フロンターレU15 – 東京ヴェルディジュニアユース / 日本クラブユース選手権関東予選


6月16日は前橋フットボールセンターへ。U-15年代の夏の全国大会、日本クラブユース選手権の予選、関東クラブユース選手権大会兼日本クラブユース選手権関東予選が前週から始まっており、1回戦をシードされた川崎フロンターレU-15は、1回戦で高崎FCに2-1で勝利した東京ヴェルディジュニアユースとの2回戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-15 関東クラブユース選手権大会兼日本クラブユース選手権関東予選2回戦 vs 東京ヴェルディジュニアユース】
6月16日(日)午後0時半キックオフ 前橋フットボールセンターBコート 35分ハーフ

フロンターレの先発は、GK16福田開人、最終ラインは右から20江原叡志、10高井幸大、3松長根悠仁、4オウイエ・ウイリアム、ボランチはキャプテンの5浅岡飛夢、8大瀧螢、右MF2戸田将、左MF29岡野一恭平、前線には11山下陽生、9五木田季晋。

関東地方の各地に冷たく強い雨を降らせた雲は去り、青空が見えるものの時折強い風が吹き抜ける前橋フットボールセンター。多くの両チームの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、ラインを上げていき、江原のパスを受けた浅岡に戸田もかかわり右サイドに展開していくフロンターレ。高井が山下を狙い浮き球を入れ、ヴェルディにボールが渡っても山下が高い位置で厳しく寄せにいき、フロンターレボールのスローインに。相手陣内での時間をつくっていきます。

3分には浅岡からいったん右へ展開。再び中央へ戻すと大瀧のパスに岡野一がエリア外左へ。切れ込んでシュートを打つも、ヴェルディのGK1がセーブ。

一方のヴェルディも、マイボールにすると、GKや最終ラインの選手も多くボールに触れ、サイドに展開しようとしますが、フロンターレは岡野一も自陣のエリア近くでボールをカットしたり、オウイエが山下へつながるようなかたちでクロスに対応。時には江原も前に出て山下とともにボールを持つ選手にプレスをかけにいき、縦へ入れさせず。いい守りを見せていきます。

7分にはヴェルディ、7の浮き球に13がエリア内へ抜け出しそうになりますが、江原が中へしぼり、カバー。さらに9分には17の浮き球に、5が右サイド高い位置へ。クロスを入れるもオウイエが粘り強く寄せにいき、ラインを割り、シュートにはつながらず。

さらに高井が最終ラインでボールをものにし、再びマイボールの時間をつくっていくフロンターレ。11分には高井のフィードに、戸田が右サイドの高い位置へ。エリアへ向かって仕掛けていくもブロック。浅岡や大瀧が中央でボールを奪い、落ち着かせる場面も増えていくフロンターレ。戸田が高い位置でボールをカットし、サイドを変え、オウイエの左クロスにつなげるなどしていきます。

ヴェルディのクロスを松長根がしっかり跳ね返すなど、決定的な場面をつくらせないフロンターレ。22分には高井がボールをカットし五木田へ縦パスを入れ、五木田から右へ。浅岡がエリア外右、シュートを打つもブロック。

ヴェルディボール時には、五木田も中央に下りて選手間の距離を保ち、コンパクトに。山下が高い位置でボールをカットするなどしていくと24分には左へ展開。オウイエの縦パスを受けた岡野一が左サイドを仕掛け、リターンを受けたオウイエが左クロスを上げると、エリア内飛び込んだ戸田が合わせるも上に。

直後には山下のプレスバックから攻めに転じたフロンターレ。山下が中央を仕掛け、エリア右へパスが通ると戸田がシュートを打つも惜しくも左へ。直後にはヴェルディ、サイドチェンジを受けた6が左サイドの高い位置へ。クロスを入れるも、戸田が寄せていき、ボールは福田がキャッチ。たたみかけるヴェルディは、13が中央でボールをものにし、右へ。角度のないところから放った5のシュートが風に乗り、ゴールへ向かっていきますが、枠はとらえられず。

再び自分たちでボールを動かす時間としたフロンターレは、大瀧が最終ラインの高井や松長根の間に下り、ラインを高めながら前に。山下が左サイドへ流れたり、五木田が中盤に落ちる一方で浅岡が前に出るなどしていくと、29分には岡野一が高い位置でボールを奪い、五木田へ。五木田の縦パスに山下がエリア外正面へ持ち上がり、ミドルシュートを打つも上に。

30分も過ぎるとヴェルディも5が右から仕掛けたり、13が左サイドの高い位置へ流れて空けたスペースを使い、6がエリア内へ持ち込もうとしていきますがフロンターレはオウイエが粘り強く寄せにいったり、高井が浅岡へつなげるようなかたちでカバーし、しのいでいきます。前半はタイムアップとなり、0-0。ハーフタイムへ。

 

後半フロンターレは、山下に代わり36岡崎寅太郎が前線へ。立ち上がりから右へ岡崎が開いて、五木田や戸田のパスを呼び込み、攻めに出ていこうとするフロンターレ。しかし、オフサイドをとられ、なかなかエリア近くにはいけないでいると、次第にヴェルディがボールを動かす時間に。3分には、中央を持ち込んだ16が枠をとらえたミドルシュート。しかし、福田がセーブ。

直後には左サイドでの展開から迫るヴェルディ。高井がブロックし左コーナーキックに。11が右足でボールを入れると、正面でシュートを打たれるもまたもや高井がブロック。さらにニアを狙った7の右コーナーキックでゴールを目指すヴェルディ。フロンターレは五木田がクリアししのいでいきます。

細かくパスを回して、裏を狙う岡崎を狙い、浅岡がパスを出したり、大瀧や浅岡が中央でボールをものにし、戸田を高い位置へ走らせるなどしていくフロンターレ。ヴェルディ、最終ラインの2のフィードに、高い位置へ抜け出そうとする5に対して、オウイエや岡野一が挟み込むように対応し、左サイドでのスローインにするなど、守備でもしっかりプレーを重ねていきます。

10分にはヴェルディ。途中出場の20が左サイドを仕掛け、リターンを受けた10がエリア外左、ダイレクトでシュートを打つもここでもフロンターレは体を張った守備。枠へは飛ばさせず。

フロンターレはここで戸田に代わり32尾川丈が入り左MF、岡野一が右MFへ。すると直後にはフロンターレ、大瀧から右へ。江原、岡野一とつながり、切れ込んだ岡野一がエリア外右へ。左足でシュートを打つもヴェルディのGK1がセーブ。さらに右サイドでマイボールにしたフロンターレは、浅岡がエリア外右へ仕掛けてファールを受け、フリーキックに。大瀧が直接狙うも、GK1がセーブ。

ヴェルディが左サイド、高い位置で6がゴールへ向かう速いクロスを上げれば、オウイエがサイドを変え、受けた江原が五木田とのパス交換から高い位置へ顔を出そうとするなど、試合は一進一退に。

19分にはヴェルディが左クロスのこぼれ球を押し込むも、オフサイドとなり、得点にはならず。直後にはフロンターレ、エリア外左でフリーキックを得ると、オウイエが遠いサイド、高井を狙いボールを入れるも、GK1が阻みシュートは打てず。

時には尾川も中央でボールをものにするなどしていくフロンターレ。26分、浅岡がエリア右へ浮き球を入れると、抜け出したのは岡崎。ここでヴェルディにファールがあり、フロンターレはPKを得ます。しかし、浅岡のシュートは枠をとらえられず。

そこから再び攻めに持ち込むヴェルディ。29分には左サイドからの折り返し、正面で20がシュート。枠をとらえるも福田が好セーブ。左コーナーキックとなり、11が直接右足でゴールへ向かうボールを入れるも右へ。

ヴェルディの時間は続き、30分には20の左クロス、ニアで9が合わせるも、松長根がブロックし左コーナーキックに。11が入れたボール、4が合わせるも右へ。さらに右サイドからエリア内に斜めにパスを入れ、ヴェルディは迫るも江原が中へしぼりクリアし右コーナーキックに。34分にはフロンターレはコーナーキックの際に負傷したオウイエが外へ。五木田が左サイドへ下りコンパクトに。ヴェルディの攻勢をしのいで攻めに持ち込むと、35分には尾川から右へ。岡野一がエリア外右、地を這うようなシュートを打ちますが、GK1がセーブ。

ロスタイムは2分。フロンターレはオウイエに代わり18由井航太が入り右SB、江原が左SBへ。

後半はタイムアップとなり、0-0。PK戦へ。

先攻ヴェルディ、後攻フロンターレで行われたPK戦は、4-5。フロンターレの関東予選はここで終わることになりました。

 

まだシーズンは続いていきます。同じように、PK戦までもつれこむような接戦も、またあるかもしれません。その時には、この日があったからこそ、と思えるような嬉しい結果を出せますように。ここから再び立ち上がっていくフロンターレの姿を、とても楽しみにしています。

前半0-0 後半0-0 計0-0 PK4-5

フロンターレの先発:16福田開人、20江原叡志、10高井幸大、3松長根悠仁、4オウイエ・ウイリアム、5浅岡飛夢(c)、8大瀧螢、2戸田将、29岡野一恭平、11山下陽生、9五木田季晋
交代:山下→36岡崎寅太郎 戸田→32尾川丈 オウイエ→18由井航太

(文中敬称略)

 

福田開人選手
江原叡志選手
山下陽生選手
福田開人選手
江原叡志選手
大瀧螢選手
山下陽生選手
オウイエ・ウイリアム選手
松長根悠仁選手
大瀧螢選手
オウイエ・ウイリアム選手
岡野一恭平選手
戸田将選手
五木田季晋選手
大瀧螢選手
五木田季晋選手
大瀧螢選手
岡野一恭平選手
浅岡飛夢選手
戸田将選手がシュート

戸田将選手
福田開人選手
岡野一恭平選手
松長根悠仁選手
高井幸大選手

後半へ

松長根悠仁選手
松長根悠仁選手
高井幸大選手
福田開人選手
福田開人選手
高井幸大選手
岡崎寅太郎選手
オウイエ・ウイリアム選手

岡崎寅太郎選手

オウイエ・ウイリアム選手
江原叡志選手
岡崎寅太郎選手、尾川丈選手
福田開人選手
岡崎寅太郎選手
松長根悠仁選手

浅岡飛夢選手
岡崎寅太郎選手が倒されPKに

決めることはできず
尾川丈選手
大瀧螢選手

岡野一恭平選手
福田開人選手
由井航太選手

PK戦へ
福田開人選手

PK戦は、4-5
試合を見守った家族やサポータのもとへ

シーズンは続いていく

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です