1ショット日記「里帰り」


 

 

 

 

    脇坂泰斗選手と岡田優希選手。写真をとらせていただきありがとうございました!

7月15日、川崎フロンターレとFC町田ゼルビアの練習試合が行われた麻生グラウンド。ゼルビアの選手たちのなかには川崎フロンターレU-18出身の岡田優希選手の姿がありました。

かつてU-18のメンバーとして活躍した麻生グラウンドに、久しぶりに“里帰り”したかたちとなった岡田選手は、「懐かしいですね。何だか不思議な感覚でした」。フロンターレサポーターのサインに応じていた、U-18の1年先輩の脇坂泰斗選手を待ち、写真におさまってくれた心遣いは、心に染み入るものがありました。また、多くの町田サポーターに「岡田君!」と声をかけられ、サインに応じるなどする姿を見られたことにも、「フロンターレのアカデミーで育った選手が、プロの選手としてこの麻生へ戻ってきた」という、うれしさを覚えました。

現在は、途中出場を重ねながら奮闘する岡田選手。早稲田大学時代の早慶戦に続いて、また等々力にも里帰りを果たせたのなら、とても幸せなことです。活躍を楽しみにしています。

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です