フロンターレU12 – Wings U-12 / ダノンネーションズカップ2019ファイナルステージ1回戦


3月24日は駒沢オリンピック公園へ。ダノンネーションズカップ in JAPANは最終日に。前日のグループリーグを3連勝で突破した川崎フロンターレU-12は、ファイナルステージ1回戦、Wings(ウイングス) U-12との試合に臨みました。

【川崎フロンターレU-12 ダノンネーションズカップ in JAPAN ファイナルステージ1回戦 vs Wings U-12】
3月24日(日)午前9時キックオフ 駒沢第二球技場 晴れ 8人制 20分

フロンターレの先発は、GK16斎藤准也、最終ラインは右から7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、5関徳晴、6楠田遥希、前線には2榎本司、キャプテンの13新堀翔。

どこか前日の寒さが残っているものの青空が広がった好天の駒沢オリンピック公園。多くの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がり、高い位置で人をかけ囲いこむようにマイボールにして、攻めにつなげようとしてくるウイングス。フロンターレはそれでも榎本が自陣まで下がり、ボールをうまくキープ。関に預け、関が右サイドへ流れた新堀を狙い、浮き球を入れ、相手陣内でプレーする時間をつくっていきます。

1分には陶山からパスを受けた榎本が左サイドからエリアに向かって仕掛け、折り返すと正面で関がシュートを打つも枠はとらえられず。さらに楠田が左サイドから仕掛け、リターンを受けた関がエリア外左からミドルシュート。今度はGK1がセーブしますが、立て続けに決定的な場面に。

一方のウイングスも3分には左サイド、7が仕掛けていくも柏村が折り返しをブロックし、左コーナーキックに。左から4が右足で入れたボール、遠いサイドで10が合わせますが、右へ。

フロンターレは前にボールを送るだけではなく、斎藤から中央へ下がってきた新堀へ縦へつけ、そこからダイレクトで右サイドに開いた柏村に展開するなど、つないでいき、攻めを試みに。

5分には柏村が右サイドを仕掛け、折り返すと左サイドからエリア内へ走り込んだ榎本がシュート。これはワンタッチあり、右コーナーキックに。右から新堀が右足でボールを入れると、林が合わせるもまたもウイングスに防がれ、再び右コーナーキックに。新堀が入れたボール、頭で合わせたのは楠田。ゴール右へ決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

フロンターレは、関や楠田も高い位置へ顔を出し、さらに攻勢に。陶山が何度も左サイドの高い位置へ駆け上がり、厚い攻めを見せていきます。

6分にはウイングスもエリア外左でフリーキックを得ると、4の精度のよいボールが、エリア右に入りそうになりますが、陶山が絞ってこれを防いでシュートにはつながらせず。

再び攻撃へ転じたフロンターレは、7分には自陣のエリア内で、林がウイングス陣内のエリア外右を狙い、ボールを入れると、抜け出した関が右クロス。左へ流れたボールを榎本がキープし、駆け上がった陶山へパスを送ると、陶山の左クロスに、ニアで関が合わせるも左へ。

フロンターレはさらに高い位置で厳しい寄せを見せて、マイボールに。ボールを失っても榎本が自陣まで戻り、林との連係で奪い返すなど、距離感よくプレーを重ねていきます。

ウイングスは長身の20を前線へ入れ、フリーキックからゴールをおびやかす場面をつくり、また20がうまくボールをおさめ、そこから攻撃を試みていきますが、フロンターレは20に入ったボールのこぼれ球をうまく楠田が奪うなどしてその芽を摘みに。粘り強く守っていきます。

14分には榎本に代わり9佐々木雄基。佐々木がエリアへ向かい、積極的に仕掛けるなどして相手陣内でさらにゴールを目指していくフロンターレ。16分には左サイドのスローインから佐々木がエリア正面へパスを送ると、関がミドルシュート。しかし、上に。

さらにラインを高く保ち、柏村とのパス交換から楠田がエリア外右に顔を出すなど攻勢を続けてきます。

そして17分、フロンターレは柏村とのパス交換から新堀がエリア内右へ。ここでウイングスにファールがあり、PKを得ます。キッカーは新堀。ゴール左へ決まり、2-0。大きな追加点で突き放します。

フロンターレは陶山に代わり10平塚隼人が入り、中盤。関が最終ラインの左に。

18分にはウイングス、20が正面でボールをおさめ、エリア右へ。7が枠をとらえたシュートを打つも斎藤がセーブ。

フロンターレは新堀に代わり、8吉田志生が前線に。中央で楠田、平塚とつないで左へ展開し、正面へこぼれたボール、ダイレクトで平塚がミドルシュートを打つなど、次の1点を見据えながら、ついに試合はタイムアップに。2-0。フロンターレは準々決勝への進出を決めました。

2-0
得点:楠田遥希、新堀翔=PK

フロンターレの先発:16斎藤准也、7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、5関徳晴、6楠田遥希、2榎本司、13新堀翔(c)
交代:榎本→9佐々木雄基 陶山→10平塚隼人 新堀→8吉田志生

(文中敬称略)

井澤明己選手
新堀翔選手
陶山響選手
斎藤准也選手

円陣を組む選手たち

斎藤准也選手
斎藤准也選手
柏村涼太選手
新堀翔選手
陶山響選手
榎本司選手
榎本司選手
榎本司選手
陶山響選手
楠田遥希選手が決め、1-0

s
先制点はフロンターレへ
関徳晴選手
楠田遥希選手
斎藤准也選手
佐々木雄基選手
林駿佑選手
PKを新堀翔選手が決める
新堀翔選手
佐々木雄基選手
林駿佑選手
関徳晴選手
吉田志生選手
平塚隼人選手
吉田志生選手
吉田志生選手
2-0でタイムアップ

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です