川崎ブレイブサンダースU15 – 森中 / 神奈川県U15リーグ 第1期 グループA ゲーム4・交流戦


昨日の岩崎中学校から場所を移してこの日は希望が丘中学校へ。昨日に引き続き神奈川県U15リーグ 第1期の残り2試合を戦う川崎ブレイブサンダースU15。

神奈川県U15リーグ Aグループ
川崎ブレイブサンダースU15 – 森中
2018/12/16(土)10:30 横浜市立希望が丘中学校

川崎ブレイブサンダースU15のスターターは1 近藤亮太郎,4 吉井界澄,7 渡邊豪聖,18 水品皓暉,23 佐藤琳太朗。

前日の2試合はどちらも各クォーターの入りでつまづいた川崎ブレイブサンダースU15。今日はその点をどう改善してくるか,また,途中から意識して実践できていたディフェンスとリバウンドの強度を発揮できるかに注目していました。

1Q,川崎ブレイブサンダースU15は幸先よく23 佐藤がシュートを放ちますがこれは外れ先制とはならず。続けて18 水品が速攻に出ますがこれは相手のブロックにあってしまいます。しかしこのリスタートから4 吉井がシュートを決め先制。続けざまに1 近藤もスティールからの速攻を決めて4得点とします。
対する森中は5番,6番が確実にスコアを伸ばし,川崎ブレイブサンダースU15にリードを許しません。
この日は出だしからリバウンドの意識が非常に高く,佐藤だけでなく吉井や7 渡邉も積極的にボックスアウトし,セカンドチャンスを狙っていきます。
渡邉がドライブからのレイアップを決めた直後,2 櫻井信之介,6 依田弦を投入。さっそく櫻井のスティールから近藤が確実に速攻を決め森中を逆転すると,続けざまに渡邉の3P,吉井のジャンプシュート,交代で入った15 大悲山拓海のジャンプシュートで森中からリードを奪います。
1Q終盤,依田のドライブ,櫻井のアシストからの3 中尾優斗のタップシュートでこのクォーターを19-15とリードで終えます。

2Qは一転,森中のペースに。このクォーターから投入された5 吉田健太と中尾のコンビネーションから6得点を奪いますが,その後森中5番,6番,7番に3Pを含むシュートを次々と沈められ,このクォーターを8-15(トータル27-30)と逆転され前半を終えます。

エンドを入れ替えた3Q,まずは川崎ブレイブサンダースU15がペースを掴みます。後半から投入された8 奥野憧希がルーズボールに食らいついてエナジー溢れるプレーを披露すると,相手のフリースローのリバウンドから近藤が速攻を決めます。間髪入れずに次のディフェンスでも近藤がスティールからの速攻,森中7番にもシュートを決められますが,その折り返しで近藤が3Pを決め逆転に成功。チームを勢いづかせます。
しかしここから森中が集中力を発揮してきます。4番が難しい体勢でタップシュートを決めると,6番,7番,13番が3Pを含む11得点。辛うじて渡邉がフリースローで得点を決めますが,ここでこの日の最大得点差9点のビハインドを背負うことになってしまいます。

短いブレイクで気持ちを切り替えた4Q,川崎ブレイブサンダースU15の選手たちから気迫が伝わってきました。まずは近藤がこの日2本目となる3Pで点差を縮めると,水品のスティールから再び近藤がスコア。開始1分足らずで点差を一気に4点に縮めます。
しかし森中も一歩も引かず,13番の3P,4番のペネトレイトからのレイアップで点差を戻します。
ここから光ったのは川崎ブレイブサンダースU15のインサイド陣。何とかシュート体制でのファウルを受けた依田はフリースローを2本確実に沈め,渡邉が2連続でセカンドチャンスからポイントを決めます。更に佐藤のアシストから中尾が決め,気づいてみれば8点のランで一気に1点差に。
残り2分からは両チーム火花の散るようなクロスゲーム。渡邉が決めれば森中5番がバスケットカウントで3点プレー。しかし再び渡邉が決め返す。
残り1分,中尾のアシストから吉井が決め2点差。更に渡邉,ドリブルの揺さぶりから相手ディフェンスをアンクルブレイクさせるステップでレイアップを決め,ついに58-58と森中の背中を捉えます。
森中5番がフリースローを確実に2本決めたところで残り23.9秒,鎌田HCは最後の攻撃を実らせるためにタイムアウト。近藤と佐藤をスクリーナーに攻撃を仕掛けますが,惜しくもこれが実らずタイムアップ。

勝負は最後までどちらに転ぶかわからない展開でした。特に4Q,多くのオフェンスリバウンドを得点につなげたこと,ディフェンスでエナジーを発揮し続けたことがこの展開を呼んだのは疑いようがありません。
初勝利はもう手の届くところまで来ていることを強く感じる試合でした。

1q 19-15
2q 8-15
3q 10-16
4q 21-14
58-60

続けて行われた森中との交流戦が行われました。
川崎ブレイブサンダースU15は8 奥野憧希が10得点,20 三谷蓮斗が8得点,21 岩城爽太が6得点と活躍し勝利。特に三谷は大きな身体を活かしたポストムーブからのスコアが光りました。

交流戦
1q 20-9
2q 14-9
34-18

今日こそ初勝利をもぎとりたい鎌田HC
20 三谷蓮斗 選手
21 岩城爽太 選手
8 奥野憧希 選手
試合前,ハドルで勝利を誓う
18 水品皓暉 選手

6 依田弦 選手

15 大悲山拓海 選手
21 岩城爽太 選手

0 木戸琉斗 選手

 

23 佐藤琳太朗 選手
最後の攻撃を前にTO
最後の攻撃を仕掛ける
7 渡邊豪聖 選手
5 吉田健太 選手
20 三谷蓮斗 選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です