フロンターレU12 – SFAT ISEHARA SC / 全日本U-12サッカー大会県大会準々決勝


11月23日綾瀬スポーツ公園で行われた全日本U -12サッカー選手権大会神奈川県大会。5回戦のJFC FUTURO戦を6-0で制したフロンターレは、ESFORCO F.C.に5-1で勝利したSFAT ISEHARA SCとの準々決勝に臨みました。

【川崎フロンターレU -12 全日本U -12サッカー選手権大会神奈川県大会準々決勝 vs SFAT ISEHARA SC】
11月23日(土)午後1時34分キックオフ 綾瀬スポーツ公園 雨 20分ハーフ 8人制

フロンターレの先発は、GK16斎藤准也、最終ラインは右から7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、中盤は5関徳晴、10平塚隼人、前線には9佐々木雄基、キャプテンの13新堀翔。

5回戦の際と同様に、雨が降り続き、心なしか朝よりも気温が下がっているようにも感じさせられる綾瀬スポーツ公園。それでも綾瀬スポーツ公園のフェンス際には多くの選手の家族らが集まり、見守るなか、試合は始まりました。

立ち上がりからゴールへ迫ったのはフロンターレ。右サイドでボールをおさめた新堀のパスに、関がエリア外右へ。GK1がやや前に出ていたところを突いて、ループシュートを打ちますが、わずかに左へ。得点とはなりませんでしたが、おびやかしていきます。

2分には右サイド、柏村の縦パスに、佐々木が右サイド高い位置へ。スルーパスに、新堀が正面へ。ここはGK1が阻み、ゴールとはならず。一方のSFATも、55がおさめ左の7へつなげにいきますが、柏村がカバー。右へ開いた平塚、平塚から左サイドの陶山、陶山から中盤の関、右の柏村へつなげ、柏村の縦パスを正面で新堀がおさめていくと、走り込んだ林がミドルシュートを打つも上に。ゴールとはなりませんでしたが、人をかけて迫っていきます。

3分には、関が新堀とのパス交換からエリア外右へ。シュートを打つも枠外。さらに迫るのはフロンターレ。4分、柏村が右から仕掛け、ゴール前に折り返すとボールは佐々木へ。SFATは佐々木に粘り強く人をかけて寄せにいくも、新堀がシュート。これが決まり、1-0。先制点はフロンターレへ。

フロンターレは、平塚が前に動き出す新堀へ浮き球を入れ、さらにゴールをうかがいに。SFATも中盤でボールをカットし、左へ7が仕掛けていきますが、柏村が寄せ、柏村から受けた新堀が右サイドを仕掛け、攻めに転じていきます。

6分には平塚から左へ展開。陶山が仕掛けていくと、エリア外左でこぼれ球を拾った平塚がシュート。ゴール左をとらえますが、GK1が好セーブ。

フロンターレはたて続けにコーナーキックを得ますが、SFATもゴール前で粘り強く守り、しのいでいきます。

SFATが最終ラインから組み立てを図るのに対して、高い位置で佐々木がボールを奪いにいくなどして、フロンターレはマイボールに。林が佐々木を前に走らせるフィードを入れるなど、長いボールも交えていき、平塚のパスを新堀がおさめ、新堀のパスに柏村が高い位置へ。関が新堀へ預け、エリア前に上がるなどしていきます。

SFATも、左から7が仕掛けていきますが、柏村がカット。そこから新堀へつなげ、切り替えの良さを出し、12分には陶山が新堀とのパス交換から左サイドの高い位置へ。折り返しに、最後は佐々木がシュートを打ちますが、GK1がセーブ。

セカンドボールを関や平塚がものにして、ラインを高く保ち前へ出ていくフロンターレ。14分には、左へ佐々木が流れ、陶山が中央を仕掛け、関、平塚を経由して右の柏村へ。柏村は平塚へ戻し、林から左サイドの高い位置、陶山へ。陶山の折り返しに、エリア外左、関がシュートを打ちますが上に。

そして15分、フロンターレは平塚から右の柏村へ。柏村の縦パスに、エリア右、新堀がシュートを打つとゴール左へ決まり、2-0。追加点をものにします。

直後にはSFAT、中央から右へ展開。23へ渡り、23のパスに55がエリア右へ。切り返しからシュートを打ちますが右へ。

さらに55がおさめ左へ展開していきますが、柏村がカット、林につなげていきます。

フロンターレは、18分には関が寄せてマイボールにし、平塚が左サイドを突くパスを出し、陶山に渡り、陶山は佐々木を高い位置へ走らせていくと、拾った陶山がエリア左へ仕掛け、折り返しますが、SFATはこれをクリア。

さらに林の縦パスに、関がエリア右へ。折り返しはクリアされ、右サイドのスローインに。正面へ新堀が抜け出し、左へ流れた佐々木へ展開。仕掛けていったところ、新堀がこぼれ球を拾い、最後は正面で関がシュート。これが決まり、3-0。フロンターレはさらに突き放します。

7の左からの仕掛けに対して、林がボールを奪い阻んでいくフロンターレ。20分にはさらに右コーナーキックとなりますが、セカンドボールを拾った平塚が縦へ仕掛け、攻めに持ち込んでいきます。前半はタイムアップ。3-0でハーフタイムへ。

 

後半フロンターレは陶山に代わり2榎本司が入り、最終ラインは右から榎本、林、柏村に。さらに佐々木に代わり11ステンパールカ大翔が前線に入ります。

立ち上がりにはフロンターレ、榎本が右サイドでボールをカット。縦へ仕掛け、正面やや右の平塚へ。シュートは相手選手に当たりますが、GK1がセーブしていきます。

さらにフロンターレは関や榎本がボールに触れ、浮き球に新堀が右サイドの高い位置へ流れ、相手陣内でプレーを重ねていき、新堀から平塚、平塚が右サイドの榎本へ戻し、林を経由して左の柏村が仕掛けるなど、両サイドから攻めていきます。

2分には、新堀の縦パスに、ステンパーがエリア正面へ。ここはGK1がクリア。さらに続けて榎本が右サイドでボールをカット、そのまま縦へ仕掛け、ボールはエリア右、新堀へ。新堀がシュートを打つとゴール左、詰めたステンパーが押し込み、4-0。

攻め手を緩めないフロンターレは、直後には、林の浮き球に、新堀がエリア内右へ。シュートを打ちますが上に。さらにステンパーがボールをおさめ、新堀とのパス交換からエリア正面へ抜け出しますが、これはオフサイド。直後には、関から左へ流れたステンパーへ。ステンパーのリターンを受けた平塚がミドルシュートを打つも、ワンタッチあり、右コーナーキックに。

コーナーキックのセカンドボールもものにして、左サイドでスローインとし、柏村から榎本、榎本から新堀、新堀からステンパーとつないで、ステンパーのパスに、平塚がエリア内へ飛び出しますが、ここはシュートまではいけず。

フロンターレは8分、GKが斎藤から1井澤明己に。直後にはSFAT、左からクロスを入れますがこれは井澤がしっかりセーブ。いいかたちで試合に入っていきます。

9分には井澤が送ったボール、左サイドでステンパーがおさめ、ステンパーから右の新堀へ。新堀のリターンを受けた榎本が縦へ仕掛け、シュート。わずかに右へ。

SFATの前線の55に対しては柏村が寄せ、マイボールにしていくと、10分には左へ開いた柏村、関とつながり、関の縦パスをステンパーがおさめ、エリア内へ仕掛けますが、シュートまではいけず。さらに榎本が縦へ持ち込み、エリア内のステンパーへ。こぼれ球を拾った関がミドルシュートを打ちますが、SFATが阻み、左コーナーキックに。

フロンターレはここで関に代わり14奥田悠真。さらに12分には平塚に代わり6楠田遥希。

13分にはフロンターレ、林の縦パスに、奥田が縦へ仕掛け、正面へスルーパスを出すと抜け出したのはステンパー。ゴールへ流し込み、5-0。出し手と受け手の息のあった見事なかたちで、フロンターレは突き放します。

フロンターレはここで新堀に代わり8吉田志生。

14分にはさらに榎本が右サイドから斜めに左サイドへ持ち込み、左クロス。右サイドで吉田が拾い、正面で榎本がシュート。詰めたステンパーが押し込み、6-0。ステンパーはハットトリック。

直後にはSFAT、エリア外右で枠をとらえたミドルシュートを打つも、井澤がはじき出して阻み、得点とはさせず。コーナーキックをしのいだフロンターレは、柏村が吉田とのパス交換から高い位置へ。ルーズボールを拾った奥田が正面でシュートを打ちますが、GK1がセーブ。さらに17分には奥田の縦パスに、榎本が正面へ。シュートを打つもGK1がセーブ。

フロンターレはさらに右サイドで吉田が鋭い切り返しを見せ、榎本や柏村、楠田や林がボールを動かし、林のフィードに、楠田がエリア内へ走り出し、コーナーキックを得るなどしていきます。

SFATも左から7が仕掛けますが、榎本がカット、井澤へつなげ、井澤のフィードに、ステンパーが縦へ仕掛け、終盤に入っても、切り替えの良さを出していきます。ロスタイムには、ステンパーが右サイドから一気にエリア右へ。シュートを打ちますがGK1がセーブ。試合はここでタイムアップとなり、6-0。

フロンターレは11月24日、バディーSCとの準決勝に臨むことになりました。

昨年の全日本U-12選手権大会で川崎フロンターレU-12が優勝し、今年は神奈川県に出場権が2つ与えられているため、準決勝に勝利すれば、フロンターレは3年連続で全日本U-12サッカー選手権大会に出場することになります。

前半3-0 後半3-0 計6-0
得点:新堀翔2、関徳晴、ステンパールカ大翔3

フロンターレの先発:16斎藤准也、7柏村涼太、3林駿佑、4陶山響、5関徳晴、10平塚隼人、9佐々木雄基、13新堀翔(c)
交代:佐々木→11ステンパールカ大翔 陶山→2榎本司 斎藤→1井澤明己 関→14奥田悠真 平塚→6楠田遥希 新堀→8吉田志生

(文中敬称略)

円陣を組む選手たち

陶山響選手
斎藤准也選手
新堀翔選手
佐々木雄基選手
平塚隼人選手
陶山響選手
新堀翔選手

新堀翔選手がシュート

先制点はフロンターレへ
平塚隼人選手
関徳晴選手
佐々木雄基選手
平塚隼人選手がシュート

陶山響選手
斎藤准也選手
柏村涼太選手
新堀翔選手
陶山響選手
林駿佑選手
林駿佑選手
佐々木雄基選手
平塚隼人選手
新堀翔選手がシュート
2-0に

柏村涼太選手
林駿佑選手
陶山響選手
関徳晴選手が決め3-0

佐々木雄基選手
関徳晴選手
斎藤准也選手
平塚隼人選手
榎本司選手
井澤明己選手、奥田悠真選手
吉田志生選手

ステンパールカ大翔選手
榎本司選手
平塚隼人選手
榎本司選手
新堀翔選手

ステンパールカ大翔選手が決め、4-0

林駿佑選手
ステンパールカ大翔選手

榎本司選手
ステンパールカ大翔選手
柏村涼太選手
新堀翔選手
斎藤准也選手
井澤明己選手
柏村涼太選手
新堀翔選手
榎本司選手
ステンパールカ大翔選手
関徳晴選手
ステンパールカ大翔選手

関徳晴選手
奥田悠真選手

ステンパールカ大翔選手が抜け出す
5-0に

奥田悠真選手
榎本司選手がシュート
最後はステンパールカ大翔選手が決めて6-0

井澤明己選手
柏村涼太選手
榎本司選手
楠田遥希選手
吉田志生選手
楠田遥希選手
奥田悠真選手
吉田志生選手
吉田志生選手

林駿佑選手
楠田遥希選手
榎本司選手

井澤明己選手
楠田遥希選手
榎本司選手
ステンパールカ大翔選手
6-0でタイムアップ

準決勝へ

 

 

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です