フロンターレU12 – AC等々力 / 新人戦地区予選


川崎フロンターレが鹿島アントラーズとのアウェーゲームに臨んだ11月14日、川崎フロンターレU-12の5年生たちは、等々力第一サッカー場で、川崎ケーブルテレビ杯新人戦の予選に臨みました。

 

川崎市サッカー協会主催のこの大会は、11月1日から来年1月9日まで地区予選を開催。1月16日から2月16日まで中央大会が行われます。

 

フロンターレは、11月3日、平間FCに26-0、新城SCには16-0で勝利し、ここまで2戦2勝という戦績。

 

なお、この記事はフロンターレに取材を依頼、マスクをつけ、距離に気を配ったうえで写真やメモをとり、書かせていただいています。

 

【川崎フロンターレU-12 川崎ケーブルテレビ杯新人戦地区予選 vs AC等々力】

11月14日(土)午前10時26分キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 15分ハーフ 8人制

 

初戦の対戦相手は、AC等々力。

 

フロンターレの先発は、GK21荒井隆成、最終ラインは29笹倉拓真、17今廣遥碧、中盤は28 土屋瑛太、25山下凛太郎、右に23松田朋也、左に27菅原啓太、前線には18オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍。

 

好天に恵まれ、あたたかな陽気の等々力第一サッカー場。キックオフからフロンターレは後ろでボールを回しラインを高め、オビオラが左に流れるなどしてゴールの前に。

 

1分にはスローインからエリア左へ仕掛けたオビオラがシュート、等々力のGKが阻んだものの、いいかたちで試合に入っていきます。

 

フロンターレは等々力が前に入れていこうとするボールに対しては、今廣がよみよくカット。そのまま持ち上がり、攻めにつなげていくと、2分には開いた笹倉が左にサイドを変え、オビオラへ。オビオラから中央の山下へつながり、山下は縦に仕掛け、シュート。を打ちますがこれは右へ。

 

3分には縦パスを今廣がカット。そのパスに正面へ抜け出したオビオラが、切り返してシュートを打ちますが、上に。

 

左サイドに展開しカウンターに持ち込もうとする等々力に対して、松田のカバーでそれをさせず、再び自分たちでボールを回していく時間をつくるフロンターレ。中央では土屋がボールをカット、すぐさま左の菅原へつなげ、攻めに持ち込んでいきます。

 

6分には、山下のスルーパスに菅原がエリア左へ。シュートはGKがセーブし、右コーナーキックに。等々力はコーナーキックをしのぐも、左サイドの高い位置でスローインを得たフロンターレ。7分、オビオラが仕掛け、その折り返しに正面で松田がシュートを打つと、これが決まり、1-0。フロンターレが先制します。

 

直後にもフロンターレ、今廣から左へ展開。菅原がクロスを上げると、GKはクリア。セカンドボールを拾ったフロンターレは、エリア左で菅原がシュートを打ちますが、ここでもGKがセーブ。

 

さらに右に開いた松田のパスに、エリア正面やや右へ抜け出した山下がシュート。ここでもGKが阻んだものの、フロンターレは次々にチャンスをつくっていきます。

 

9分には高い位置でオビオラがカット。そのパスに菅原がエリア外左へ。シュートを打ちますが上に。さらに相手陣内でボールをうまく奪い、笹倉や今廣も前に持ち出し、山下がうまく間で受けるなどして、ゴールにフロンターレは迫っていきます。

 

11分には、右サイドでうまくターンをした松田が前に持ち出し、ボールはエリア外正面へ。受けた土屋がミドルシュートを打つと、GKはセーブしきれず、ボールはゴールのなかへ。2-0。

 

直後には左に開いた菅原からまたも正面の土屋へ。土屋がミドルシュートを打つと、これもまた決まり、3-0。フロンターレが突き放します。

 

13分には、等々力も左サイドのスローインからシュートに持ち込みますが、荒井がセーブ。

 

フロンターレはさらに左右にボールを動かしながら前に持ち込み、14分には前に持ち上がった今廣から左へ展開。菅原がクロスを入れると、オビオラが頭で合わせますが上に。

 

15分には、エリア外右へ左でオビオラがファールを受け、フリーキックを得るとオビオラは直接狙いますが、枠はとらえられず。前半は3-0でタイムアップとなります。

 

 

 

 

後半フロンターレは、GK30長岐亮、最終ラインは笹倉、26坂井暉弦、中盤は土屋、山下、右に松田、左に菅原、前線にはオビオラ。2人を入れ替えてのスタートに。

 

立ち上がりにはフロンターレ、笹倉が縦に持ち上がり、右へ展開すると、松田の折り返し、正面のスペースにうまく飛び出したオビオラがシュートを打つと、これが決まり、4-0。

 

さらに坂井から中央の山下、山下から左の菅原へ。菅原は縦に仕掛けてクロスを上げると、こぼれ球を拾った山下がシュートを打ちますが、右へ。さらに直後には右サイドから。松田がクロスを入れると、正面やや右へうまく抜け出した山下がシュート。枠は捉えられませんでしたが、次々にチャンスをつくっていきます。

 

フロンターレはさらに土屋や山下が左右にボールを動かし、松田、菅原の両サイドがよく仕掛け、そこからゴールをおびやかしていきます。

 

4分には正面でボールをカットした土屋がミドルシュートを打つも、ボールはバーへ。さらに、山下や土屋が正面で厳しく寄せ、ボールをものにするなど、等々力に流れを渡さず、フロンターレはプレーを重ねていきます。

 

6分には山下が正面でボールをカット、ミドルシュートを打つとこれが決まり、5-0。6分には、土屋から中央へ寄った松田へ。松田のパスに正面へ抜け出したオビオラが倒れ込みながらもシュートを打つと、これが決まり、6-0。

 

さらにフロンターレは山下のスルーパスに、左から斜めにオビオラが動き出すなどして、ゴールを狙い、7分には坂井の左サイドへのパスから、菅原が中央に仕掛け、正面へボールを送ると、オビオラが切り返してシュートを打ちますが、GKがセーブ。

 

8分には笹倉の縦パスを受けた松田がエリア外右へ持ち込み、あまり角度のないところからシュートを打つと7-0。

 

フロンターレは山下や土屋がセカンドボールをものに。菅原や松田もエリア内へ動き出し、相手陣内で時間を重ねていきます。

 

10分には、右サイドから松田が折り返すと、正面やや左で菅原がゴール右を狙い、シュートを打ちますが、右へ。さらにセカンドボールを拾い、土屋がシュートを打ちますが、等々力はブロック。右コーナーキックとなり、山下がボールを入れると、坂井が迫りますが、さわりきれず。

 

11分にはオビオラから右へ展開。松田が仕掛けてマイナスに折り返すと、こぼれ球を拾った土屋がミドルシュートを打ちますが、GKがセーブ。直後には、笹倉の縦パスを間で山下が受け、そのパスに菅原がエリア外左へ。シュートを打ちますが、GKが阻んでいきます。

 

13分には、右コーナーキックを得たフロンターレ。キッカーの山下はショートコーナーを選択。いったん松田に預けて、再び受けた山下が右クロスを上げると、坂井が合わせますが、上に。

 

14分には、セカンドボールを拾った笹倉が前に持ち出し、右コーナーキックを得ると、山下のボールに坂井が合わせますが左へ。

 

フロンターレは右サイドに展開し、ゴールを狙う等々力に対して、坂井が土屋につながるかたちで対応するなど、守備でもしっかりプレーを重ね、試合はまもなくタイムアップ。9-0 で勝利をおさめることになりました。

 

前半3-0 後半4-0 計7-0

 

得点:松田朋也2、土屋瑛太2、オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍2、山下凛太郎

 

フロンターレの先発:21荒井隆成、29笹倉拓真、17今廣遥碧、28土屋瑛太、25山下凛太郎、23松田朋也、27菅原啓太、18オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍

 

交代:荒井→30長岐亮 今廣→26坂井暉弦

 

(文中敬称略)

 

荒井隆成選手
藤間貴洋選手
松田朋也選手
笹倉拓真選手
坂井暉弦選手
矢島卓郎コーチの話を聞く選手たち
坂井暉弦選手
土屋瑛太選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
荒井隆成選手
笹倉拓真選手
山下凛太郎選手
松田朋也選手
笹倉拓真選手
菅原啓太選手
笹倉拓真選手
今廣遥碧選手

土屋瑛太選手
土屋瑛太選手は立て続けにミドルシュートを決めて2得点
松田朋也選手
土屋瑛太選手
坂井暉弦選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手

山下凛太郎選手
山下凛太郎選手
松田朋也選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
松田朋也選手
坂井暉弦選手
山下凛太郎選手も2得点
土屋瑛太選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手も2ゴールを決めた
松田朋也選手
山下凛太郎選手
笹倉拓真選手

坂井暉弦選手がゴールに迫る
坂井暉弦選手
松田朋也選手
長岐亮選手
山下凛太郎選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
坂井暉弦選手
菅原啓太選手

笹倉拓真選手
7-0でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です