フロンターレU18 – 名古屋グランパスU18 / クラブユース選手権グループステージ第1戦


7月22日は前橋総合運動公園へ。夏のクラブユース日本一を決める日本クラブユース選手権が始まり、川崎フロンターレU-18もグループステージの初戦に臨みました。

日本クラブユース選手権には、全国の予選を勝ち抜いた32チームが出場し、AからHまでの8つのグループに4チームずつが分けられ、上位2チームが決勝トーナメントへ進むことになります。

フロンターレは、名古屋グランパスU-18、横浜F・マリノスユース、大分トリニータU-18と同じAグループに入りました。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権グループステージ第1戦 vs 名古屋グランパスU-18】
7月22日(日)午前9時 前橋総合運動公園 晴れ 35分ハーフ

初戦の対戦相手は名古屋グランパスU-18。

フロンターレの先発は、GK21青山海、DFは右から5森璃太、キャプテンの4高吉正真、2栗田悠巨、22松永竜之介、ボランチは6小川達也、24鈴木大登、右MF8上野綜太、左MF9山田新、FW11有田恵人、10宮代大聖。

グランパスの先発は、GK16長江裕真、DFは右から15牛澤健、キャプテンの6萩野滉大、2井上詩音、13井上亮雅、ボランチは5浅井昂介、14田邉光平、右MF17石田凌太郎、左MF18村上千渉、FWは9兵藤健斗、10マツオカ ジョナタン。

本来、試合時間は40分ハーフに定められている日本クラブユース選手権のグループステージ。しかし、連日の厳しい暑さを考慮して35分ハーフに変更に。この日も朝から気温が上昇し、両チームの選手の家族やサポーターらは、木陰からチャントを歌ったり、旗を振ったりするなか、試合は始まりました。

フロンターレは立ち上がりか最終ラインを高く保ち、コンパクトに。右サイドでは森や上野、有田が連係して前に。最後にはファールをとられましたが、高い位置でプレーするいい入り方となります。

グランパスも3分にはエリア外正面でファールを受け、浅井のフリーキックのこぼれ球をエリア左で石田が拾うも、高吉がエリア前に入れようとしたボールをブロック。さらにグランパスのは右サイドのパス交換から石田が高い位置へ抜け出すも松永がブロック。

フロンターレはボールをキャッチした青山が素早くリスタートし、宮代から右に展開し、上野につなげたり、栗田も高い位置でボールをカットし、左サイドの高い位置へ宮代を走らせたりするなど、守備から攻撃へつなげようとしていきます。

名古屋も萩野や井上詩音がボールを動かし、マツオカもやや下がり目の位置でボールを受け、エリア前に動き出す兵藤を狙ったパスを出すなどしていきますが、フロンターレは栗田が読みよくパスをカット。小川や鈴木もマツオカを囲い込んで、前を向かせないなど、よく対応していきます。

フロンターレも12分には上野が右サイドの高い位置へ。クロスが左へ流れたところを宮代が拾い、エリア前に山田が抜け出しますが、グランパスの守備の寄せも速く、シュートには至らず。

グランパスもそこからすばやく攻撃へつなげ、エリア外左へ村上が抜け出し、エリア内へ低い弾道のボールを入れるも、兵藤は触ることはできず。しかし、フロンターレのゴールをおびやかしていきます。

フロンターレは、高吉や栗田に宮代や小川らがかかわり、後ろでボールを動かしながらサイドに広げ、攻撃の機会をうかがいに。13分には宮代のパスにエリア外左へ有田が仕掛けていくも、グランパスの選手のファールでシュートは打てず。これで得たフリーキック、小川が右足で入れたボール、遠いサイドで松永が飛び込みますが、惜しくも触ることはできず。

フロンターレは栗田がエリア右へ動き出す宮代にフィードを入れたり、右サイドへ有田が流れ、いったん左の松永に振り、最終ラインに戻して高吉がフィードを入れたりするなどしていきますが、なかなかシュートを打つことはできず。それでもグランパスの攻めに対しては、エリア右へ抜け出した石田のシュートを栗田がブロックするなど、いい対応を続け、試合はクーリングブレークに入ります。

3分ほどの中断を経て、再開した試合。23分にはエリア外右へ兵藤が抜け出すも、松永がカバー。時間が少し空いても集中力を保って、対応していきます。

フロンターレも宮代を松永が追い越したり、山田が競ったボールから左へ展開し、鈴木が前へ出ていくなど、厚みを持たせに。クーリングブレーク前と同様、右から仕掛けてくる石田には栗田が寄せ、ボールをクリア。26分には右からの折り返しに、マツオカが合わせますが、青山がセーブ。しのいでいきます。

しかし、27分、マツオカがボールを中央でおさめ、グランパスは右サイドからの攻めに。田邉が抜け出してエリア内へボールを入れると、兵藤のシュートが決まり、0-1。先制点はグランパスに入ります。

グランパスはさらに石田が右サイドの高い位置へ抜け出し、折り返すも森がエリア内でクリアする好対応。フロンターレも有田が右サイドの高い位置へ仕掛け、折り返し、こぼれ球を森が高い位置で拾い、後ろに戻して組み立てを図りに。グランパスの中盤に対して、上野がプレスをかけ、マイボールにするなど、対峙。鈴木も縦へ仕掛けてくる石田に対して、自陣のエリア近くに戻り、体をうまく入れるなど、よく対応。

34分には石田が高い位置で奪い、エリア右の兵藤を狙い、パスを出すも森がカバー。コーナーキックとなり、左から浅井が右足で入れたボールに、井上詩音が合わせますが左へ。

フロンターレも38分には浮き球のパスにエリア外右へ宮代が抜け出し、エリア内へ仕掛け、ニアを狙ったシュート。しかし、グランパスの選手がクリア。さらに小川から右へ展開。上野がスルーし、森が高い位置でクロスを上げると、遠いサイドで有田が飛び込みますが、惜しくもシュートは打てず。

すると、直後にはグランパスがカウンターに。左サイドからエリア内へボールを送ると、石田のシュートが決まり、0-2。前半はここでタイムアップとなります。

後半フロンターレは上野に代わり、26平田流衣が入り、左MF。山田が右MFへ。家族やサポーターが集まった木陰にはかすかに風も吹いているものの、ますます気温が上がるなか、キックオフに。

2分にはグランパスが右サイドからの攻めに。エリア内へボールを送ると、村上が飛び込むも触ることはできず。フロンターレは栗田からパスを受けた松永が左サイドからエリア前にボールを送り、山田を走らせるなど、揺さぶりに。マツオカへの浅井の縦パスを鈴木がカットするなど、攻撃の芽をつみながら糸口をつかもうとしていきます。

4分には高い位置で有田がボールを受け、追い越した森がクロスを入れるもブロックされ、コーナーキックに。こぼれ球をエリア左で平田が拾い、縦へ仕掛けるもグランパスの選手の守備の前にシュートは打てず。直後にはグランパス、村上からボールを受けた浅井が左クロスを入れると、ニアでマツオカが合わせるも、青山がセーブ。コーナーキックとなり、セカンドボールを拾った井上詩音の左クロスに萩野が合わせますが、左へ。次々にグランパスがゴールをおびやかしていきます。

フロンターレも有田のリターンを受けた宮代が鈴木を高い位置へ走らせるなどしていきますが、グランパスの守備に遭い、グランパスがそこからカウンターに持ち込み、マツオカのシュートにつなげていきます。

さらにグランパスは右に石田が開き、折り返しに村上がエリア左でシュート。ブロックしたところを拾い、再び村上のシュートが枠をとらえますが、青山がセーブ。しかし、9分エリア内への浮き球を処理しきれなかったところを、村上が押し込み、0-3。フロンターレは突き放されてしまいます。

フロンターレはここで小川に代わり、32山内日向汰。しかし、なおもグランパスはフロンターレのゴール前に。13分にはマツオカのスルーパスにエリア右へ村上が抜け出すも、高吉がブロック。これでグランパスが得たコーナーキック、井上亮雅のボールに、萩野が飛び込みますが、左へ。

グランパスは16分、村上に代わり、20倍井謙。

クーリングブレーク明け、23分にはグランパス、再びマツオカがスルーパスを出すと、エリア内へ倍井が抜け出すも森がカバーし、最後は青山がキャッチ。グランパスはさらに25分、石田の右クロスにファーでマツオカがバイシクルシュートを試みますが、上に。

なかなか前へ出ることができなかったフロンターレも山内のスルーパスに宮代が前へ抜け出し、左の平田、リターンを受けた宮代、松永が追い越し、多くの選手がかかわった、攻めを見せていきますが、シュートを打つことはできず。28分には山内の縦パスを受けた有田が前を向き、右へ展開。森がクロスを入れるもブロック。右コーナーキックとなり、山内が入れたボール、松永が合わせますが左へ。枠はとらえられず。

グランパスはここで石田に代わり、12瀬古寛治。33分にはフロンターレは鈴木に代わり、20澤田泰大、グランパスも牛澤に代わり、4小野凌也。さらにマツオカに代わり、34光田脩人。

フロンターレは、ボールを動かしながら澤田のパスに平田が左サイドの高い位置へ上がり、受けた松永が浮き球を入れるなどしていきますが、シュートを打つことはできず。

35分にはグランパス、縦パスを受けた倍井がエリア左へ。シュートを打つも右へ。

ロスタイムは6分。38分にはグランパスはマツオカに代わり、22新玉瑛琉。

フロンターレは39分には山内がボールをカットし、山田がエリア右へ。ゴール前にボールを送りますが、惜しくも宮代は届かず。さらに高吉の縦パスを受けた山内が右へ展開。有田が高い位置へ上がるも、折り返すことはできず。最後までゴールを目指したフロンターレでしたが、それはかなわず。0-3。試合はタイムアップとなりました。

前半0-2 後半0-1 計0-3
得点:兵藤健斗、石田凌太郎、村上千渉(グランパス)

フロンターレの先発:21青山海、5森璃太、4高吉正真(c)、2栗田悠巨、22松永竜之介、6小川達也、24鈴木大登、8上野綜太、左MF9山田新、11有田恵人、10宮代大聖
交代:上野→26平田流衣 小川→32山内日向汰 鈴木→20澤田泰大
控え:19川合我空 15道間雄生 23常安澪 17宮本ディアウ勇守歩

グランパスの先発:16長江裕真、15牛澤健、6萩野滉大(c)、2井上詩音、13井上亮雅、5浅井昂介、14田邉光平、17石田凌太郎、18村上千渉、9兵藤健斗、10マツオカ ジョナタン
交代:村上→20倍井謙 牛澤→4小野凌也 マツオカ→34光田脩人 兵藤→22新玉瑛琉
控え:1久島隆維 30鷲見星河

グループAのもう1試合、横浜F・マリノスユースvs大分トリニータU-18は0-3で大分が勝利。グランパスと大分の2チームが初日は抜け出すことになりました。

フロンターレは23日午前11時、前橋フットボールセンターにて、横浜F・マリノスユースとの試合に臨みます。厳しい結果となった初戦を乗り越えて、チームがどう立ち上がっていくのか、多くのサポーターが楽しみにしています。

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

高吉正真選手
青山海選手
松永竜之介選手
小川達也選手
小川達也選手
高吉正真選手
小川達也選手
鈴木大登選手
上野綜太選手
松永竜之介選手が飛び込むが、触ることはできず

クーリングブレークへ
グランパスが攻勢に
兵藤健斗選手のゴールでグランパスが先制

森璃太選手
松永竜之介選手
青山海選手
栗田悠巨選手
グランパスが追加点を決める
後半へ
有田恵人選手

小川達也選手がカバー

山内日向汰選手
宮代大聖選手
山内日向汰選手
平田流衣選手
山田新選手
松永竜之介選手
宮代大聖選手
有田恵人選手
平田流衣選手
澤田泰大選手
山田新選手
0-3でタイムアップ
応援した家族やサポーターのもとへ

グループステージはまだ2試合残されている

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です