川崎ブレイブサンダースU15 – 神明中 / 神奈川県U15リーグ 第2期 グループF ゲーム1


12月に行われた第1期最終戦で劇的な展開を制し,公式戦初勝利を挙げた川崎ブレイブサンダースU15。
年が明けて少し経ったこの2月,小春日和のなか第2期がスタートしました。

神奈川県U15リーグ Fグループ
川崎ブレイブサンダースU15 – 神明中
2019/02/23(土)09:45 横浜市立万騎が原中学校

川崎ブレイブサンダースU15のスターターは2 櫻井信之介,3 中尾優斗,4 吉井界澄,7 渡邊豪聖,21 岩城爽太。

久しぶりの公式戦となりましたが選手たちには緊張の面影はなく,リラックスしたムードでウォーミングアップをこなし試合に臨みました。

試合開始直後から川崎ブレイブサンダースU15は7 渡邊豪聖が積極的にドライブ,3 中尾優斗のスティールからのレイアップ,4 吉井界澄の3Pなどを仕掛けますが先制点とはならず。しかし1Q残り7:10に21 岩城爽太がオフェンスリバウンドからのシュートを決めて先制すると,岩城は再びセカンドチャンスから連続得点を決め4-0。更に中尾が再びスティールからのファストブレイクを決め,直後に2 櫻井信之介がこの日最初の3Pを決めて9-0とラン。序盤にペースを掴みます。
対する神明は4がレイアップを決めてチーム初得点をあげるも,その直後に渡邊がゴール下のシュートを決めて13-2とすると神明はたまらずタイムアウト。立て直しを図ります。
タイムアウト明けも流れは変わらず,渡邊が連続得点で点差を広げると,岩城が見事なエンドドライブを決めて17-2。第1期では見られなかった強気なプレーを身に付けていました。双方得点を重ねたのち,吉井が3Pを狙いますがこれも外れ。
1Q残り3分,0 木戸琉斗,5 吉田健太,6 依田弦,20 三谷蓮斗が入ると,櫻井は果敢にミドルドライブを仕掛け得点。立て続けに9 神谷海静,23 佐藤琳太朗を投入すると,直後に三谷がゴール下のスピンムーブでファウルオン。フリースローは決まりませんでしたが,大きな身体での果敢なアタックが相手にダメージを与えます。1Q終了間際,依田がオフェンスリバウンドからの得点を決め23-6として1Qを終えます。

2Qは打って変わって神明ペース。10のシュートが決まると4のファストブレイク,3Pと連続で決められ一気に差を縮められると,川崎9 神谷の放った3Pは決まらず。逆に神明9にフリースローを1本,セカンドチャンスを決めれられ23-16と詰め寄られます。
2Q残り5分,櫻井,渡邊,岩城を戻すと,激しいプレッシャーから依田がスティールからファストブレイクを決め,この時間にしてこのクォーター初得点を挙げます。相手にフリースローからの得点を許すものの,櫻井のこの日2本目となる3Pを決め主導権を奪い返します。残り33秒,ゴール下で粘った岩城がシュートをねじ込み30-19で試合を折り返します。

後半のスタートは2 櫻井,4 吉井,6 依田,7 渡邊,20 三谷。開始直後,吉井のスティールから3Pを決め幸先よくスタートします。後半,川崎はインサイド陣を中心にリバウンドの意識が向上します。依田,三谷を中心に,神明のセカンドチャンスの目を摘み取り櫻井が獲得したフリースローを2本決めると,依田がスティールからファストブレイク。これはファウルで止められますが,フリースローを決め36-23とリードを広げます。少しでも緩みの出そうな場面では吉井が積極的に声がけし,隙を見せません。
3Q残り4:30,櫻井のスティールから吉井のファストブレイク,対する神明は9の巧みなバックドアカットからのレイアップ,更にフリースローとこの時間は一進一退の攻防を繰り広げます。それでもこの試合は櫻井の外郭が冴え渡ります。この試合3本目の3Pで突き放すと,フリースローも決めて差を広げます。
3Qも終わりに近づいた時間帯,佐藤がオフェンスリバウンドからの得点,岩城のゴールしたの粘りからの得点と確実に加点しこのクオーターを18-10,トータル48-29と神明の粘りを振り切りリードを広げて最終クオーターを迎えます。

最終クオーター序盤は櫻井の3P,岩城のオフェンスリバウンドからの攻撃,中尾のレイアップなど怒涛の攻撃を繰り広げますが,得点は挙げられず。残り5:48,櫻井のスティールからの独走でようやくこのクオーターでの初得点を挙げると,神明のタイムアウト明けには中尾のミドルドライブを囮にしたビハインドザバックパスから岩城のゴール下,岩城のディフェンスリバウンドから櫻井のファストブレイク,神谷のファストブレイクと得点ラッシュを見せ神明に2つ目のタイムアウトを取らせることに成功します。
タイムアウト明けから更に櫻井のフリースロー,中尾のファストブレイクポイント,ユーロステップでの技巧的な得点を重ね,このクオーター残り1:54に神明がこのクオーター初得点を挙げるまで実に14得点のランを見せ試合を決定付けます。
最終盤,依田のミドルカットレイアップ,神谷から中尾のタップシュートと続けてこの試合を締めました。

フォワード・センター陣のリバウンドへの意識向上,攻撃パターンの多様化。ガード陣は誰が持ってもボールを運べるようになり,外郭だけではなくときに自らペイント内に切り込んでいく動きなど,個々人が確実にレベルアップした証を見せた中での快勝。苦しんだ末に初勝利を掴んだ第1期から,チームとして1段階上に来た印象を受けました。
ブレイク最後のハドルでの掛け声「1・2・3・Be Brave!」に恥じない素晴らしい戦いでした。

1q 23-6
2q 7-13
3q 18-10
4q 21-3
Total 69-32

リラックスしたムードでウォーミングアップ
いざ試合へ
佐藤琳太朗選手
オフザボールで仕掛ける
岩城爽太選手
吉井界澄選手
櫻井信之介選手
中尾優斗選手
神谷海静選手
木戸琉斗選手
セットプレー
三谷蓮斗選手
渡邊豪聖選手

保護者に勝利を報告

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です