フロンターレU15 – FC東京U15むさし / クラブユース関東


【川崎フロンターレU-15 日本クラブユース選手権関東大会3回戦vsFC東京U-15むさし】
6月28日(日)午前11時キックオフ 川場サッカー場 晴れ

前週に4-0で1FC川越水上公園に勝利したフロンターレU-15。27日行われた2回戦ではUスポーツクラブに2-1で勝利し、勝てば全国大会出場が決まる3回戦へ進出しました。対戦相手は関東ユース(U-15)サッカーリーグ1部で2位につけるFC東京U-15むさし。今季の対戦では1-1、3-5の1分け1敗。

日付が変わるころにカシマサッカースタジアムから帰り、早朝に家を出てJR沼田駅からバスで揺られて40分ほどで着いたのが試合会場となる群馬県川場村の川場サッカー場。天然芝には手入れが行き届いており、観客席も備わった素晴らしい環境。東京のサポーターも駆けつけて、「行こう 帯広へ」と書かれた大きな幕でFC東京むさしを勇気づけます。

東京のサポーターも駆けつけ幕を掲げた
東京のサポーターも駆けつけ幕を掲げた

白地に黒い縞の入ったセカンドユニホームのFC東京むさし。かつてフロンターレU-12に在籍し、FCバルセロナをへて今春加入した久保建英はベンチスタート。フロンターレは青と黒のユニホーム。GK市川、DFは右から森、島崎、高吉、白井。ボランチは古岡、小川。右MFに横田、左MFに宮城、トップ下に古屋、FW山田がこの日の先発メンバー。ゲームキャプテンは山田。

キックオフを前に円陣を組むフロンターレU-15
キックオフを前に円陣を組むフロンターレU-15

白い雲が青空を流れる晴天。強く冷たい風が吹くなか、キックオフ。

立ち上がりはともにフィニッシュまではつながらない展開。しかし、前線からプレスをかけてくるFC東京むさしの前に次第に前を向けなくなる場面が増えることに。12分にボールを奪われたところからシュートに持ち込まれますが、DFが体に当ててゴールを許さず。13分には右コーナーキックに17番寺山翼に合わされるもGK市川がキャッチ。

しかし、18分にドリブルで突破した7番水多海斗の左クロスにエリア右、フリーで9番長澤壮竜にボールが渡ってしまい、ゴール右すみに決められて0-1。フロンターレは先手を許してしまいます。

直後にも人数をかけたFC東京むさしの攻撃からエリア正面でシュートを打たれるもこれは市川がキャッチ。しかし、前線に加えてサイドバックも高い位置で圧力をかけてくる相手の前になかなかリズムをつかめません。26分にはゴール前でボールを失い、10番平川怜のパスに飛び出した7番水多海斗にダイレクトで決められて0-2。さらに突き放されてしまいます。

2点を追いかけるフロンターレが反撃に出たのは37分。宮城が中盤からボールを運び、エリア内に持ち込み、放ったシュートは相手に当たり、エリア外正面でボールを拾ったのは古岡。ミドルシュートを放つとやや前に出ていたGKの上を弧を描いて決まり、1-2。ゴールを見届けてこぶしをグッと握りしめて自陣に戻る古岡。大きな1点を返して前半は終わりました。

後半のフロンターレは前線に山田を残して、横田、宮城も低い位置で相手にプレスをかけてさらに反撃を狙っていきます。2分には右サイドでボールを受けた山田がシュートまで持ち込むもこれは決まらず。一方のFC東京むさしも直後にエリア右から11番今村孝一がシュートを放つも枠をとらえられず。

11分には白井に代わって鈴木が左SBに。17分にはFC東京むさしの長澤に代わり36番をつけた久保。

ともに中盤でのせめぎあいが続いたなかでフロンターレに同点ゴール。中盤低い位置でボールを奪うと、横田のスルーパスに抜け出したのは山田。スピードを生かしてエリア左でボールを持つと、相手選手2人を交わしてゴール右へ決めて、2-2。跳び跳ねて喜ぶ山田は1回戦、2回戦に続き3試合連続ゴール。

21分には古屋に代わり中島が入り、右MFに。横田がトップ下に。さらに小川に代わって安永がボランチに入ります。

そして29分古岡の低い位置からのパスに抜け出したのはまたも山田。相手GKも交わして、ゴール右へ決めてついに3-2。逆転します。

直後には東京もサイド攻撃から平川がミドルシュート。枠内をとらえられますが、市川が防いで得点を許さず。

35分には山田に代わり、上野がFWに。前線に残してカウンターを狙いながら、逃げきりを図ります。

直後にはひやりとする場面。右サイドから久保が放ったミドルシュートは枠を捉え、クロスバーをたたきますが、ゴールラインは越えず。巧みにボールをコントロールし存在感を放っていた久保。やはり怖い存在でした。

2分のロスタイムをへて試合は終了。フロンターレは2012年以来の日本クラブユース選手権出場を決めました。「よっしゃ!」。ピッチの至るところで全身で喜びを爆発させるフロンターレの選手たち。応援に駆けつけた家族の方々、「フロンターレ!」のコールを送ってくれた東京のサポーターにもあいさつをすると跳び跳ねてまたも歓声を上げて駆けていきました。

前半1-2 後半2-0 計3-2
得点:古岡佑斗 山田新2(川崎) 長澤壮竜 水多海斗(FC東京むさし)
先発:16市川隼 23森璃太 13島崎元 2高吉正真 3白井颯真 6古岡佑斗 8小川達也 10横田大祐 31宮城天 14古屋雄帆 9山田新
交代:白井→11鈴木大翔 古屋→28中島大成 小川→5安永玲央 山田→15上野綜太

リーグ戦では4連敗を喫するなど苦しい時期もあったフロンターレU-15。試合を重ねるなかで、チームは前へ進んでいっています。
(文中敬称略)

あいさつを終えて引き上げていくフロンターレU-15の選手たち
あいさつを終えて引き上げていくフロンターレU-15の選手たち

次の試合の予定
【川崎フロンターレU-15 日本クラブユース選手権関東大会準々決勝vsWINGS U-15】
7月5日(日)午後1時キックオフ 河口湖サッカー場

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です