1ショット日記「うれしい再会」


FC岐阜の岡本享也選手と川崎フロンターレの脇坂泰斗選手。寒いなか、話を聞かせていただき、ありがとうございました!

12月14日、麻生グラウンドで、2018年の締め括りとして行われた川崎フロンターレとFC岐阜との練習試合。フロンターレはMF脇坂泰斗、FC岐阜はGK岡本享也と、かつてフロンターレU-18で3年間チームメートとしてプレーした2人の選手が、出場しました。

2本計7-4と、多くのゴールが入った試合では、岐阜のゴールを守った岡本から、脇坂がゴールを決める場面も。

試合後、話を聞かせてくれた2選手。「『絶対決めたい』と思っていたので、うれしい」と笑顔を見せた脇坂は「同期には続けている人が少ないので、こうして対戦できることがうれしい」。

「決められたくはなかった」と少し悔しそうな様子も見せた岡本は「こうして帰ってこられたことがとてもうれしい」「はやく追いつけるように頑張りたいです」。それぞれ喜びの言葉や、意気込みを語ってくれました。

終盤の麻生グラウンドでの練習試合では、多くのゴールを決め、来季への期待が高まる脇坂、第3ゴールキーパーとして学ぶことの多い1年だったという岡本。プロとして初めてのシーズンの最後に、2人が麻生グラウンドで再会を果たしたことは、ずっと見守ってきた家族の方々も、そしてフロンターレU-18を応援してきた人々もうれしくなるものでした。

2019年のシーズンが、それぞれが飛躍を遂げるものとなりますように。そして、ゆくゆくは等々力陸上競技場や岐阜メモリアルセンター長良川競技場のピッチで対戦する未来へつながっていきますように。これからもとても楽しみにしています。

(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です