フロンターレU10 – 中野島FCW / かわしん杯決勝


7月9日、等々力陸上競技場では、川崎市の小学校4年生年代の大会、かわしん杯ジュニアサッカー大会が行われました。川崎フロンターレU-10は準決勝でFCパーシモンに3-0で勝利。決勝では、FC中原Bに2-1で競り勝った中野島FC Wと対戦しました。

【川崎フロンターレU-10 第24回かわしん杯ジュニアサッカー大会 vs 中野島FC W】
7月9日(日)午後2時10分キックオフ 等々力陸上競技場 晴れ 8人制 15分ハーフ

フロンターレの先発はGK1メンディーサイモン友、最終ラインは右から7柏村涼太、6楠田遥希、3陶山響、中盤には11平塚隼人、右に8榎本司、左に4佐々木雄基、FWにはキャプテンの10新堀翔が入りました。

多くの人々が、等々力陸上競技場のメインスタンドに集まり、中野島FCの応援団が大声援を送る中、試合は始まりました。

キックオフとともに中野島FC、8が枠内シュートを打つもこれはGKメンディーがキャッチ。フロンターレも陶山の縦パスを左サイドで佐々木が受け、うまく前を向いて、エリア内へ。GK1にクリアされ、シュートには至りませんでしたが。中野島FCもフロンターレも、ともに積極的な立ち上がりに。

フロンターレは、2分には、スローインの流れから右サイドから新堀が抜け出すもこれはオフサイド。直後には中野島FCも左からキャプテンの7が抜け出しますが、楠田がボールをカットして、そのまま、持ち上がりミドルシュート。枠をとらえますが、中野島FCのGK1がこれを弾き出す好セーブを見せ、ゴールとはなりません。

しかし、なおも佐々木や榎本、新堀らがよく仕掛けて攻勢に出るフロンターレ、5分、エリア外でこぼれ球を拾った平塚のループシュートがGK1の頭上を越えて決まり、ゴールネットを揺らします。1-0。ゴールを決めた平塚は、ぐるっと回って仁王立ちをする、クリスティアーノ・ロナウドのようなパフォーマンスで、喜びを表します。

楠田が積極的に前に出て、ラインを高く保つフロンターレ。柏村や陶山も、榎本や佐々木によく縦パスをつけて高い位置に上がるなど、なおも攻勢に出ていきます。7分には新堀がGK1と1対1になりますが、GK1が好守でこれを防いで追加点とはならず。

給水タイムを挟んで8分には、右から榎本がドリブルで仕掛けて、エリア内へパス。左から佐々木が抜け出しますが、ここもGK1が好守。さらに楠田がボールを奪ったところから平塚にパスを入れるなど、攻守の切り替えよく追加点をフロンターレは目指していきます。

中野島FCもセンターライン付近からのフリーキック、7がエリア内へボールを入れてきますが、陶山がしっかり跳ね返して決定機にはつながらず。11分には7のパスにエリア前、11が抜け出しますが、フロンターレはメンディーが前に出てシュートは打たせず。14分には、左サイドの11から右へ展開。7が受け、そのパスに23が抜け出してシュートを打つもこれはわずかに右。中野島FCもフロンターレのゴールをおびやかす場面をつくっていきますが、前半は1-0。フロンターレがリードしてタイムアップとなります。

後半、最終ラインからボールを回しながら追加点を狙っていくフロンターレ。陶山が高い位置に出て、縦へパスを入れ、エリア内へ佐々木が顔を出すなど、攻勢に出ていきます。1分にはエリア外左でフリーキックを得ると、新堀が直接ゴールを狙いますが、これは枠はとらえられず。さらに佐々木が左サイドから仕掛けるなどしていき、陶山もボールを持ち上がって、エリア内へパスを出すなどしていきますが、シュートにはつながらず。

5分には榎本に代わって9ステンパールカ大翔が入り、さらに佐々木に代わって13奥田悠真が入り、ステンパーが右サイド、新堀が左サイド、FWに奥田が入ります。

給水タイムを挟んで、9分には、右サイドのステンパーから平塚を経由して、左へ展開。陶山、新堀とつないで、リターンを受けた平塚がミドルシュートを放ちますが、中野島FCのGK1がこれを防ぎ追加点とはならず。続いて、左からのコーナーキック、平塚が左足で入れたボールに、柏村が合わせますが、右へ。12分には右からのスローインを受けた奥田が、エリア右へ抜け出してシュート。しかし、左へ。さらに平塚が左サイドから中へ仕掛け、折り返しに新堀が反応しますが、シュートは上に。追加点はなかなか上げられませんでしたが、各選手がよく仕掛けて、フロンターレは攻勢に出ていきます。

14分、新堀のエリア外左のフリーキックはGK1が弾き、防がれてしまいますが、これで得たコーナーキック、平塚のボールに柏村が合わせてゴールネットを揺らします。2-0。ついに得た追加点。

ロスタイム、中野島FCもセンターライン付近からのフリーキック、直接ゴールを狙ってきますが、メンディーがしっかりキャッチ。試合はタイムアップとなり、2-0。

フロンターレは4年ぶりにかわしん杯を制しました。

前半1-0 後半1-0 計2-0
得点:平塚隼人、柏村涼太

フロンターレの先発:1メンディーサイモン友、7柏村涼太、6楠田遥希、3陶山響、11平塚隼人、8榎本司、4佐々木雄基、10新堀翔(c)
交代:榎本→9ステンパールカ大翔 佐々木→13奥田悠真

攻守に最後まで懸命にプレーし、フロンターレがゴールを追い求めたこと。大声援を背に受けて、中野島FC Wが最後までよく戦い抜いたこと。ラストワンプレーでFC中原BがFCパーシモンに追いつき、PK戦の末に競り勝った3位決定戦など、好ゲームが繰り広げられたことも、これからが楽しみになるものでした。

(文中敬称略)

決勝戦に臨むフロンターレの選手たち
円陣を組む
GKを務めたメンディーサイモン友選手
楠田遥希選手が仕掛けていく
競り合う柏村涼太選手
セットプレーからゴールを狙う
フロンターレが切り替えよく攻勢に
ゴールを決めて喜ぶ平塚隼人選手

チーム全員で喜んだ
新堀翔選手
積極的にエリア内へ顔を出した佐々木雄基選手
メンディーサイモン友選手
榎本司選手
楠田遥希選手
メンディーサイモン友選手
榎本司選手
陶山響選手

ステンパールカ大翔選手

奥田悠真選手

追加点を決めた柏村涼太選手
楠田遥希選手

メンディーサイモン友選手。フリーキックもしっかりキャッチした
平塚隼人選手
2-0でタイムアップ
トロフィーを受け取るキャプテンの新堀翔選手

4年ぶりにフロンターレがかわしん杯を制した

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です