U15川崎ブレイブサンダース – 横浜ビー・コルセアーズU15A / U15選手権大会プレ大会予選 クラブ交流戦


前日は惜しくも2連敗となってしまったU15川崎ブレイブサンダース。この日は舞台を神奈川県立秦野総合高校に移してU15選手権大会プレ大会予選 クラブ交流戦の最終日に臨みました。初戦の相手はこの世代の全国的な強豪,横浜ビー・コルセアーズU15A。

U15選手権大会プレ大会予選 クラブ交流戦
U15川崎ブレイブサンダース – 横浜ビー・コルセアーズU15A
2019/06/23(日)9:30 秦野総合高校

U15川崎ブレイブサンダースのスターターは3 岩城爽太,5 吉田空翔,8 吉井界澄,10 後藤直也,19 吉岡麟太郎。

1Q,出だしはU15川崎ブレイブサンダースがチャンスを作っていきます。8 吉井が幸先よく3ptシュートを狙うも決まらず,10 後藤のドライブはファウルで止められます。更に5 吉田のドライブはシュートが決まらず。オフェンスリバウンドをもぎ取るも,セカンドチャンスへは繋げられず。
逆に横浜ビー・コルセアーズU15Aは序盤から確実にスコアします。30がミドルジャンパーで先制すると,12がスティールからのファストブレイクが決まり0-4。
6:30,川崎は吉井の右サイドからのフローターでこの試合初得点とします。しかしその後,吉田が負傷で一時ベンチに下がると横浜に猛攻を受け,2-9と点差を広げられます。4:43,途中出場の15 田辺永士がエンドラインドライブをファウルで止められフリースローを獲得。これを2本決め4-9。
3:40,後藤に代わって入った16 寺島汐音が仕掛けたところ,外角でフリーになった吉井へキックアウト。吉井は冷静に3ptを沈めて7-11。
1:50,途中出場の6 三谷蓮斗がミドルドライブを仕掛けるとファウルで止められフリースローに。しかしこれは2本とも落としてしまいます。しかし再び三谷。果敢に仕掛けたエンドラインドライブからゴールしたに走り込んだ0 安彦海音へ。安彦はレイアップシュートでゴールを狙いますが,横浜ディフェンスがブラインドになり決めきれず。
その後も寺島のオフェンスリバウンド,吉井のミドルジャンパーなど見せ場は作りますが決めきれず。逆に横浜は確実性の高いシュートを作り出しスコアを伸ばし,このクオーターを7-16で終えます。

2Q,まずは横浜30にプルアップジャンパーを決められますが,2 石川大成のステップバックジャンパーで対抗。しかし横浜30の勢いは衰えず,ミドルジャンパー,3pt,クロスオーバーからのジャンプショットなどで5:37には9-25。大きく引き離されてしまいます。
川崎は14 武岡潤哉から,このクオーターから戻った吉田への鋭いパスでゴール下のイージーショットが決まり11-26。更に岩城のブロックショットからファストブレイクで吉井がレイアップを決め13-26。食らいつきます。
3:23,田辺のブロックショットからマイボールにすると,吉田の3ptは外れますが岩城がオフェンスリバウンド。そのままゴール下のシュートを決めて15-26。更に吉井がミドルドライブからプルアップジャンパーを決めて17-26。
1:30,横浜は22がドライブからレイアップシュートを決めると,30がスティールからファストブレイクで17-30。突き放されます。しかし30秒,田辺がドライブからレイアップシュートを決めるとこれにファウルがありバスケットカウント。フリースローも決めて20-30。最後の攻撃こそ横浜に決め切られますが,20-32となんとか食らいつき前半を終えました。

3Q,幸先悪く横浜30に3ptを決められますが,間髪を入れずに吉田が3ptのお返し。23-35とします。横浜が22,30のシュートでスコアを伸ばすと,川崎は三谷のドライブからのレイアップで加点。
4:08,横浜21にゴール下のシュートを決め,更にバスケットカウントのボーナススローも決められ25-44。点差を広げられてしまいます。吉井が得意のフローターで2点を返しますが,横浜はそれを上回るゴールで得点を伸ばします。
3:00,田辺のミドルドライブからのレイアップシュートが決まり29-47。横浜は12,33,30が次々とスコアをあげ29-55。残り時間わずか,川崎は三谷のブロックから石川が速攻。これが決まって31-55で3Qを終えます。

4Q開始早々,田辺のスティールから石川がファストブレイクを仕掛けますがこれは止められてしまいます。
6:00,田辺のいいプレッシャーディフェンスからマイボールとしますがこれはチャンスにはつながらず。5:28,横浜30がドライブを成功させると,対して川崎は吉田がミドルドライブからスコア。しかし横浜22にエンドラインドライブを決められ33-61となります。
4:04,横浜30にフリースローを決められ33-63とされますが,三谷のスティールから吉井がミドルジャンパーを決めて35-63。横浜21にゴール下のシュートを決められますが,川崎は吉田がインサイドからのキックアウトパスを受けた吉井が3ptを射抜き38-65。対して横浜22にゴール下シュートを決められたところで川崎のタイムアウト。
2:29,タイムアウト明けに川崎は三谷がフリースローを2本決め40-67。横浜は21のゴール下,30のフリースロー,33のドライブで40-73。川崎は最後まで吉田のオフェンスリバウンドからのシュート,三谷のブロックなどで奮闘しますが,ここで試合終了となりました。

シュート確率の非常に高い相手に苦戦しましたが,これまでの試合と同様,苦しい中でも練習で培ってきたプレーが出せるようになってきており,選手たちも自信をもってプレーしているように感じました。次の試合でクラブ交流戦も最終戦。いい試合を見せてくれることを祈ります。
写真はなつこさんからいただきました。ありがとうございます!

1q 7-16
2q 13-16
3q 11-23
4q 9-18

合計 40-73

試合開始
しっかりとボックスアウト

18 長谷川真甫 選手

3 岩城爽太 選手。果敢にドライブ
タイムアウトでやることを確認
0 安彦海音 選手

2 石川大成 選手

15 田辺永士 選手

5 吉田空翔 選手
6 三谷蓮斗 選手。パワフルなドライブ

19 吉岡麟太郎 選手
16 寺島汐音 選手
14 武岡潤哉 選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です