1ショット日記「待望」


J1デビューを果たした脇坂泰斗選手

4月19日等々力陸上競技場で行われたJ1リーグ第8節、川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ。川崎フロンターレは後半40分知念慶選手と代わり、脇坂泰斗選手が出場、J1デビューを果たしました。

最初のプレーで相手に渡るパスこそ出したものの、それを笑顔で振り切るように走り回っていった脇坂選手。その後はチームメートとよく絡み、長谷川竜也選手へスルーパスを出すなど、好機も演出。ホームで初めての勝利を欲するフロンターレサポーターと、進化しつつあるチームを、後押ししていくベルマーレのサポーター、それぞれの声援で熱のある雰囲気のなかで、生き生きとプレーしていきました。

家族の方々だけではなく、フロンターレU -18時代から長きにわたって見守ってきた多くのサポーターにとっても、待ち望んでいたJ1のデビュー戦は、今後がとても楽しみになるものになりました。

ゆくゆくは、チームが苦しいときにも流れを引き寄せるような、頼りになる存在になりますように。フロンターレU -18や阪南大で、そうだったように。

【J1リーグ第8節 川崎フロンターレ vs 湘南ベルマーレ】

4月19日(金)午後7時キックオフ 等々力陸上競技場 くもり 1万9556人

前半2-0 後半0-0 計2-0

得点:阿部浩之、知念慶(フロンターレ)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です