フロンターレU10 – 柏レイソルU12/ マリノスカップ2次リーグ第3戦


12月27日、F・マリノスカップの2次リーグは最終戦。ここまで1分け1敗の川崎フロンターレU-10は柏レイソルU-12との最終戦に臨みました。

【川崎フロンターレU-10 F・マリノスカップ2次リーグ第3戦 vs 柏レイソルU-12】
12月27日(金)午後0時23分キックオフ 日産追浜総合グラウンド 晴れ一時雨 15分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK1荒井隆成、最終ラインは右から6坂井暉絃、5今廣遥碧、10藤間貴洋、中盤は8山下凛太郎、右に7松田朋也、左に9全天海、前線にはオビオラ・クリスティアン・チノンソ龍。

レイソルの先発は、GK1廣谷謙真、最終ラインは右から12沼端健吾、6奥村翔、3菅原颯太、5平田琉耀、中盤は7松岡直太郎、前線には10長南開史、2小野大輝。

晴天だった日産追浜総合グラウンド。しかし、キックオフが近づくとともに、雨がぽつりぽつりと降り始め、グラウンドのフェンスを倒すような冷たく強い風も吹き始めるなか、試合は始まりました。

立ち上がりはレイソル。奥村のフィードに、沼端が右サイド高い位置へ。フロンターレは藤間がカバー。前にいかせずにマイボールに。

2分にはフロンターレ、坂井が前に持ち上がり、右サイドを突くパスを出すと、松田が右クロス。正面へ走り込んだ全がヘディングシュートを打ちますが右に。得点とはなりませんでしたが、決定的な場面をつくっていきます。

直後には正面でマイボールにした山下。そのパスにエリア右へ松田が抜け出し、シュート。しかし、廣谷がセーブ。さらにフロンターレは、左サイド、藤間、全、オビオラとつなぎ、オビオラがエリア内へ向かい仕掛ける姿勢を見せ、レイソルにボールが渡っても、オビオラがプレスバックからマイボールにするなどしていきます。

4分には、ファールを受けてすばやくリスタート。エリア右、松田がシュートを打ちますが、廣谷がセーブ。レイソルも小野が起点となり、右サイドを長南が仕掛けていきますが、藤間が対応。藤間から受けた全がオビオラとのパス交換からエリア左へ仕掛ける切り替えの良さを出していきますが、レイソルも戻りが速く、止められていきます。

5分にはレイソル、正面で平田がミドルシュート。ここはワンタッチあり、左コーナーキックに。菅原が左足でボールを入れると、遠いサイド、長南がシュート。これが決まり、0-1。先制点はレイソルへ。

追いかける展開となったフロンターレ。8分には、山下のパスにオビオラが右サイド高い位置へ。折り返しに正面で、全がシュートを打ちますがここでもまた廣谷がセーブ。好守に阻まれましたが、決定機をつくりに。

一方のレイソルも、縦パスに正面で前を向いた長南がシュートを打ちますが、荒井がセーブ。荒井はすばやく坂井に預け、坂井のエリア右を突くパスに、松田が抜け出しシュートを打ちますが左へ。レイソルも松岡が持ち上がりますが、坂井が粘り強く寄せ、マイボールに。左の全へ展開しますが、レイソルもうまく体を入れ、マイボールにしていきます。

ともにゴール前に迫る展開は続き、10分にはレイソル、沼端のパスに長南がエリア内へ。シュートを打ちますが、荒井がセーブ。右コーナーキックとなり、菅原が入れたボール、奥村が合わせますが上に。フロンターレも直後には中央の山下のパスに、全がエリア左へ。しかし、シュートは廣谷がセーブ。さらに全がボールをカット、そのパスにエリア右へ松田が抜け出しそうになりますが、平田が対応。

14分には、中央で藤間がカット、オビオラがエリア右へ。折り返しますが、レイソルの守備も粘り強く対応。レイソルもカウンターに持ち込み、小野がエリア正面へ仕掛けていきますが、シュートは荒井がセーブ。前半は0-1でタイムアップとなります。

後半レイソルは、廣谷に代わり16大下幸誠、菅原に代わり11大塚太朗、長南が中盤、松岡が前線へ。

立ち上がりからコーナーキックを得ていくレイソルに対して、それをしのぎオビオラが右から仕掛けていき切り替えの良さを出していくフロンターレ。2分には正面で、全がカット、エリア左へ持ち込みますが、長南が阻みシュートは打てず。一方のレイソルも、フロンターレが後ろからつなぎにいったところを小野のカット、左から折り返しますが、荒井がセーブしていきます。

しかし、3分、レイソルはエリア外左でフリーキックを得ると、小野が直接決めて、0-2に。

フロンターレはここで坂井に代わり18 望月楓矢。望月が左、松田が最終ラインの右、全が右に。フロンターレも、正面やや左でフリーキックを得て、松田が直接狙いますが、大下がセーブ。直後にはレイソル、エリア外右に抜け出した小野がシュート。しかし、わずかに左へ。さらに6分には、縦パスに前を向いた小野のパスに、松岡がエリア左へ。シュートを打ちますが、荒井がセーブ。

フロンターレも、7分には全の縦パスに、藤間がエリア外右に。ファールを受けてフリーキックを得ると、藤間がニアをとらえたシュートを打ちますが、大下がセーブ。

レイソルの攻めに対しては山下がうまく中央でマイボールにしていくフロンターレ。右に開いたオビオラのパスに正面へ望月が迫るなどし、高い位置で望月が寄せてマイボールに。山下が正面へ動き出すオビオラを狙い縦パスを入れるなど、ゴール前での場面をつくっていきます。

しかし、11分、次の1点はレイソルへ。エリア右に抜け出した松岡のシュートが決まり、0-3。

突き放されても、前を向いていくフロンターレ。12分には、藤間のパスに、オビオラが正面へ。シュートを打ちますが、大下の好セーブに阻まれ得点とはならず。13分には山下、オビオラと中央でつなぎ、オビオラのパスにエリア外右、松田がシュートを打ちますが、大下がセーブ。さらに右サイドで全がボールをカット。折り返しに正面でオビオラがシュートを打ちますが、上に。

今廣が持ち上がり縦パスを入れたり、高い位置で望月がマイボールにするなど迫り続けたフロンターレでしたが、得点には至らず。2次リーグは1分け2敗となったフロンターレは5位決定トーナメントへ回ることになりました。

連戦のためか疲れも見えるなかでも、ゴールへ迫る場面はつくれているフロンターレ。体を少しでも休めて、2019年の活動の最終日に、いい結果が出ることを願っています。

前半0-1 後半0-2 計0-3
得点:長南開史、小野大輝、松岡直太郎(レイソル)

フロンターレの先発:1荒井隆成、6坂井暉絃、5今廣遥碧、10藤間貴洋、8山下凛太郎、7松田朋也、9全天海、オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍
交代:坂井→18望月楓矢

レイソルの先発:1廣谷謙真、12沼端健吾、6奥村翔、3菅原颯太、5平田琉耀、7松岡直太郎、10長南開史、2小野大輝
交代:廣谷→16大下幸誠 菅原→11大塚太朗

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

山下凛太郎選手
今廣遥碧選手
山下凛太郎選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
松田朋也選手がシュート
坂井暉絃選手
荒井隆成選手

先制点はレイソルへ
荒井隆成選手
フロンターレもゴールへ迫るが、レイソルの好守に阻まれていく
全天海選手
山下凛太郎選手
今廣遥碧選手
荒井隆成選手
狩野十和選手
川田朔太郎選手
笹倉拓真選手
庄司瑛人選手
中野大虎選手

全天海選手
山下凛太郎選手
荒井隆成選手
松田朋也選手
望月楓矢選手
松田朋也選手
藤間貴洋選手
今廣遥碧選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
今廣遥碧選手

望月楓矢選手
藤間貴洋選手
松田朋也選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
0-3でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です