川崎ブレイブサンダースU15 – 万騎が原中 / 神奈川県U15リーグ 第2期 グループF ゲーム4


2019/2/23(土)神明中学校との試合から始まった神奈川県U15リーグですが、この日は最終戦となる万騎が原中学校とのゲーム4。

神奈川県U15リーグ Fグループ
川崎ブレイブサンダースU15 – 万騎が原中学校
2019/3/16(土)9:45 横浜市立神明中学校

川崎ブレイブサンダースU15のスターターは1 近藤亮太郎、4 吉井界澄、5 吉田健太、7 渡邊豪聖、21 岩城爽太

1Q: 開始20秒で7 渡邊豪聖がドライブからのシュートを決めると、その後もオフェンスリバウンドを取りにいきフリースローをもらいます。

21 岩城爽太もオフェンスリバウンドからセカンドチャンスを決め、スティールからも得点を決めるなど勢いをつけます。

しかし、スティールを狙った場面で接触してファールをもらってしまったり、連携ミスにより万騎が原中学校に攻撃の機会を与えてしまうなど、なかなか得点を離すことができず1Qを17-17で終えます。

2Q:4 吉井界澄がこの日最初の3Pシュートを決め、その後もスティールからシュートを決めるなど、1Qと同様に全員でボールを取りにいき、積極的にシュートを狙っていきます。

この日2Q途中から交代でコートに入った0 木戸琉斗もシュートを決め、37-28とリードして前半を終えます。

3Qも開始15秒で1 近藤亮太郎がドライブからのバスケットカウントで3点決まると、7 渡邊豪聖のスティールからのファストブレイクや3 中尾優斗3Pシュートが決まるなど勢いのあるオフェンスが続きます。

また、ディフェンスでもしっかりとリバウンドを取りにいき、相手チームの得点を抑え、3Qを59-38で終えます。

4Q:迎えた最終Qは開始すぐに8 奥野憧希がブロックショットで万騎が原中学校の攻撃を抑えると、そこからファストブレイクが決まります。

中盤の時間ではリズムよくパスを回しセットプレーでもシュートを決めていきます。

その後も9 神谷海静がセンターラインを過ぎた位置でスティールからそのままファストブレイクを決めると、最後まで攻撃の手を緩めず、最後に8 奥野憧希がしっかりフリースロー2本を決めたところで試合終了。

試合を通して攻守共に積極的な姿勢が見られ、ベンチにいる選手からもよく声が出ており、交代で入った選手も準備をして試合に挑んでいると感じられました。

1Q:17-17
2Q:20-11
3Q:22-10
4Q:18-11
Total:77-49

吉井界澄選手

近藤亮太郎選手

吉井界澄選手
中尾優斗選手
近藤亮太郎選手
佐藤琳太朗選手
水品皓暉選手

神谷海静選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です