1ショット日記「しあわせな90分」


 

5月6日、味の素フィールド西が丘でおこなわれたJ3リーグ第10節、FC東京U-23 vs ガイナーレ鳥取。鳥取の先発メンバーには、昨シーズン限りでフロンターレを契約満了となったMF7可児壮隆選手が名前をつらねました。

 

晴天に恵まれ、Tシャツ姿でも快適に過ごせるような陽気のなか、行われた試合は、鳥取がボールをにぎられながらも、ここぞというところでFW10加藤潤也選手やFW9レオナルド選手らのシュートでゴールに迫れば、FC東京U-23もGK30廣末陸選手が何度も決定機を防ぎ、白熱した展開に。

 

ボランチとしてフル出場した可児選手も、自陣で何度も好カバーを見せて攻撃の芽を摘んだり、エリア内にこぼれたボールに走り込んでシュートに持ち込むなど、攻守にさまざまな場面に顔を出し続けました。

 

フロンターレU-18から阪南大を経て、フロンターレに里帰りを果たし、中村憲剛選手の新人時代の背番号26をつけ、「後継者に」と期待された可児選手。それは叶わないことにはなりましたが、鳥取でしっかりポジションをつかみ、好プレーを見せ、サポーターから「壮隆」コールを受ける姿を見ることのできた90分は、とてもしあわせなものでした。

2018年のシーズンが、可児選手が誰の後継者でもなく一人のサッカー選手として、鳥取で確固たる地位を築く第一歩になることを願っています。

 

【J3リーグ第10節 FC東京U-23 vs ガイナーレ鳥取】

5月6日(日)午後2時4分キックオフ 味の素フィールド西が丘 晴れ 2364人  

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です