フロンターレU15 – 湘南ベルマーレジュニアユース / 高円宮杯関東大会準決勝


11月14日は群馬県榛東村にあるしんとう総合グラウンドへ。高崎駅からバスに揺られて40分ほど。川崎フロンターレU-15が高円宮杯関東大会準決勝で湘南ベルマーレジュニアユースと対戦しました

【川崎フロンターレU-15 高円宮杯関東大会準決勝vs湘南ベルマーレジュニアユース】
11月14日(土)午後1時半キックオフ しんとう総合グラウンド 雨
フロンターレの先発はGK21安福祐一、DFは右から36栗田悠巨、13島崎元、2高吉正真、23森璃太、ボランチに5安永玲央、6古岡佑斗、右MF31宮城天、左MF28中島大成、トップ下に10横田大祐、FWはキャプテンを務める9山田新。2回戦の水戸ホーリーホックジュニアユース戦からGKと左MFの2選手を入れ換えて試合に臨みました。

試合を前にしたフロンターレの選手たち
試合を前にしたフロンターレの選手たち

「ボールを回していこう」。キックオフ前にそう声を掛け合って始まった試合でしたが、フロンターレは前半、寄せの早い湘南の前に苦しみなかなか攻撃の形をつくれません。マイボールにしてもパスがずれる場面も目立ち。なかなかペースをつかめないでいると湘南の縦に速い攻めにさらされてしまいます。それでも高吉、島崎ら最終ラインの選手たちの粘り強い守備、また湘南もフィニッシュの精度は欠いていたこともあり、双方ゴールを割れないまま時間が過ぎていきます。17分には自陣でボールを失ったところからエリア外正面でミドルシュートを打たれてしまいますが、安福がこれを弾きとばす好守で防ぐと、24分には安永がセカンドボールを拾い、前線へスルーパスを送ると山田が抜け出しますがシュートはGKに触られてしまい決めることはできません。

ボランチを担った古岡選手
ボランチを担った古岡選手

ゲームキャプテンを務めた山田新選手
ゲームキャプテンを務めた山田新選手
ボランチで先発した安永玲央選手
ボランチで先発した安永玲央選手
中島大成選手
中島大成選手
高吉正真選手
高吉正真選手
島崎元選手。この大会で怪我から復帰した
島崎元選手。この大会で怪我から復帰した
左SBで先発した森璃太選手。後半途中から右SBでプレーした
左SBで先発した森璃太選手。後半途中から右SBでプレーした

湘南は前半終了間際に中央崩してフィニッシュに持ち込むもゴール右をとらえたシュートは安福が触って右コーナーキックへ。またも好守でしのぎましたが、このコーナーキックのセカンドボールを拾われたところから右からクロスを上げられると18番に頭で決められてしまい0-1。先制されてしまいます。

先制点を喜ぶ湘南ベルマーレの選手たち
先制点を喜ぶ湘南ベルマーレの選手たち

後半は湘南が守備に人数を割いたこと、また徐々にスペースも空きだしたことから次第にフロンターレへ流れが傾いていきます。

4分には宮城の右クロス、ニアで栗田が頭で合わせますが、ボールは右へ。6分には栗田に代わって3白井颯真が入り左SBに。森が右SBへ。さらに11分中島に代わって8小川達也が左MFに。前半に比べて古岡と安永がセカンドボールを拾う場面が目立つようになり、白井、森の両SBが縦へよく仕掛けて押し込んでいきますが、細かくパスを回して崩そうとすると最後は湘南のディフェンスに跳ね返されてしまってなかなかフィニッシュまで持ち込むことができません。

29分には右のスペースをかけ上がった森のクロスに小川が合わせるいい形ができますが、シュートは右へ。

宮城天選手
宮城天選手
ボールを競り合う島崎元選手
ボールを競り合う島崎元選手
後半途中から選手たちからも「見えない」という声が漏れるほど霧が立ち込めた
後半途中から選手たちからも「見えない」という声が漏れるほど霧が立ち込めた

次第に霧が立ち込め始め、ピッチ外からは目を凝らしても状況がよく分からなくなるほど視界が悪くなっていくしんとう総合グラウンド。34分には湘南がエリア右でボールを奪ってシュートに持ち込みますがGK安福がこれに反応して好守を見せて追加点は許しません。

38分湘南の攻撃を受けたところからボールを拾って前線へフィードが通ると抜け出したのは山田。エリア右を突破しGKを引き付けてエリア前へボールを送ると横田がこれを決めて1-1。霧のなか、飛び上がって喜ぶ横田、そしてフロンターレの選手たち。

霧の中で喜ぶフロンターレの選手たち
霧の中で喜ぶフロンターレの選手たち

後半がタイムアップして、試合は前後半計20分の延長戦へ。フロンターレは古岡のミドルシュートや森との連携で宮城がゴールへ迫りますが、割ることはできず。PK戦へ勝負は委ねられます。

延長戦が終わる直前にGKを21番から16番へと交代した湘南。先行のフロンターレは一人目の安永、二人目の宮城が決め、湘南も二人ともに成功して三人目の山田へ。山田は少し時間を置いて左を狙いますがこれはGKに止められてしまいます。湘南の三人目は決めて2-3。フロンターレの四人目は白井。これは右へ決め、湘南も四人目が決めて3-4。フロンターレの五人目は横田。左を狙いますがまたも湘南のGKがこれを止め、試合の決着がつきました。GKを目掛けて駆け出す湘南の選手たち。川崎フロンターレU-15の2015年の公式戦は終わりました。

全国大会出場はなりませんでしたが、最後までゴールを狙いひたむきにプレーをした選手たちの戦いぶりはいつまでも拍手を送りたくなるものでした。PKを止められた二人がゴールに絡むプレーをしなければもっと早くこの試合は終わっていました。

三年生のなかにはU-18へ上がる選手だけではなく、フロンターレを離れて高校などでサッカーを続ける選手もいることでしょう。そんな彼らの姿もいつか目にしたり、耳にしたりしたいものです。

PKを見守る選手たち
PKを見守る選手たち
フロンターレU-15の2015年が終わった
フロンターレU-15の2015年が終わった

前半0-1 後半1-0 延長前半0-0 延長後半0-0 計1-1 PK3-4
フロンターレの先発:21安福祐一、36栗田悠巨、13島崎元、2高吉正真、23森璃太、5安永玲央、6古岡佑斗、31宮城天、28中島大成、10横田大祐、9山田新=cap
交代:栗田→3白井颯真 中島→8小川達也
(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です