U15川崎ブレイブサンダース – Lusty / U15選手権大会プレ大会予選 クラブ交流戦


ぎりぎりで追いつけずも,後半に素晴らしいリカバリーを見せたU15川崎ブレイブサンダースは,第2戦で神奈川屈指の強豪Lustyとの対戦となりました。

U15選手権大会プレ大会予選 クラブ交流戦
U15川崎ブレイブサンダース – Lusty
2019/06/22(土)12:10 松田中学校

U15川崎ブレイブサンダースのスターターは3 岩城爽太,5 吉田空翔,8 吉井界澄,10 後藤直也,15 田辺永士。

試合開始直後はどちらもシュートがリングに嫌われ,ようやくスコアが動いたのは6:09。Lusty 18がフリースローを2本決めて0-2。更に16,17がゴール下のシュート,ファストブレイクからのレイアップと連続得点を挙げ0-6。
対するU15川崎ブレイブサンダースは19 吉岡麟太郎のハイプレッシャーディフェンスからマイボールにすると,2 石川大成が走って吉井へ。ミドルジャンパーを放ちますが,惜しくも決まらず。逆にLusty 18のゴール下パワープレーから得点を許してしまいます。続けて17のレイアップ,16にファストブレイクを決められここまでで0-12のラン。大きく差をつけられ,3:40,川崎はここで最初のタイムアウトを取ります。
タイムアウト明け最初の攻撃,3ptラインの外側でボールを持った吉井は自分についたディフェンスとの距離を見て思い切りよくプルアップジャンパー。これが綺麗に決まり,この試合チーム最初の得点とします。
しかしLustyは攻撃の手を緩めず,18の連続得点で3-18。対する川崎は5:18,吉田がフローターを決めて5-18。
その後Lusty 18にスタンディングレイアップ,16にユーロステップ,3にファストブレイクを決められ,5-26と大差をつけられ1Qが終了。

2Q,6 三谷蓮斗が幸先よくスティールしますが,これを得点に結び付けられず。
逆にLusty 16にボールを奪われ,ゴール下から決められます。更に8にフリースローを決められ,18にもゴール下のシュートを決められ5-31。またも良くない出だしとなってしまいます。
しかし0 安彦海音が果敢なドライブからレイアップシュートを決めると,三谷がプルアップジャンパーを決め,少しずつ相手に食らいつけるようになってきます。
5:30,石川がドライブからレイアップを決めると,これにファウルがありバスケットカウント。石川はフリースローも確実に決めて3点プレーを完成。12-33と差を広げさせません。
4:18,後藤がファウルを受けフリースローを獲得すると,これを確実に2本決め14-35。直後には相手に与えたバスケットカウントのフリースローが外れたところを三谷がディフェンスリバウンド。すばやく走っていた安彦に渡し,ファストブレイクを確実に決めて16-37。ここからはまたLustyの時間帯。16がミドルジャンパーを沈めると,連続でゴール下のシュートを決め,更にバスケットカウント。16-46と引き離されてしまいます。
2:00,コーナーでボールを受けた岩城は思い切りよくジャンプシュート。これが決まって18-46。しかしその後にフリースローなどで加点され18-49。
1:10,自陣で岩城がスティールを決めると,走った吉井はディフェンスをうまくいなしバックレイアップで決め20-49。更に吉井のスティールからゴール下のシュートはファウルで止められますが,フリースローを1本決めて21-51。最後にLusty 0にミドルジャンパーを決められ21-53で怒涛の前半を終えました。

3Q,Lusty 18がゴール下のイージーバスケットで先制すると,続けて16のファストブレイク。対する川崎は吉岡のミドルジャンパーで反撃。Lusty 17がミドルドライブからのレイアップと攻守が激しく入れ替わる展開であっという間に3分が過ぎ23-59となります。
5:21,吉岡のいいディフェンスから吉田がスティールしますが,この攻撃は得点にはつながらず。逆にLusty 17に連続得点,16にバスケットカウントを決められ23-66と差を大きく広げられてしまいます。
3:44,後半最初のタイムアウトを取った川崎は立て直しを図りますが,Lusty 16,18に得点を決められ落ち着けません。ようやく次の得点が入ったのは吉田のスティールから田辺のファストブレイクがファウルで止められ得たフリースロー。田辺はこれを確実に決めて25-71。技術,体格で上回るLusty 16,17,18を止めることは難しく,次々と得点を決めれますが,川崎も後藤のアシストから吉岡のミドルジャンパー,更に14 武岡潤哉もミドルジャンパーを決めてこのクオーターを29-82で終えます。

最終の4Q,得点差も大きくなったことからLustyはメンバーを大きく入れ替えました。この入れ替えに奮起しないわけにはいかない川崎。怒涛の追い上げを見せました。
まずは吉井がフリースローを決めて得点すると,チームで激しくディフェンスし24秒オーバータイムをもぎ取ります。6:41,石川の3ptで加点すると吉井のミドルドライブで更に追い上げ4:40には25-82とします。
相手のシュートを石川がブロックすると,そこから吉井のファストブレイクレイアップ。更に石川がこの日2本目となる3ptを決めて40-82。相手につけ入る好きを与えません。残り3分,たまらずLustyがタイムアウト。しかしタイムアウト明けにもチームはいいディフェンスを見せ24秒オーバータイムを誘発します。
後藤が得たフリースローを確実に2本決め42-82とし,ダブルスコアを抜け出します。更に吉岡が3ptシュートを決め,45-82。16点のランを達成します。
最後の最後にLustyに得点を許しますが,このクオーターを16-1と締め,合計45-83でこの試合を終えました。

強く,大きく,巧い相手に自信を失いそうになるほど苦しめられましたが,勝敗を超越して戦う姿に心打たれる試合でした。最終クオーターに見せた強さは,今後の自信へもつながることでしょう。また成長した姿を見たくなる,そんな気持ちで帰路につきました。
写真はなつこさんからいただきました。ありがとうございます!

1q 5-26
2q 16-27
3q 8-29
4q 16-1

合計 45-83

試合前,ハドルで気合を入れる
対戦相手と礼

10 後藤直也 選手
16 寺島汐音 選手

8 吉井界澄 選手

2 石川大成 選手。後半怒涛のスコア

14 武岡潤哉 選手

3 岩城爽太 選手
後半に向けて「1・2・3・Be Brave!」
5 吉田空翔 選手
激しいディフェンスでボールを奪う
19 吉岡麟太郎 選手
リバウンドに跳ぶ
0 安彦海音 選手
応援してくれた保護者に挨拶

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です