フロンターレU12 – FC中原 / 新人戦地区予選


川崎フロンターレが3度目のJ1リーグ優勝を決め、初めての週末となった11月28日。川崎フロンターレU-12の5年生とU-10の選手たちが川崎ケーブルテレビ杯新人戦の地区予選に臨みました。フロンターレはAC等々力と大谷戸SCに勝利したあとは、プルチーニFCに6-0で勝利し5連勝。この日の対戦相手はFC中原と東住吉SC。

 

なお、この記事はフロンターレに取材を依頼し、マスクをつけ距離に気を配ったうえでメモや写真をとり、書かせていただいています。

 

【川崎フロンターレU-12 川崎ケーブルテレビ杯新人戦地区予選 vs FC中原】

11月28日(土)午前8時28分キックオフ 等々力第一サッカー場 晴れ 15分ハーフ 8人制

 

フロンターレの先発は、GK21荒井隆成、最終ラインは29笹倉拓真、26坂井暉絃、中盤は25山下凛太郎、17今廣遥碧、右に23松田朋也、左に27菅原啓太、前線には18オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍。

 

時折冷たい風こそ吹くものの、青空が広がり好天に恵まれた等々力第一サッカー場。フロンターレは1分には右に流れたオビオラがエリア右に向かって仕掛け折り返すと、正面で今廣がシュート。上に外れたものの、いいかたちで試合に入っていきます。

 

ラインを高め、坂井や笹倉がサイドに展開しながら押し込んでいくフロンターレ。時には最終ラインに今廣が下り、そのパスを受けた坂井が前に持ち上がり、縦にパスを入れ、ゴールをうかがっていきます。

 

3分、フロンターレは今廣のスルーパスにエリア内にオビオラが抜け出すと、これに対してFC中原はファール。PKを得ます。キッカーはオビオラ。ゴールに決めて、1-0。先制点はフロンターレへ。

 

フロンターレは右サイドから攻めに持ち込もうとするFC中原に対して、菅原がカバー。中央の今廣へしっかりつなげ、守備から攻めへの切り替えの速さを示していきます。

 

右サイドの松田が、山下のパスに斜めにエリア右へ仕掛ける姿勢を見せ、左サイドでは坂井の縦パスに抜け出した菅原が高い位置へ仕掛け、中と外を使いながら、ゴールを狙いにいきます。

 

5分には菅原のパスに左へ流れたオビオラがエリア左へ仕掛け、角度のないところからシュートを打ちますが、FC中原のGK1がセーブ。

 

コーナーキックを得たフロンターレは、シュートにこそ持ち込めなかったものの、高い位置で松田がボールをカット。中央の山下が左に展開。菅原へつながり、間でオビオラが受けて、相手陣内で時間を重ねていきます。

 

7分には左サイドの高い位置へ抜け出したオビオラがエリア内へ仕掛け、折り返すとニアで松田がシュート。これが決まり、2-0。追加点はフロンターレへ。

 

さらに攻めるフロンターレ、坂井がFC中原の縦パスをカット。すぐさま下がり目のオビオラへ縦につけて、おさめたオビオラはうまく前を向いて左に展開。山下が高い位置をうかがい、攻めにつなげていきます。

 

14分には、持ち上がった笹倉の右サイドを突くパスに、抜け出した松田が高い位置へ。中央へ切れ込み、エリア右へパスを出すと、オビオラが抜け出し、シュート。左にそれたものの、選手それぞれがかみ合いながら、チャンスをつくっていきます。

 

さらに下がり目でオビオラがボールをキープ。松田や菅原が高い位置をうかがい、ゴールに迫るフロンターレ。15分には今廣のパスをエリア外で受けた菅原がミドルシュート。GK1がいったんは止めたものの、こぼれ球を拾ったオビオラがシュートを打つと、ボールはゴールのなかへ。3-0。フロンターレが突き放し、前半はタイムアップとなります。

 

 

 

後半フロンターレは、GK30長岐亮、最終ラインは今廣、4庄司瑛人、中盤は10中野大虎、22全天海、右に7川田朔太郎、左に20藤間貴洋、前線には24木村風斗。庄司、中野、川田とU-10の3選手もピッチへ。

 

立ち上がりには、フロンターレ、右に流れた木村がスルーパスを出すと、エリア左へ抜け出したのは全。シュートを打つとこれが決まり、4-0。立ち上がりからフロンターレが突き放します。

 

フロンターレは直後には、今廣が持ち上がりスルーパスを出すと、正面へ抜け出した木村が切り返してシュート。GK1が弾きながらも防いだところ、エリア外右で拾った川田がシュート。右に外れたものの、選手それぞれがゴールへ向かう姿勢を見せていくのはフロンターレ。

 

3分には、右サイドを川田が仕掛けて、高い位置へ。折り返しに反応した全のシュートはGK1がセーブし、右コーナーキックに。中野が左足でボールを入れると、庄司が合わせたボールはいったんはFC中原がブロックするも、今廣が押し込み、5-0。

 

さらに4分には左サイドに開いた全が正面へドリブルで運び、右へパスを出すと川田へつながり、川田はゴールへ向かう動きを見せ、正面へパスを出すと中野が放ったシュートが決まり、6-0。立て続けのゴールでフロンターレは突き放していきます。

 

たたみかけるフロンターレは7分には、左サイドで受けた全が、左サイドの高い位置へ流れた藤間がつくったスペースを使い、エリア右へ。シュートは右にそれたものの、チームとしての連係と個人の力とが合わさって、決定機をつくっていきます。

 

8分には庄司の縦パスに木村が左サイドへ流れ、折り返すと正面で藤間が放ったシュートが決まり、7-0。

 

直後には、右サイドの高い位置で受けた川田のパスに木村がエリア外右へ。折り返しは、ブロックされ、右コーナーキックに。コーナーキックのセカンドボールを高い位置でものにし、藤間がエリア外でミドルシュートを打つと、GK1が防いだところ、詰めた木村が決めて、8-0。

 

今廣、庄司がうまく持ち上がり、間で受ける中野らが左右に散らし、川田や全、藤間が裏を突く動きを見せながら攻めていくフロンターレ。13分には右サイド、仕掛けた川田のパスに、うまく正面へ木村が抜け出しますが、オフサイド。

 

14分には、さらにフロンターレ、庄司の縦パスを左サイドで受けた藤間から全へつながり、全が切り返してエリア左へ。折り返しを正面で木村が押し込み、9-0。

 

フロンターレは川田や全がうまくドリブルで仕掛ける姿勢を見せながらFC中原陣内でプレーを重ね、試合はまもなくタイムアップ。9-0。それぞれの個性と連係がチームの力になっていると感じさせられるかたちで、勝利をおさめました。

 

前半3-0 後半6-0 計9-0

 

得点:オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍2=1PK、松田朋也、全天海、今廣遥碧、中野大虎、藤間貴洋、木村風斗2

 

 

フロンターレの先発:21荒井隆成、29笹倉拓真、26坂井暉絃、25山下凛太郎、17今廣遥碧、23松田朋也、27菅原啓太、18オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍

 

後半のメンバー:30長岐亮、今廣、4庄司瑛人、10中野大虎、22全天海、7川田朔太郎、20藤間貴洋、24木村風斗

 

(文中敬称略)

荒井隆成選手
全天海選手
笹倉拓真選手
庄司瑛人選手
山下凛太郎選手
中野大虎選手
菅原啓太選手
今廣遥碧選手
長岐亮選手
今廣遥碧選手
木村風斗選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
藤間貴洋選手
松田朋也選手

川田朔太郎選手
前半に臨む選手たち
荒井隆成選手
笹倉拓真選手
今廣遥碧選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手
笹倉拓真選手
オビオラ・クリスティアン・チノンソ龍選手がPKを決めて1-0

菅原啓太選手
今廣遥碧選手
山下凛太郎選手
笹倉拓真選手
坂井暉絃選手
松田朋也選手が決めて2-0

坂井暉絃選手
松田朋也選手
長岐亮選手
川田朔太郎選手
全天海選手

4-0に

庄司瑛人選手
木村風斗選手

今廣遥碧選手が押し込み5-0

今廣遥碧選手
中野大虎選手
川田朔太郎選手
中野大虎選手がシュート
6-0に
全天海選手
中野大虎選手
全天海選手
中野大虎選手
川田朔太郎選手
庄司瑛人選手
木村風斗選手

藤間貴洋選手が決めて7-0

木村風斗選手

藤間貴洋選手
庄司瑛人選手
中野大虎選手
全天海選手

長岐亮選手
全天海選手
庄司瑛人選手
藤間貴洋選手
川田朔太郎選手
木村風斗選手は2得点。9-0でフロンターレが勝利した

 

 

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です