1 ショット日記 「始まりに」


仲川輝人選手
登里享平選手と攻防を繰り広げた

 

8月5日等々力陸上競技場で行われたJ1第20節、川崎フロンターレvs横浜F・マリノス、横浜F・マリノスは川崎フロンターレU-18出身の仲川輝人選手が、先発しました。

2015年にマリノスに加入した仲川選手が、フロンターレとの試合に出場するのは初めてのこと。関東大学サッカーリーグ1部では、得点王を獲得するなど、4連覇を果たした専修大学の中心選手として活躍し続けた仲川選手も、マリノス加入後は大学最後のシーズン終盤に負った怪我の影響もあり、なかなか出場時間をのばせず。アビスパ福岡やFC町田ゼルビアへの期限付き移籍も経験するなどしましたが、今季は4ゴールを決めるなど、新たなサッカーを構築中のチームでポジションをつかみつつある様子です。

かつて育ったフロンターレのホーム、等々力陸上競技場でのプロの選手としての初めてのプレーは、大学時代には新幹線にもたとえられたそのスピードを生かして、フロンターレの左SBを務めた登里享平選手とマッチアップを繰り広げるなど、見ごたえのある、楽しいものでした。これが長きにわたる仲川選手とフロンターレとの、対戦の始まりになれば-と思います。これからの活躍をとても楽しみにしています。

 

【J1第20節 川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス】

8月5日(日) 午後7時キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 2万3033人

前半1-0 後半1-0 計2-0

得点:小林悠2

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です