1ショット日記「昇格なるか」


img_5440

10月2日、学習院大北グラウンドにておこなわれた東京都大学サッカーリーグ1部第16節、山梨学院大vs日本大、日大のゴールを守った川崎フロンターレU-18出身のGK岡本享也選手。2013年、Jユースカップでベスト4に進出するなど躍進したU-18のGKの座を玉永大地選手(現専修大)や深谷星太選手(現東京農業大)と競った選手でした。大学三年生となり、リーグ戦で首位を争う日大の最後尾を支えています。

昨年関東大学サッカーリーグ2部から降格した日大はこの日は引き分けて、残り2試合で勝ち点30の3位。4位以内が決まり、関東大学サッカーリーグへの昇格を決める関東大学サッカー大会への出場権を得ることになりました。昇格できるのは、東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、北関東の各リーグから出場する8チームのうち、2チーム。昇格には岡本選手の好守が必要になる場面もやってくるはず。厳しくタフな戦いを勝ち抜いて、来年岡本選手のプレーを関東の舞台で見られることを願っています。

【東京都大学サッカーリーグ1部第16節 山梨学院大vs日本大】
10月2日(日)午後0時10分キックオフ 学習院大北グラウンド 晴れ
前半0-0 後半1-1 計1-1
得点:高橋建也(山梨学院大) 小田大樹(日本大)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です