1ショット日記「初勝利」


6月27日、名古屋市港サッカー場で行われたJFL第14節、FC刈谷vsホンダロックSC。12年ぶりにJFLの舞台に帰ってきたものの、未勝利だった刈谷は、44分に田中貴大選手のゴールで先制。終盤はホンダロックの猛攻を受けるも選手一丸となって跳ね返し、試合はタイムアップ。今季初勝利は、実に2009年以来のリーグ戦での勝利ともなりました。

この日はベンチスタートだった、川崎フロンターレU-18出身のFW西原樹選手は、84分からピッチへ。終了間際には、左コーナー付近で体を張り、ボールをキープ。逃げ切りに貢献しました。

13試合を終えて勝ち点は5、順位は17チーム中17と、刈谷の残留までの道のりはまだまだ険しいもの。それでも、ひとつの勝利は、上昇気流に乗るきっかけにもなるかもしれません。

この日刈谷から駆けつけ、幕や拍手で選手たちを支え、そして勝利を分かち合ったサポーターたちに、これからのシーズン、大きな喜びをもたらすようなプレーを西原選手が見せていきますように。活躍をとても楽しみにしています。

終盤ボールキープを図る西原樹選手

FC刈谷が初勝利をおさめた
チームメートと喜びを分かち合う西原樹選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です