点8の2位。

先発は、GK21岩田幹太郎、最終ラインは右から29山根春人、31木下勝正、26菊池京、30長崎亘佑、ボランチはゲームキャプテンの36橋本乃翔、35小川尋斗、右MF37富田周平、左MF41三上瑛大、前線には32尾関悠太、39小林朝日。

一方のレイソルは、8試合を終え、6勝2敗、得点12、失点5、3位。

フロンターレとレイソルは今季初対戦。




南から北上しつつある台風14号の影響を受けて、関東地方でも天候の急転があるとの予報が出ていたこの日。日立柏総合グランドも、朝から、今にも雨が降り出しそうな空模様に。

それでも、多くの選手の家族らが、傘を手に、また雨具を羽織るなどして、見つめるなか、試合は始まりました。


立ち上がりは、レイソル、GK31に最終ラインの37、34らがかかわりあい、組み立てを図る展開に。



それに対してフロンターレは前からプレス。ラインを高く保ち、連動して奪いにいく姿勢を見せていきます。


3分には、中央でレイソルがボールをカット。浮き球に、27がエリア前に抜け出しますが、山根が体をうまく入れて、奪い返す好守。


雨が降り始めるなか、後ろからうまく中盤に差し入れ、選手の立ち位置を変えながら、ボールを動かしていくレイソル。

しかし、6分、フロンターレは、左サイドで三上がボールをカット。三上は、正面へスルーパス。

すると抜け出したのは、小林。GK31と1対1に。ゴール左へ、決めて1-0。フロンターレが、先制します。


フロンターレは、レイソルがボールを回す場面ではコンパクトに。富田も中央に寄り、間に差し入れてくるレイソルに対峙していきます。


8分には、レイソル、中盤の40からやや右寄りの42とつながり、10が正面に迫りますが、フロンターレはここでもコンパクトに。

最後は、小川尋斗がカット。小川尋斗が前線へ送ったボール、小林が追っていき、ラインを高めていきます。


12分には、フロンターレ、左へ流れた尾関のパスに、三上が高い位置へ。クロスを入れますが、GK31がセーブ。

直後にはレイソル、最終ラインの37から右サイドを突くパス。パス交換から、フロンターレのエリア近くに迫っていきますが、それをしのいだフロンターレ。

中央、富田が持ち上がり、一気に前へ。エリア前に仕掛けていきますが、レイソルははさみ込むようにして、前にはいかせず。

それでも、守備から攻撃へのつながりを持たせていきます。

14分には、正面で橋本がカット。そのスルーパスに、三上がエリア左へ。しかし、レイソルの寄せも速く、シュートまではいけず。


16分にはレイソル、34のフィードに、25がエリア内へ。しかし、小川尋斗がカット。

17分には、37が縦パス。受けた42のスルーパスに、27がエリア内へ。しかし、木下がカバー。

レイソルが迫る時間が続きますが、最後のところでしのいでいきます。


18分にはさらにレイソル、左サイドからの攻めに。左クロスに、10が飛び込みますが、岩田と交錯。レイソルのファールとの判定が下ります。




飲水タイムをはさんで、最終ラインの木下から山根、ふたたび木下が受け、右サイドからの組み立てを図るフロンターレ。

しかし、レイソル、27が高い地でカット。左コーナーキックに。

39が左足でボールを入れると、遠いサイド、40が折り返し、ゴール左、25がおさめてシュート。しかし、右に。



最終ライン、木下、菊池に、橋本、小川尋斗、富田も中央へ顔を出しながら、ボールを回していこうとするフロンターレ、

奪われても、中へしぼった富田がカットするなどし、集中力を保って、対応していきます。

26分にはレイソル、フィードに、27がエリア前に。しかし、木下がうまく回り込んでマイボールに。

木下のフィードのセカンドボールを拾ったレイソルは、すぐさま縦に速いパスを入れていきますが、小川尋斗がカット。

ここでも、簡単には前にいかせず、フロンターレは対応していきます。


28分にはフロンターレ、中央でカットし、右からの攻めに。やや中より山根が前に持ち出し、そのパスに富田がエリア外右へ。

富田が右クロスを上げると、遠いサイド、尾関がシュートを打ちますが、レイソルはブロック。


29分には、レイソル、フロンターレにファールがあり、すばやくリスタート、右サイドに展開すると、38が右クロス、ニアで27が合わせますが、左に。

攻撃に転じたフロンターレ、30分には、山根から右に開いた富田へ。富田が折り返すも、レイソルはブロック。

右コーナーキックとなり、小林が右足でボールを入れると、正面で拾った小川尋斗から、右サイドの高い位置へ残っていた小林へ。

小林は仕掛けていきますが、レイソルはクリア。


それでも、ここぞというところでフロンターレも、レイソルのエリア近くでプレーする時間をつくっていきます。


32分にはレイソル、正面で27が受け、10から右へ、中盤の36がエリア右へ迫るもフロンターレはクリア。セカンドボールを拾ったレイソル、右からクロスを入れるもワンタッチあり、右コーナーキックに。

39がボールを入れると、ニアで38が合わせますが、フロンターレはクリア。

セカンドボールを拾ったレイソル、左に流れた25が斜めの仕掛け。しかし、山根がしぼって、ボールをカット。

アディショナルタイムに入り、37分には、縦パスに39がエリア左へ。折り返しますが、木下がクリア。ボールはエリア右へ流れていきますが、菊池がクリア。

前半はタイムアップ。1-0。フロンターレがリードし、ハーフタイムへ。



後半、フロンターレはGKが岩田に代わり45岡本栞汰、さらに前線の尾関に代わりU-13の15十河晟央が入ってのスタートに。


1分にはレイソル、左コーナーキックを得ると、39が入れたボール、遠いサイド、40が合わせますが、レイソルはここでファール。

しかし、直後にはさらにレイソル、40が正面へ縦パスを入れると、右に展開。正面やや右から、エリア正面へパスが通り、10がシュートを打ちますが、ワンタッチあり、右コーナーキックに。

このコーナーキックをしのいだフロンターレ。

小川尋斗が左サイドでボールをカット。十河とのパス交換から、エリア正面へ上がり、小川尋斗のパスに、十河が左サイドの高い位置へ。

オフサイドとはなりましたが、守備から攻撃へ、小気味よい連係から、チャンスをつくろうとしていきます。


4分には、フロンターレ、木下が前に出てボールをカット。橋本につながり、橋本のスルーパスに、十河がエリア前に。

しかし、レイソルはカバー。攻めに転じたレイソルは、両サイドを高め、うまく間に差し入れて、前へ。


すると、7分、エリア外左でフリーキックを得たレイソル。39がエリア内へボールを入れると、エリア正面やや右で、こぼれ球を拾った25が左足でシュート。

ゴールネットが揺れ、1-1。レイソルが同点。フロンターレは追いつかれます。

8分にはさらにレイソル、38が右クロス、42のヘディングシュートが決まりますが、オフサイド。






雷鳴が聞こえるなか、なかなかボールを自分たちで動かせない時間が続いていくフロンターレ。

それに対して、テンポよく動かしていくレイソル。

10分、正面でうまく受けた10がシュートを打つと、ゴール左に決まり、1-2。レイソルが勝ち越し、フロンターレは、追い掛ける展開に。

フロンターレはここで橋本に代わり34平尾玲旺が入りボランチに。ゲームキャプテンは山根に。


中央のスルーパスに、正面へ27が迫るなど、追加点を狙いにいく姿勢を見せるレイソル。

フロンターレはそれに対して、自陣の右サイドを富田がカバーするなどし、対応。さらに山根もエリア内をカバーするなど、最後のところでしのいでいきます。

飲水タイムをはさんで、さらにうまく間に差し込んでくるレイソル。

21分には、正面やや左、39が抜け出しシュートを打ちますが、上に。

ここで雷による、試合は中断となります。




30分超の中断を経て、試合は再開。

23分には、フロンターレ、やや下がり目でボールをおさめた小林。そのスルーパスに、十河がエリア外右へ。前に持ち出して、シュートを打ちますが、右に。

24分には、フロンターレ、長崎のクリアボールに、小林が正面へ抜け出し、シュート。レイソルがブロックしたところ、拾った小林は、右サイドの高い位置へ。

速いボールをエリア内へ入れていきますが、サイドネット。

フロンターレは、さらに山根のクリアボールに、エリア前へ小林、十河が迫るなど、中盤でボールを回せないなかで、前線へ際どいボールを入れて、打開を図っていきます。


26分には、さらにフロンターレ、中央、平尾がうまく間で受け、スルーパス、小林が動き出しますが、GK31がセーブ。

直後にはレイソル、25がエリア右へ。しかし、木下がカバー。

さらにレイソル、間にボールを入れ、エリア前にせまてちきっますが、木下がカット。


選手交代を経て、後ろからボールを動かしながら、組み立てを図っていくレイソル。それに対して、フロンターレは前から連動してプレス。

33分には、エリア外左でセカンドボールを長崎が拾うと、レイソルにファールがあり、フリーキックに。


GKの岡本も前線へ上げ、同点を狙いにいくフロンターレ。キッカーは小林。右足で直接シュートを打つと、レイソルの選手に当たり、ボールはゴールのなかへ。2-2。

フロンターレが追いつきます。

勝ち越しを狙い、前に人をかけてくるレイソルに対し、コンパクトに対峙していくフロンターレ。

34分には、レイソルのフリーキックをしのいでカウンターに。

小林のパスに、十河がエリア外右へ。

シュートを打ちますが、右へ。


35分には、フロンターレ、小川尋斗が浮き球をエリア前に。抜け出したのは小林。ここでレイソルはファール。

フロンターレはPKを得ます。

キッカーは小林。これを決めて、3-2。フロンターレ、ふたたびのリード。

アディショナルタイム。

ラインを高め、両サイドから迫るレイソル。

38が精度の高いクロスを入れるなどしていきますが、フロンターレはしのいでいきます。


38分には、セカンドボールを正面で拾った38がミドルシュートを打つも、右に。


試合はここでタイムアップ。3-2。

なかなか、自分たちのサッカーができないなかでも、あきらめない気持ちを前面に出したフロンターレ。

改めて、サッカーには、気持ちの強さが必要だと感じさせられるかたちで、見事に試合を制しました。


この最後まであきらめず、やり抜くというところに、自分たちで主体的にボールを動かしていく技術の高さや、連係の深さが加わっていけば、フロンターレはもっともっと強くなっていく。

そう感じさせられました。


前半1-0 後半2-2 計3-2

フロンターレの得点:小林朝日2=PK1 オウンゴール

フロンターレの先発:21岩田幹太郎 29山根春人 31木下勝正 26菊池京 30長崎亘佑 36橋本乃翔(c) 35小川尋斗 37富田周平 41三上瑛大 32尾関悠太 39小林朝日

交代:岩田→45岡本栞汰 尾関→15十河晟央 橋本→34平尾玲旺


(文中敬称略)


 

岡本栞汰選手
長崎亘佑選手
山根春人選手
平尾玲旺選手
玉木聖梛選手
ゲームキャプテンを務めた橋本乃翔選手

コイントスに臨むゲームキャプテンの橋本乃翔選手

岩田幹太郎選手
菊池京選手
木下勝正選手
岩田幹太郎選手
山根春人選手
小林朝日選手が抜け出す

1-0。先制点はフロンターレへ

山根春人選手
三上瑛大選手
富田周平選手
小川尋斗選手
山根春人選手
岩田幹太郎選手
木下勝正選手
尾関悠太選手

富田周平選手
富田周平選手
橋本乃翔選手

橋本乃翔選手
山根春人選手
長崎亘佑選手
小川尋斗選手
小川尋斗選手
三上瑛大選手
長崎亘佑選手

小川尋斗選手
木下勝正選手
菊池京選手
小川尋斗選手、橋本乃翔選手
木下勝正選手
木下勝正選手

小林朝日選手

 

山根春人選手
岩田幹太郎選手
前半は1-0でタイムアップ
高橋壱梛選手
高橋壱梛選手
坂井暉絃選手
坂井暉絃選手
玉木聖梛選手
岡本栞汰選手
十河晟央選手
今野章コーチの話に耳を傾ける選手たち

小林朝日選手

十河晟央選手
小川尋斗選手

十河晟央選手
岡本栞汰選手
長崎亘佑選手
橋本乃翔選手

レイソルが立て続けのゴールで逆転する
平尾玲旺選手
菊池京選手
平尾玲旺選手
平尾玲旺選手
富田周平選手
富田周平選手
橋本乃翔選手に代わりゲームキャプテンを務めた山根春人選手
長崎亘佑選手
富田周平選手
菊池京選手
小林朝日選手
小川尋斗選手
飲水タイムへ
メンディーサイモン友選手が声を掛ける
高橋壱梛選手も声を掛ける
岡本栞汰選手
十河晟央選手

三上瑛大選手
三上瑛大選手
長崎亘佑選手
菊池京選手
平尾玲旺選手
山根春人選手

十河晟央選手

小林朝日選手
激しい雨のなか、両チームが競い合う

岡本栞汰選手

小林朝日選手のフリーキックから同点!

平尾玲旺選手

木下勝正選手
木下勝正選手
小林朝日選手
十河晟央選手

小林朝日選手
ファールを受け、PKを得る

3-2。フロンターレが逆転

十河晟央選手
小川尋斗選手
3-2でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。