フロンターレU12 – バディーSC / 全日本U-12サッカー大会県大会準決勝


11月24日は厚木市の荻野運動公園陸上競技場へ。全日本U-12サッカー選手権大会神奈川県大会は最終日。前日の準々決勝、SFAT ISEHARA SC戦を6-0で制した川崎フロンターレU-12は、バディーSCとの準決勝に臨みました。

前回の全日本U-12サッカー選手権大会でフロンターレが優勝したため、神奈川県から全国大会にいけるのは2チーム。勝った方が全日本U-12サッカー選手権大会出場を決めることができる、という一戦になりました。

【川崎フロンターレU-12 全日本U-12サッカー選手権大会神奈川県大会準決勝 vs バディーSC】
11月24日(日)午後1時半キックオフ 荻野運動公園陸上競技場 くもり 8人制 20分ハーフ

フロンターレの先発は、GK16斎藤准也、最終ラインは右から7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、中盤は5関徳晴、10平塚隼人、前線には9佐々木雄基、キャプテンの13新堀翔。

冷たい雨に見舞われた前日とは打って変わって晴れ間も顔を出し、キックオフが近づくにつれ、雲こそ広がったものの、気温も上がった荻野運動公園。スタンドには多くの選手の家族らやチーム関係者らがつどい、フロンターレはU-12の5年生やU-10の選手たち、バディーSCも下級生らがにぎやかに声援を送るなか、試合は始まりました。

バディーボールで始まった試合。キックオフとともにセンターライン付近からバディーSCが放ったシュートは上にそれていきます。

フロンターレは、平塚が左サイドでボールを奪い、エリア外左、新堀へ縦パスを入れると、バディーSCにファールがあり、フリーキックを得ます。キッカーは新堀。右足でボールを入れると、正面でこぼれ球を拾った平塚がシュート。上にそれましたが、いいかたちをつくっていきます。

バディーSCは、最終ラインの22がボールをカット、前線の10を前に走らせながらラインを高めに。コンパクトにして押し込もうとしていきますが、フロンターレは関が最終ラインの間に下り、後ろから回しながら、フィードを新堀がおさめ、右サイドに開いた佐々木につなげるなど、プレスをかいくぐり前に出ていきます。

3分には関が正面の新堀へ縦パスを入れると、新堀から左へ展開。エリア外左、陶山がシュートを打ちますが、GK12がセーブ。さらに高い位置で陶山がカット、エリア左へ持ち込みますが、5がこれに対応。シュートにこそつながらないものの、フロンターレは次々にエリア近くでプレーを重ねていきます。

一方のバディーSCも、4分にはエリア外左へ18が持ち込みシュート。ニアをとらえますが、斎藤がセーブ。さらに22が持ち上がり、10を経由してエリア右へ18が抜け出しますが、柏村が体を入れ、最後はバディーのファールに。

ここからバディーSCが前線からプレスをかけ、高い位置でマイボールにする時間をつくり、フロンターレは6分には林から右の柏村から右サイド高い位置の佐々木につなげ、佐々木のスルーパスに、正面へ柏村が抜け出しそうになりますが、GK12が前に出てシュートは打てず。直後にはバディーSC、4が前に持ち上がり、ミドルシュートを打つも右へ。さらにGK12が右へ開いた10につなげ、エリア外右、8が飛び出しますが、平塚がカバー。

フロンターレは佐々木も自陣に下り、コンパクトに。バディーSCがボールを動かす時間は続いていきますが、左から仕掛けてくる18に対して柏村がブロックで阻んでいくなど、体を張りしのいでいきます。

9分にはバディーSC、左コーナーキックに。22が右足で入れたボールは直接ゴールへ向かうも斎藤がセーブ。斎藤はすばやくリスタート。左で受けた柏村がサイドを変え、右サイド高い位置へ新堀を走らせ、そこからフロンターレはラインを高め、中盤で関がボールを奪い取り、新堀もプレスバックからマイボールにするなど、自分たちでボールをものにする時間をつくっていきます。

10分には浮き球を佐々木がおさめ、左へ展開。エリア外左、平塚が折り返すもバディーSCはブロック。さらに左サイド、平塚のスルーパスに佐々木がエリア外左へ。角度のないところからシュートを打ちますが右へ。

さらに12分には柏村がボールをカット、縦パスに新堀がエリア外右へ。ニアをとらえたシュートを打ちますが、GK12がセーブ。

コーナーキックのセカンドボールをものにして、迫るのはフロンターレ。13分には柏村から右サイド高い位置の平塚へ。平塚のパスに正面で新堀がシュートを打ちますが、右へ。

バディーSCも5が右サイド高い位置へ持ち込みにいくも、フロンターレは陶山に加え関も寄せにいきマイボールに。縦パスを関がカットし、平塚から左の陶山へ展開するなど、切り替えの良さを見せていきます。

15分には中盤で関、平塚の連係でマイボールに。柏村へ渡り、柏村から右サイド高い位置で受けた関が右クロス、新堀が頭で合わせますが右へ。

フロンターレはここで佐々木に代わり11ステンパールカ大翔。

17分にはさらにフロンターレ、新堀がエリア右へ仕掛け、左へ展開。陶山の折り返しはブロックされるも、正面でボールをものにした平塚のパスにステンパーがエリア内へ。しかし、オフサイド。

バディーSCも18分には正面で10がシュート。これは斎藤がセーブし、右コーナーキックに。コーナーキックをしのいだフロンターレは、ステンパーが前に持ち上がり、平塚へ。平塚がエリア前に浮き球を入れると、左から斜めに新堀が抜け出そうとしますが、GK12がセーブ。

前半は0-0でタイムアップとなります。

後半前線に19を入れてきたバディーSCに対して、フロンターレはそのままの8人でのスタート。キックオフとともに、平塚が後ろへそらしたボール、林がロングシュートを狙いますが、これはGK12がセーブ。

バディーSCは3分には中盤でボールをカット、中央を19が仕掛けていきますが、林がスライディングでクリア。左コーナーキックに。22が入れたボール、19が合わせますが、斎藤がセーブ。再び左コーナーキックに。このコーナーキック、しのいだフロンターレは陶山から左サイド、ステンパーへ。ステンパーが高い位置へ仕掛け、正面へボールを送ると、おさめた新堀が鋭く切り返してシュート。これが決まり、1-0。見事にカウンターが結実し、フロンターレは先制します。

ところが5分、バディーSCは18がエリア左へ。正面へ折り返すと、フリーで19がシュート。これが決まり、1-1に。

追いつかれたフロンターレは、関が最終ラインの間に下り、平塚が中央に。林から右サイド高い位置の柏村へ展開するなどして、攻めの機会をうかがいに。7分には林のフィードをステンパーがおさめ、新堀がエリア外右からエリア内へ仕掛けていきますが、ここはバディーSCの守備が阻み、直後にはバディーSC、正面へ19が抜け出そうとしますが、陶山がカバー。斎藤に戻してボールを自分たちで動かしにいきます。

フロンターレは9分、平塚に代わり14奥田悠真。10分にはバディーSC、右から5が折り返すと、19が正面で合わせますが左へ。さらに12分にはスルーパスに、11がエリア右へ。ここは林が体を入れ、シュートは打たせず。

さらにスルーパスに、5がエリア右へ。シュートはサイドネットをたたきましたが、フロンターレとしてはひやりとする場面が続いていきます。

前に19が動き出し、中央をうまく持ち出した8が縦へボールをつけてくるバディーSCに対して、林や関が粘り強く寄せにいくなどして、しのいでいくフロンターレ。16分には関から右へ展開。ステンパーに渡り、ステンパーから正面の関へ。関のパスにエリア内へ奥田が抜け出すもオフサイド。さらに関の浮き球をおさめた新堀がエリア右へ仕掛けていき、右コーナーキックに。新堀が入れたボール、遠いサイドに柏村が飛び込みますが、柏村のファールに。

18分には新堀から左へ展開。陶山の折り返しに、新堀が迫りますが、GK12がセーブ。さらに林の浮き球に、ステンパーがエリア左へ。しかし、ここでもGK12がセーブ。さらに高い位置で奥田がマイボールに。左へ展開。ステンパーがエリア左へ。GK12を振り切ろうとしますが、GK12も粘り強く守り、シュートは打てず。

すると19分、バディーSCは19がエリア外右へ。エリア右へ仕掛けてシュートを打つとニアを抜くかたちで決まり、1-2。勝ち越しのゴールはバディーSCに入ってしまいます。

フロンターレはここで関に代わり6楠田遥希を入れ、林を前に上げますが、試合はまもなくタイムアップとなり、1-2。フロンターレは3位で大会を終えることになりました。

結果は残念ですが、多くのゴールを決め、攻守にいいプレーを重ねていった姿は心に残るものがありました。

全国大会出場はならなくとも、培われたものは必ず生きてくると思います。これからも選手たちがどうなっていくのか、とても楽しみにしています。

前半0-0 後半1-2 計1-2
得点:新堀翔

フロンターレの先発:16斎藤准也、7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、5関徳晴、10平塚隼人、9佐々木雄基、13新堀翔(c)
交代:佐々木→11ステンパールカ大翔 平塚→14奥田悠真 関→6楠田遥希
控え:1井澤明己 2榎本司 8吉田志生

(文中敬称略)

試合を前にした選手たち

全員で円陣を組む

斎藤准也選手
関徳晴選手
斎藤准也選手
平塚隼人選手

陶山響選手
新堀翔選手
陶山響選手
柏村涼太選手

柏村涼太選手
控えの選手たちも声をたやさずに一緒に戦った
佐々木雄基選手
関徳晴選手
新堀翔選手
関徳晴選手
佐々木雄基選手
平塚隼人選手
林駿佑選手
佐々木雄基選手
平塚隼人選手
佐々木雄基選手
新堀翔選手

新堀翔選手

関徳晴選手
新堀翔選手

ステンパールカ大翔選手
陶山響選手
平塚隼人選手
ステンパールカ大翔選手

新堀翔選手がエリア前に

先制点はフロンターレへ

バディーSCが同点とする
関徳晴選手
ステンパールカ大翔選手
新堀翔選手
陶山響選手
柏村涼太選手

関徳晴選手
奥田悠真選手
林駿佑選手
奥田悠真選手
ステンパールカ大翔選手
関徳晴選手
柏村涼太選手
林駿佑選手
陶山響選手
柏村涼太選手
勝ち越しのゴールはバディーSCへ

楠田遥希選手が入り、同点を狙うフロンターレ
1-2でタイムアップ

試合を見守った家族らのもとへ

多くのフロンターレU-12の5年生やU-10の選手らも応援に駆けつけた

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です