川崎ブレイブサンダースU15 – アトラクトモンキーズ / 神奈川県U15リーグ 第1期 グループA ゲーム3


朝イチで行われた岩崎中とのゲーム2から1試合を置いてこの日の2試合目はアトラクトモンキーズとのゲーム3。

神奈川県U15リーグ Aグループ
川崎ブレイブサンダースU15 – アトラクトモンキーズ
2018/12/15(土)11:15 横浜市立岩崎中学校

川崎ブレイブサンダースU15のスターターは1 近藤亮太郎,2 櫻井信之介,6 依田弦,16 勅使河原倖汰,21 岩城爽太。

1Q,ブレイブサンダースは完全に出鼻をくじかれます。アトラクトモンキーズの2番,35番のテクニカルな攻撃を止めきれず,7分間でいきなり12点のラン。18 水品皓暉,23 佐藤琳太朗を投入し打開を図ります。
この展開で落ち着きを取り戻し,近藤,勅使河原,水品が得点。1Qを8-19と盛り返して終えます。

しかし2Qスタートからまたしてもアトラクトモンキーズに走られます。攻撃の組み立ての連携ミスやリバウンドから走られるなどで2番,7番に8連続得点を許してしまいます。
ここから12 小松暖汰のフリースロー,23 佐藤のペイントからの得点で落ち着きを取り戻すと,依田,中尾の得点もありこのクォーターを10-14(トータル18-33)で終えます。

迎えた3Q。ハーフタイムでしっかりと修正してきたブレイブサンダース。アトラクトモンキーズに得点こそ許してしまいますが,チームフィロソフィーであるディフェンス,リバウンドをしっかりと意識し20 三谷蓮斗,23 佐藤のブロック,全員のタイトなディフェンスで相手を自由にさせません。
そしてこのクォーター,アトラクトモンキーズに食らいついていく原動力になったのは近藤。残り3分から2本の3P,スティールからのファストブレイクを決めるなどして8得点。
点差を縮めることはできませんが,鎌田HCからの「まずはディフェンス!リバウド!」の掛け声のもと,できることを100%やるよう意識し,プレーの質を向上させていきます。

4Q,攻撃を修正してきたアトラクトモンキーズに4分間で9点のランを許してしまいます。しかし負けじとブレイブサンダースは17 三澤颯太が4得点,23 佐藤がリバウンドからのセカンドチャンスを決めるなど,やるべきことをしっかりとやって着実に得点を重ねます。最後に近藤がこの試合3本目となる3Pを決めたところで試合終了。

1q 8 – 19
2q 10 – 14
3q 11 – 19
4q 10 – 19
39 – 71

まだまだ勝利には遠いですが,チームとしてやれること,やるべきことをしっかりやったところは結果が付いてきてます。焦れずに続けて,そして楽しんでプレーしていけば目指すものが待っているはず。

16 勅使河原倖汰 選手
タイムアウト,鎌田HCのことばに耳を傾ける
17 三澤颯太 選手
20 三谷蓮斗 選手。大きな体からのポストプレーが魅力
23 佐藤琳太朗 選手
12 小松暖汰 選手
3 中尾優斗 選手
ハーフタイム,岩﨑ACのはなしを聞く
18 水品皓暉 選手
19 望月勇弥 選手
12 小松暖汰 選手

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です