フロンターレU13 – 鹿島アントラーズジュニアユース / 関東ユース第2節


関東ユース(U-13)サッカーリーグは、5月22日に開幕を迎え、1部Aブロックの川崎フロンターレU-13は、栃木SCと対戦し、3-1で勝利。白星で新たなシーズンのスタートを切りました。

6月4日、鹿島アントラーズアカデミーフィールドで行われた第2節では、鹿島アントラーズジュニアユースとの試合に臨みました。

 

なお、この記事はフロンターレに取材を依頼し、了承を得たうえで書かせていただきました。


【川崎フロンターレU-13 関東ユース(U-13)サッカーリーグ1部Aブロック第2節 vs 鹿島アントラーズジュニアユース】

6月4日(土)午後0時57分キックオフ 鹿島アントラーズアカデミーフィールド 晴れ 30分ハーフ

フロンターレの先発は、GK51加藤直介、最終ラインは右から7大原比呂、25小田浩資、キャプテンの4坂井暉絃、3草野心音、ボランチは5今廣遥碧、6加藤昊、右MF8小田脩人、左MF13武内勇人、前線には9全天海、15十河晟央。


雲ひとつ見当たらない青空が広がった鹿島アントラーズアカデミーフィールドは、海に近い鹿嶋らしく、さわやかな海風が通り抜ける過ごしやすい気候。

両チームの選手の家族らがピッチ脇から見つめるなか、試合は始まりました。


立ち上がりは、鹿島がラインを高く保ち、後ろから背後へ、ボールを入れながら、フロンターレの陣内へ出ていく時間が続いていきます。

3分には、3から右サイドを突くパスが出て、8が高い位置へ。切り返して振り切り、クロスを入れていきますが、フロンターレはエリア内でクリア。

直後には右サイドでのスローイン、受けた8がふたたび仕掛け、エリア外右へ。折り返していきますが、フロンターレは武内がブロック。

右コーナーキックとなり、29が左足でボールを入れると、遠いサイド、8がシュートを打ちますが、ワンタッチあり、左コーナーキックに。

10が右足でボールを入れると、ニアで4が頭で合わせ、枠をとらえますが、ライン上で坂井がクリア。最後のところでしのいでいきます。



フロンターレも、5分には、全が高い位置でファールを受け、草野がすばやいリスタートで、十河を走らせると、十河が仕掛けて、左コーナーキックに。

武内が右足でボールを入れ、セカンドボールを拾ったフロンターレは、草野から左サイドを突くパスが出て、武内につながりますが、鹿島も厳しい守りを見せ、前に行かせず。


ふたたび攻めに転じていく鹿島は、背後を突くパスに、8やキャプテンの10が抜け出そうとしていきますが、フロンターレは草野や坂井がカバー。

さらに前線の11がボールをキープ。そこから中盤の29へつながり、左サイドに展開。左SBの4がクロスを入れていきますが、加藤直介がセーブ。


フロンターレとしては、なかなか前にいけない時間が続いていきますが、最後のところでしのいでいきます。


鹿島が11がボールをキープし、高い位置で起点をつくる時間は続き、さらに、フロンターレが最終ラインから中盤へボールを入れていくところも狙い、高い位置でボールもカットしていきます。

9分には、11が正面でカットし、そのパスに9がエリア右へ。フロンターレは体を張って阻み、左コーナーキックに。

10が右足でボールを入れると、最後は遠いサイド、18が右足でシュート。枠をとらえますが、加藤直介がセーブ。

10分には右に開いた右SBの17のパスに、8がエリア右へ仕掛けていきますが、坂井が体を入れて、ゴールキックに。


鹿島の時間帯が続いていきますが、フロンターレもしっかり体を張って向き合っていきます。


フロンターレも、十河が下がり目でボールをおさめ、そこから中盤の今廣を経由して、サイドに展開しようとしていきますが、鹿島の出足の良さが上回り、前にいけず。

さらに最終ラインの小田浩資、坂井が開いて、中央の今廣や加藤昊に、加藤直介が縦につけようとしていきますが、鹿島の寄せが速くなかなか前にいけず、逆に鹿島がボールを奪ったところから攻めに転じる時間が続いていきます。

12分には、中央で鹿島がカットし、右に展開。仕掛けてきた8に対し、草野がブロック。右コーナーキックに。29がボールを入れると、左サイドでボールを拾った8が左クロス。これに遠いサイド、合わせたのは11。ボールはゴールのなかへ。0-1。

先制点は鹿島へ。フロンターレは追いかける展開に。


中央を今廣が持ち上がるなどし、攻めを試みていくフロンターレ。しかし、鹿島の中盤、18や29、10に奪われて、そこから逆に鹿島が前に持ち込んでいく時間が続いていきます。

それでも、フロンターレは最終ラインの草野や坂井、小田浩資らが粘り強く、最後のところで守っていきます。


飲水タイムをはさんで、20分にはフロンターレ、小田浩資から右に展開。小田脩人につながり、大原とのパス交換から、小田脩人はエリア外右へ。ミドルシュートを打ちますが、鹿島のGK16がセーブ。

ようやく、フロンターレがシュートまでいけるように。



フロンターレは、草野のパスを、武内がうまく間で受け、左に流れた全が、エリア内へ向かって仕掛けていく姿勢を見せるなど、つながりをもってプレーする時間をつくっていきます。


しかし、22分、鹿島はボールを奪ったところから、11がエリア内へ抜け出し、シュート。これが決まり、0-2。

うまくボールが回りつつあったところでしたが、フロンターレは突き放されてしまいます。


直後には、ふたたび鹿島、左に流れた10のスルーパスに、11がエリア左へ。1対1となりますが、シュートは加藤直介が足で阻む好セーブ。



左コーナーキックとなりセカンドボールを拾った鹿島は、最後はエリア外正面、9がシュートを打ちますが、ワンタッチあり、上に。

右コーナーキックとなり、キッカーの29はショートコーナーを選択。いったん11に預け、ふたたび受けた29は右クロスを入れますが、フロンターレはクリア。

左コーナーキックとなり、10がボールを入れると、18が合わせますが、加藤直介がセーブ。

加藤直介はすばやくリスタート。草野のパスに、うまく裏へ抜け出した十河が仕掛けていきますが、鹿島も最後のところで守り、フロンターレの左コーナーキックに。


武内が右足で入れたボールはシュートにはつながらず、鹿島のカウンターへ。

8から左に展開。11の左クロス、エリア内、ニアに9が飛び込みますが、シュートは上。鹿島がゴールをおびやかしていきます。



28分にはさらに鹿島、中央でフロンターレが組み立てようとしたところ、18がカット。シュートはゴール左をとらえますが、加藤直介がここでも好セーブ。

29分には、11のボールキープから右に展開。8が仕掛け、スルーパスを狙うも、小田浩資がクリア。

右コーナーキックとなり、10がボールを入れると、11が合わせますが上に。

31分には、ルーズボールをエリア外正面で拾った10が、加藤直介がやや前に出ていたところを狙い、ループ気味のミドルシュートを打ちますが、上に。


前半は0-2でタイムアップとなります。

 

 



後半フロンターレは、全に代わり11徳本櫂斗、加藤昊に代わり14沓野楓が入ってのスタート。


立ち上がり、ラインを高めていくフロンターレ。交代で入った沓野が、十河にボールを預けて、前に動き出したり、また、徳本も背後へうまく飛び出すなどして、相手エリア前で時間をつくっていきます。


十河が下がり目でボールをおさめ、今廣や沓野がボールに触れ、大原も高い位置へ上がるなど、人をかけて時間をつくれるようになっていくフロンターレ。

3分には、右サイド、高い位置へ抜け出した小田脩人がクロス、ニアで十河がシュートを打ちますが、右に。



4分には、鹿島、左サイドからの攻めに。4のパスに、11がエリア左へ。切り返してシュートを打ちまっすが、加藤直介がセーブしていきます。


5分にはフロンターレ、今廣から沓野とつながり、沓野のパスを十河が下がり目で受け、そこから右サイドの小田脩人へ。小田脩人のパスを高い位置で受けた大原のクロスは、鹿島がブロックし、右コーナーキックに。


キッカー、武内が右足でボールを入れると、頭で合わせたのは十河。ボールはゴールのなかへ。1-2。

フロンターレがついに1点を返します。


フロンターレは、ボールをものにした沓野がすぐさま、徳本へつけ、そこから右の小田脩人につながるなど、守備から攻めへの切り替えの速さを見せていきます。


7分には鹿島、中央で10がボールを奪い、右に展開。エリア外右、8がミドルシュートを打ちますが、枠外。


フロンターレは、今廣や沓野、また、小田脩人や武内も中央に顔を出すなどして、ボールを自分たちで動かす時間をつくり、最終ラインの坂井や小田浩資に、沓野や今廣がかかわり、裏を突いたボールに、徳本や十河が動き出して、ゴールへ向かっていきます。


鹿島もサイドに展開し、エリア内へボールを入れていきますが、フロンターレは大原がしぼって対応し、シュートまではいかせず。


11分には、大原の縦パスを、沓野が間で受け、右に流れた十河に展開。十河のパスに、徳本が正面へ。エリア内へ仕掛けていきますが、鹿島の守備が阻んでいきます。


12分には、鹿島、9の右サイドを突くパスに、8が抜け出しそうになりますが、草野が粘り強く足を伸ばし、阻む好守。


細かく多くの人がかかわって動かしていくフロンターレ。15分には、下がり目で受けた徳本から右に展開。小田脩人につながり、小田脩人のパスに、十河が右サイドの高い位置へ。

十河のパスに、エリア右、抜け出したのは小田脩人。シュートは鹿島が阻むも、こぼれ球を徳本が押し込み、2-2。


フロンターレが同点に追いつきます。




飲水タイムをはさんで、鹿島に対して、今廣や坂井が厳しく寄せ、ボールを奪い取るなどしていくフロンターレ。沓野がうまく体を入れ、そこから背後を突くパスを出すなど、選手それぞれが、戦う姿勢を見せ、ゴールへ向かう動きを見せていきます。


一方の鹿島も、18分には、エリア外右で10がボールをカット。加藤直介がやや前に出ているところを見て、ミドルシュートを打ちますが左に。


直後には、右サイド、高い位置へ抜け出した8が折り返しますが、エリア内で沓野がカバー。


ふたたび攻めに転じたフロンターレは、小田浩資から右に展開。大原の縦パスを、右サイドの高い位置へ流れた十河がおさめ、いったん小田脩人に預けて、エリア外右で受けた十河が折り返すも、鹿島はクリア。

コーナーキックをしのいだ鹿島は、9が左サイドを仕掛けていきますが、大原が1対1の強さを見せ、奪い返す好守。


鹿島は、中盤の18に代えて、30が前線へ。


23分には、エリア左を突くパスに、その30が抜け出しますが、シュートは加藤直介がセーブ。最後は、草野がクリア。

25分には、鹿島、右コーナーキックを得ると、セカンドボールを正面で拾い、縦パスに、11が正面へ。しかし、武内がカバー。

さらに、26分には10のスルーパスに、11がエリア内へ。1対1となりますが、草野がすばやく戻り、エリア内へ。シュートは打たせず、奪い取るすばらしいカバー。


鹿島の攻勢は続き、28分には、8が絵エリア右へ。シュートを打ちますが、加藤直介がセーブ。

こぼれ球を拾った鹿島は、10がエリア外から枠をとらえたミドルシュートを打ちますが、加藤直介がセーブ。さらに30が詰めていきますが、ここでも加藤直介がセーブ。

勢いを取り戻した鹿島に対し、最後のところで守っていきます。


うまく9が間で受けるなどし、縦に鋭いパスも入れてくる鹿島に対して、コンパクトにし対応していくフロンターレ。

すると31分、フロンターレはカウンターに。十河が一気にエリア正面へ持ち込んで、シュートを打つと、GK16がいったんは阻むも、こぼれ球を押し込み、3-2。

勝ち越したのはフロンターレ。ついに逆転します。


しかし、33分、鹿島は、29から裏を突くパスに、抜け出したのは30。エリア左でシュートを打つと、ボールはポストに。

こぼれ球に詰めたのは9。体ごと、ゴールへ押し込み、3-3。

試合はここでタイムアップ。3-3。ラストワンプレーで、鹿島が追いつき、勝ち点1を分け合うことになりました。


前半の劣勢から見事に流れを引き戻し、勝ち越しのゴールまでものにしたフロンターレ。選手それぞれが、球際に厳しく戦う姿勢も見せたことが心に残る試合となりました。

最後に追いつかれたことも、きっと、これからの糧になっていく、と思います。

U-12から昇格した選手に、今季から多くの選手も加わり、どんなチームになっていくのか、とても楽しみにしています。

前半0-2 後半3-1 計3-3


得点:十河晟央2、徳本櫂斗(フロンターレ)

フロンターレの先発:51加藤直介、7大原比呂、25小田浩資、4坂井暉絃(c)、3草野心音、5今廣遥碧、6加藤昊、8小田脩人、13武内勇人、9全天海、15十河晟央

交代:加藤昊→14沓野楓 全→11徳本櫂斗


(文中敬称略)

加藤直介選手
試合を前にした選手たち

坂井暉絃選手

田中瑛登選手

沓野楓選手

フロンターレの先発メンバー

ピッチへ

円陣を組む選手たち

全天海選手
十河晟央選手
草野心音選手
加藤昊選手
加藤直介選手
小田浩資選手
加藤昊選手
坂井暉絃選手
武内勇人選手

大原比呂選手
加藤昊選手
加藤直介選手
武内勇人選手
加藤直介選手
十河晟央選手
草野心音選手
大原比呂選手
加藤昊選手

先制点は鹿島へ
今廣遥碧選手
加藤昊選手
坂井暉絃選手
今廣遥碧選手
今廣遥碧選手
今廣遥碧選手
小田浩資選手
十河晟央選手、全天海選手
坂井暉絃選手
大原比呂選手
全天海選手
十河晟央選手
十河晟央選手
加藤直介選手

武内勇人選手

全天海選手
小田脩人選手
坂井暉絃選手

加藤直介選手
坂井暉絃選手

好守を見せた加藤直介選手
十河晟央選手
加藤昊選手
坂井暉絃選手
大原比呂選手
坂井暉絃選手
草野心音選手
全天海選手
小田脩人選手
前半は0-2

ハーフタイムの選手たち

徳本櫂斗選手と沓野楓選手がピッチへ
十河晟央選手

小田浩資選手
沓野楓選手
十河晟央選手
十河晟央選手が決め1-2

今廣遥碧選手
小田浩資選手
沓野楓選手
草野心音選手
大原比呂選手
加藤直介選手
今廣遥碧選手
大原比呂選手
大原比呂選手
徳本櫂斗選手
小田脩人選手
武内勇人選手
今廣遥碧選手

徳本櫂斗選手が決め2-2

武内勇人選手
草野心音選手
加藤直介選手
徳本櫂斗選手

加藤直介選手
小田浩資選手
大原比呂選手
沓野楓選手

 

 

武内勇人選手
大原比呂選手
加藤直介選手
大原比呂選手

加藤直介選手
十河晟央選手

シュートを打つ

3-2。フロンターレが勝ち越し!

今廣遥碧選手

3-3。ラストプレーで鹿島が追いついた

練習試合に出場した藤間貴洋選手
練習試合に出場した田中瑛登選手
練習試合に出場した植木琉斗選手
練習試合に出場した西川航雅選手
植木琉斗選手
田中瑛登選手
練習試合にも出場した全天海選手
藤間貴洋選手
練習試合にも出場した沓野楓選手
練習試合にも出場した加藤昊選手
加藤昊選手
坂井暉絃選手
練習試合に出場した土屋瑛大選手。ゴールも決めた
練習試合でも徳本櫂斗選手がゴールを決めた

練習試合にも出場した大原比呂選手
土屋瑛大選手
坂井暉絃選手
藤間貴洋選手
土屋瑛大選手
練習試合では沓野楓選手も得点を決めた
西川航雅選手
大原比呂選手
藤間貴洋選手
西川航雅選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。