1 ショット日記 「等々力でも」


フロンターレU-15出身、ガンバ大阪のMF高宇洋選手

 

9月1日、パナソニックスタジアム吹田にて行われたJ1リーグ第25節、ガンバ大阪vs川崎フロンターレ。ガンバ大阪は、後半41分、川崎フロンターレU-15出身のMF高宇洋選手が出場しました。

フロンターレU-15のころは、1学年上の選手とともに関東ユース(U-15)サッカーリーグや高円宮杯にも出場し、ゴールを決めるなど「これからがとても楽しみ」と思わさせるプレーを見せていた高選手。その後は市立船橋高校に進み、一年生から活躍。フロンターレU-18との練習試合でも、得点を決めるなどした姿が印象に残っています。

2017年にガンバ大阪に加入した高選手は、今シーズン、宮本恒靖監督に交代後、J1初出場を果たすなど、トップチームで存在感を高めている様子。

この日の試合の結果は、フロンターレとしては、0-2と悔しいものに。それでも高選手が試合前の選手紹介でフロンターレの多くのサポーターから拍手を受け、右のMFとして、逃げきりを図るチームに貢献する姿を見られたことは、嬉しさも覚えるものとなりました。

J1降格圏の17位とまだまだ厳しい状況が続くガンバ大阪。そのなかで高選手が活躍し、いずれは等々力でも、そのプレーを見せてくれることを楽しみにしています。

 

【J1第25節 ガンバ大阪vs川崎フロンターレ】

9月1日(土)午後7時3分キックオフ 曇り パナソニックスタジアム吹田 1万9683人

前半1-0 後半1-0 計2-0

得点:渡邉千真、ファビオ(ガンバ大阪)

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です