フロンターレU10 – エクセレントフィートFC / チャレンジリーグ


10月15日の、等々力第一サッカー場。川崎フロンターレU-12がプルチーニFCとの決勝を制したハンガリー大使館杯U-11川崎市秋季サッカー大会のあとは、フロンターレU-10がチャレンジリーグ、エクセレントフィートFC戦に臨みました。

この記事は、フロンターレに取材をお願いし、書かせていただきました。

 

【川崎フロンターレU-10 チャレンジリーグ vs エクセレントフィートFC】

10月15日(土) 午後0時20分キックオフ 等々力第一サッカー場 8人制 20分ハーフ くもりのち晴れ

フロンターレの先発は、GK32森際陸、最終ラインは右から15下地勇人、31千葉朝陽、4藤田日向輝、中央に30小滝悠仁、右に8川埜蒼真、左に9岩田陸叶、前線には13新堀葵。

ハンガリー大使館杯の際に弱い雨を降らせた雲は去り、次第に青空が顔を見せていく等々力第一サッカー場。両チームの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、フロンターレは、後ろからしっかりつなげていき、1分には森際から中央の小滝、小滝から左に流れた新堀葵とつながり、新堀葵は正面への仕掛け。

シュートはGK1がセーブするも、意欲的にゴールを狙う姿勢を見せていきます。

フロンターレはさらに、千葉から下地、下地から小滝、小滝から間で新堀葵が受け、そのパスに正面へ岩田陸叶が動き出し、選手それぞれがかかわりあいながら、前へ。

エクセレントフィートは、ラインを高め、前から奪いにいく姿勢を見せ、3分には、33がカット、18とのパス交換からエリア正面へ抜け出しますが、下地がカバー。

右コーナーキックとなりますが、これをしのいだフロンターレは、新堀葵が右サイドを仕掛け、攻めに転じていきます。

5分には、右サイドのスローインを岩田陸叶がおさめ、新堀葵を経由し、右の川埜へ。

川埜は折り返しますが、シュートは打つことはできず、

すると直後には、エクセレントフィート、エリア左に抜け出したのは8。シュートが決まり、0-1。先制点はエクセレントフィートへ。

さらにエクセレントフィートがボールをうまく間に差し入れ、間を縫うようにして前に持ち出す場面をつくり、7分には、中央の33のパスに、18がエリア内へ。

しかし、森際がセーブ。

 

追い掛けるフロンターレは、左サイドを岩田陸叶が仕掛け、そのリターンを受けた藤田のパスを、間で新堀葵が受けるなどし、自分たちで動かす時間をつくっていきます。

奪われても、岩田陸叶や、新堀葵が守備に戻り、コンパクトに、対峙していきます。

9分には、ふたたびエクセレントフィート、左サイドを33が仕掛け、そのパスに、18が正面へ。シュートはポストに。

これをしのいだフロンターレは、左サイド、新堀葵が抜け出し、一気に前に。しかし、最後はエクセレントフィートの守りに遭い、シュートまではいけず。

それでも、守備から攻撃へのつながりを持って、プレーしていきます。

11分には、再びエクセレントフィート、中央からのパスが左に通り、18が抜け出しますが、下地がカバー。

直後にはフロンターレ、新堀葵がファールを受け、リスタートから岩田陸叶がエリア左へ。しかし、エクセレントフィートの守りも粘り強く、シュートには至らず。

12分には、さらにフロンターレ、下がり目で新堀葵がおさめ、左サイド、岩田陸叶へ。岩田陸叶は、エリア左へ仕掛け、角度のないところからシュートを打ちますが、右に。

高い位置で新堀葵や岩田陸叶がボールをキープ。起点をつくっていくフロンターレ。

13分には、川埜のスルーパスに、新堀葵がエリア左へ抜け出しますが、オフサイド。

14分には、エクセレントフィート、左サイドからの攻めに。しかし、新堀葵がカバー、千葉から藤田とつながり、藤田のパスに、岩田陸叶が左サイドの高い位置へ。

岩田陸叶が仕掛けて、左コーナーキックに。

このコーナーキック、川埜が左足でボールを入れると、千葉が押し込み、1-1。フロンターレが追いつきます。

16分には、さらにフロンターレ、千葉が左サイドに巧みに展開。藤田につながり、藤田のスルーパスに、新堀葵がエリア左へ。

シュートを打つと、これが決まり、2-1。2分足らずで、フロンターレが逆転します。

 

直後には、左サイドを岩田陸叶が突破。そのままエリア左へ。折り返すもシュートには至らず。

フロンターレは、さらに高い位置で新堀葵がうまく体を入れ、マイボールに。岩田陸叶が中に寄って、ボールをおさめ、右サイド、川埜につなげるなど、うまくかかわっていきます。

18分には、川埜から右に展開、岩田陸叶がクロスを入れるも、GK1がセーブ。

エクセレントフィートも、左サイドで33がボールをカット、斜めに仕掛けていきますが、フロンターレはコンパクトに、粘り強く対応し、しのいでいきます。

20分には下がり目で新堀葵が受け、中央を持ち上がり、右に展開。下地が折り返すと、エリア左、岩田陸叶がシュート。しかし、GK1がセーブ。

前半は2-1でタイムアップとなります。

 

そのままのメンバーで始まった後半、フロンターレは、右サイド、川埜が左サイドを突くパス、岩田陸叶が動き出すも、エクセレントフィートはカット。

そこから右サイドへ持ち込んでいきますが、藤田が前に行かせない好守。ボールを奪い返したフロンターレは、岩田陸叶のパスに、新堀葵がエリア内へ抜け出しますが
、オフサイド。

エクセレントフィートも、うまく間を突き、縫うようにして、前に出る場面をつくっていきますが、下地がうまく寄せて、前には行かせず。

3分には、左サイド、下がり目の藤田のスルーパスに、新堀が高い位置へ抜け出し、切り返した新堀葵のパスに、岩田陸叶が正面へ。そのパスに、エリア右へ川埜が抜け出しシュートを打ちますが、上に。

ゴールとはなりませんでしたが、流れるように、いい連係を見せていきます。

エクセレントフィートは、5分、中央の浮き球に、33が正面へ動き出しますが、森際がセーブ。

攻めに転じたフロンターレ、直後には、下地が右サイドの高い位置へ。ミドルシュートっを打つと、ボールはポストに。

こぼれ球を拾い、川埜がクロスを上げると、岩田陸叶が飛び込みますが、GK1がセーブ。

一方のエクセレントフィートは、直後には、中央で15がボールをカット。そのスルーパスに、33がエリア内へ。

しかし、森際がセーブ。

さらに右サイドからクロスを入れていきますが、エリア内で川埜がカバー。

エクセレントフィートの攻勢が続きますが、フロンターレは藤田がカット、受けた新堀葵が左サイドを仕掛け、エリア外左へ。

ここでエクセレントフィートにファールがあり、フリーキックとなります。

キッカー、新堀葵が右足でボールを入れると、こぼれ球を押し込んだのは藤田。3-1。フロンターレが突き放します。

 

エクセレントフィートの右サイドからの攻めをしのぎ、千葉が右サイドの高い位置へ、新堀葵を走らせ、攻撃へ転じようとしていくフロンターレ。

エクセレントフィートも、うまく中央で8が持ち上がり、縦にパスを入れようとしていきますが、藤田がカット。

さらに高い位置でボールを奪った8がまたもエリア内へ持ち込もうとしていきますが、下地がカット。

持ち上がった下地は、エリア内へ動きだす新堀を狙い、スルーパス。エクセレントフィートの守備が阻んだものの、チャンスになりそうな場面をつくっていきます。

11分には、新堀葵が中央を仕掛け、左に展開。藤田が下り消すも、シュートにはつながらず。

すると12分、エクセレントフィートは、立て続けにシュート。フロンターレは森際がセーブ、さらに藤田も体を張り、よくブロックしたものの、こぼれ球を33が押し込んで、3-2。

1点差となります。

フロンターレは、ここで川埜に代わり10渡邉一輝、下地に代わり5岩田東偉道。

フロンターレは、13分には、渡邉が巧みにボールをキープ。そのパスに、岩田陸叶がエリア左へ仕掛けていき、シュート。しかし、ポストに。

一方のエクセレントフィートは、中盤でボールをカット、右に仕掛けていきますが、藤田が奪い返し、そのまま縦に。右サイド、渡邉につなげようとしますが、それはならず。

それでも、守備から攻めへ、つながるようなプレーで、打開を試みます。

15分には、右サイド、小滝が流れ、そのリターンを受けた岩田東偉道、エリア外右でミドルシュートを打ちますが、GK1がセーブ。

フロンターレは、さらに交代、新堀葵に代わり、14佐藤雄吾。佐藤が左、岩田陸叶が前線へ。

 

16分には、エクセレントフィート、15が抜け出し、エリア右へ。しかし、ここでも千葉がよくカバー。

そこから藤田につなげたフロンターレ。中央の小滝がキープ、右に展開、つながりをもって、局面を変えに。

17分には、さらにエクセレントフィート、12から右の15につながり、15は右クロス。

左に流れたボールを、8が拾い、エリア左への仕掛け。フロンターレがブロックし、左コーナーキックに。

13がボールを入れると、15が合わせますが、森際がセーブ。

またも左コーナーキックとなり、13がニアに入れると、2が合わせますが、クリア。

フロンターレも、小滝のパスに、佐藤が左サイドを仕掛け、相手陣内で時間をつくると、20分には小滝のパスに、岩田陸叶が正面へ。

これはGK1に阻まれたものの、試合はタイムアップ。3-2。

互いに良さを出し合った好ゲームのなかで、決定機を見逃さず、得点を奪ったフロンターレ。見事に試合を制しました。

前半2-1 後半1-1 計3-2

フロンターレの得点:千葉朝陽、新堀葵、藤田日向輝

フロンターレのメンバー:32森際陸 15下地勇人 31千葉朝陽 4藤田日向輝 30小滝悠仁 8川埜葵 9岩田陸叶 13新堀葵

交代:川埜→10渡邉一輝 下地→5岩田東偉道 新堀→14佐藤雄吾

 

(文中敬称略)

小滝悠仁選手
下地勇人選手
渡邉一輝選手
下地勇人選手
森際陸選手
千葉朝陽選手
千葉朝陽選手
新堀葵選手
試合を前に冨田幸嗣コーチの話を聞く選手たち
森際陸選手
岩田陸叶選手
新堀葵選手

新堀葵選手
千葉朝陽選手
千葉朝陽選手
藤田日向輝選手
新堀葵選手

新堀葵選手
岩田陸叶選手
岩田陸叶選手
先制点はエクセレントフィートへ
岩田陸叶選手
藤田日向輝選手
千葉朝陽選手
岩田陸叶選手
森際陸選手
下地勇人選手
下地勇人選手
岩田陸叶選手

川埜蒼真選手

千葉朝陽選手が決め、フロンターレが追いつく

岩田陸叶選手
下地勇人選手
小滝悠仁選手
森際陸選手

川埜蒼真選手
新堀葵選手
ハーフタイムの選手たち
川埜蒼真選手

川埜蒼真選手
新堀葵選手
森際陸選手
下地勇人選手

川埜蒼真選手

藤田日向輝選手が決め3-1

小滝悠仁選手
新堀葵選手
藤田日向輝選手
小滝悠仁選手

佐藤雄吾選手

森際陸選手が好セーブ

岩田東偉道選手
岩田東偉道選手
岩田陸叶選手
川埜蒼真選手

 

森際陸選手
練習試合では川埜蒼真選手がゴールを決めた

千葉朝陽選手
佐藤雄吾選手
川埜蒼真選手

下地勇人選手
千葉朝陽選手

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です