フロンターレU12 – FCバモス / 松村杯予選リーグ第1戦


9月21日、川崎市のU-12年代の秋の大会、松村杯が開幕しました。少年の部と少女の部が設けられた毎年恒例の大会。少年の部には、77チームが出場。AからYまで25ブロック、3から4チームずつに分かれ、決勝トーナメントへの出場権を懸けた予選リーグを行います。

 

ダノンネーションズカップや、川崎市の春の大会、斎藤旗争奪春季少年サッカー大会などは新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、中止になっており、今季初めての公式戦。フロンターレは、FCバモス、FC鷹とともにRブロックに入りました。

 

なお、この記事はフロンターレに取材を依頼し、了解を得たうえで、写真やメモを取り、書かせていただいています。

 

【川崎フロンターレU-12 松村杯PUMAカップ争奪秋季少年少女サッカー大会少年の部予選リーグ第1戦 vs FCバモス】

9月21日(月)午前9時キックオフ 小田多目的広場 くもり 15分ハーフ 8人制

 

初戦の相手は、FCバモス。

 

フロンターレの先発は、GK1栗原聖央、最終ラインは右から3菊池京、5メンディーサイモン友、14橋本乃翔、中盤はキャプテンの10奥田悠真、右に6小川尋斗、左に7尾関悠太、前線には9白倉凜生。

 

朝から雲が立ち込め、秋の訪れを感じさせられるような涼しい気候の小田多目的広場。両チームの選手の家族らが見守るなか、試合は始まりました。

 

立ち上がりから前に出ていくフロンターレ。1分には菊池から右へ展開。小川尋斗の裏を突くパスに抜け出したのは奥田。GK1が前に出ているところをループシュート。これが決まり、1-0。フロンターレが早くも先制します。

 

2分にはFCバモスも、縦パスをカットした9がエリア外右へ。ミドルシュートを打ちますが、これは枠外。

 

フロンターレは、さらに栗原のフィードを白倉がおさめ、右の小川尋斗へ展開するなど、後ろからも早い展開で、ゴールの前に迫っていきます。

 

FCバモスも、縦パスを29が読みよくカットし、そこから縦に持ち出していきますが、メンディーが奪い返し、そこから白倉へ。白倉は奥田とのパス交換からエリア正面へ。FCバモスの守備に阻まれたものの、切り替え良く、攻めにつなげていきます。

 

4分には、正面の奥田からエリア左を突くパス。抜け出したのは尾関。ゴール右を狙いシュートを打ちますが、FCバモスはクリア。さらに正面で奥田が拾い、フロンターレは相手陣内で時間を重ねていきます。

 

栗原が後ろで声をかけて、前線の選手へ指示も出しながら、フロンターレは前に出ていき、白倉が下がり目で受ける一方、尾関や奥田が前に飛び出すなどして、迫っていきます。

 

5分にはFCバモス、右サイドでのスローインから8がエリア右へ抜け出しますが、菊池がカバー。直後には、フロンターレ、白倉が下がり目で受け、左サイドを突くパスを出すと、抜け出した尾関が折り返し、正面で橋本がシュートを打ちますが、これは左へ。

 

フロンターレはボールがFCバモスに渡っても高い位置で橋本が厳しい寄せからマイボールにするなどして、さらに攻めへつなげていきます。

 

6分には、橋本、尾関、白倉とテンポよく回して、白倉のパスに、奥田がエリア左へ。ここはFCバモスの12が好守を見せて、左コーナーキックに。奥田が右足でボールを入れると、白倉が合わせますが、左へそれていきます。

 

7分には、さらに小川尋斗のパスを白倉がおさめ、左にいったん展開。奥田のリターンに、正面やや右で白倉がシュートを打つと、ゴールネットが揺れ、2-0。好連係からフロンターレが突き放します。

 

たたみかけていくフロンターレ。さらに白倉からエリア左、奥田へ渡ったところ、FCバモスは阻みますが、橋本が高い位置で奪い返し、エリア左で折り返すと、エリア右で小川尋斗がシュート。これが決まり、3-0に。

 

8分には、左サイドでのスローイン、小川尋斗がエリア左に持ち込んでゴール右を狙いますが、右へ。

 

さらに9分にもフロンターレ、エリア前でボールをカットすると、白倉が巧みにボールを浮かせ、シュート。これも決まり4-0に。

 

直後にはFCバモス、9がエリア右へ仕掛けていきますが、橋本が粘り強く寄せ、シュートは打たせず。

 

フロンターレはさらにメンディーの縦パスに、奥田がうまく前を向いて、左の尾関へ展開。尾関からエリア外右、小川尋斗へ。小川尋斗はファールを受けてフリーキックに。キッカーの小川尋斗は直接シュートを打ちますが、GK1がセーブ。

 

さらにポジションを入れ替えながら迫るのはフロンターレ。11分には、白倉がうまく前を向いて、エリア右、奥田へ。奥田が正面へ送ったボールを尾関が押し込み、5-0に。

 

フロンターレは緩まずに攻めていくと、直後には、橋本のプレスから左サイドでのスローインを得て、その流れから白倉がエリア左へ。白倉が粘って得た左コーナーキック、奥田が右足でボールを入れると、ニアで菊池が合わせるも、これは決まらず。さらに拾ったフロンターレ、奥田が左クロスを上げると、遠いサイドでメンディーが合わせますが、GK1がセーブしていきます。

 

FCバモスも、13分には、縦パスをカットした9がエリア外右へ。ミドルシュートを打ちますが、枠外。

 

再び攻めに転じたフロンターレは、奥田が中央へ顔を出した尾関に預け、尾関のパスにエリア左へ。シュートはポストに阻まれたものの、ここでもいい連係で迫っていきます。

 

15分には、メンディーの縦パスを奥田がおさめ、白倉へ。白倉のパスにエリア正面やや左へ抜け出したのは奥田。シュートを打つと、ゴール右へ決まり、6-0。直後には菊池の裏を突くパスに抜け出した白倉。GK1が前に出て防いだものの、好機をつくっていきます。

 

前半はここでタイムアップ。6-0でハーフタイムへ。

 

後半フロンターレは、GK19高橋壱梛、最終ラインは右から4瀬尾映介、菊池、15川端里季、中盤は8山川陽平、右に2日暮大陸、左に尾関、前線には13岡大翔。メンバーを6人入れ替えてのスタート。

立ち上がり、後ろでボールを回しながら川端が中央へ切れ込み、右の瀬尾へつなげていくと、2分には、中央の山川が右サイドを突くパスを出すと、瀬尾が縦に仕掛け、最後はエリア右、日暮がシュートを打ちますが、GK90がセーブ。さらにこぼれ球を拾った尾関がシュートを打ちますが、ここでもGK90が阻んでいきます。

 

さらにテンポよくボールを回していくフロンターレ。3分には、菊池から右へ展開。瀬尾へつながり、瀬尾から正面の岡へ。岡のパスに、エリア内へ日暮が抜け出しますが、オフサイドに。

 

山川や菊池、尾関も中央に寄り、川端が左サイドの高い位置へ上がっていくなど、相手陣内でプレーを重ねていくフロンターレ。尾関が右サイド、瀬尾がエリア内へ顔を出すなど攻めていくと、6分には、岡から右へ展開。日暮がエリア内へ折り返すと、これを瀬尾が決めて、7-0。フロンターレが追加点をものにします。

 

直後にもフロンターレ、日暮から正面の尾関へボールが渡ると、尾関のパスにエリア内へ抜け出した岡が鋭いターンからシュート。8-0に。

 

7分には、中央の山川のスルーパスに、エリア内へいい動き出しで抜け出したのは日暮。GK90をかわしてシュートを打つと、これが決まり、9-0。

 

さらに山川がうまく左右を突くパスを出すなどして、フロンターレはゴールを狙いに。9分にはスルーパスにエリア左へ抜け出した、尾関がシュートを打ちますが、FCバモスはブロック。正面で拾った山川がミドルシュートを打ちますが、ここもFCバモスの守備が阻み、右コーナーキックに。川端が左足でボールを入れると、正面で拾った尾関の縦パスに日暮が抜け出しますが、FCバモスも粘り強く守っていきます。

 

11分には、正面の尾関がうまくエリア内へ進入、シュートを打ちますが、GK90も好守で応え左コーナーキックに。フロンターレは、ショートコーナーを選択。クロスを菊池が折り返しますが、シュートまではいけず。

 

FCバモスも、12分にはカウンターに持ち込むと、8が右から仕掛けていきますが、菊池が寄せていき、最後はボールをカットする好守で阻んでいきます。

 

直後にはフロンターレ、山川から右サイドのスペースを突くパスが出ると、抜け出した瀬尾がエリア右へ。瀬尾は中央へ切れ込み、そのパスに岡が抜け出しますが、GK90がセーブ。

 

フロンターレはボールを奪われても川端がすぐさま奪い返し、流れは渡さず。14分には、山川のスルーパスに、川端がエリア左へ。シュートはサイドネットをたたくもここでも好機をつくっていきます。

 

14分には菊池の縦パスに瀬尾が高い位置へ。仕掛けて、右コーナーキックを得ると、川端が入れたボール、頭で合わせたのは日暮。ゴールネットを揺らして、10-0に。

 

直後にも、フロンターレ、日暮がパス交換からエリア内へ。シュートがGK90に阻まれたところで試合はタイムアップ。10-0。フロンターレは、今年から新たに加わった選手も好プレーを重ね、メンバーを入れ替えても多くのゴールを決められるような力のあるチームになりつつある、と感じさせられるかたちで、今季初めての公式戦を勝利で飾りました。

 

前半6-0 後半4-0 計10-0

 

得点:奥田悠真2、白倉凜生2、小川尋斗、尾関悠太、瀬尾映介、岡大翔、日暮大陸2

 

フロンターレの先発:1栗原聖央、3菊池京、5メンディーサイモン友、14橋本乃翔、10奥田悠真(c)、6小川尋斗、7尾関悠太、9白倉凜生

 

交代:栗原→19高橋壱梛 メンディー→4瀬尾映介 橋本→15川端里季 奥田→8山川陽平 小川尋斗→2日暮大陸 白倉→13岡大翔

 

(文中敬称略)

 

栗原聖央選手
高橋壱梛選手
星颯選手
菊池京選手
橋本乃翔選手
岡大翔選手
川端里季選手
瀬尾映介選手
小川尋斗選手、瀬尾映介選手
橋本乃翔選手

小川尋斗選手
菊池京選手
奥田悠真選手がシュート

先制点はフロンターレへ

菊池京選手
メンディーサイモン友選手
白倉凜生選手
尾関悠太選手
尾関悠太選手
小川尋斗選手
奥田悠真選手がゴールに迫る

栗原聖央選手
白倉凜生選手がシュート
2-0に

小川尋斗選手も決めて3-0

橋本乃翔選手
白倉凜生選手
白倉凜生選手がさらに決めて4-0

菊池京選手
小川尋斗選手
奥田悠真選手が仕掛ける
尾関悠太選手が決めて5-0

尾関悠太選手

メンディーサイモン友選手
奥田悠真選手がシュート
尾関悠太選手
橋本乃翔選手
奥田悠真選手が決めて6-0
瀬尾映介選手
菊池京選手
高橋壱梛選手
尾関悠太選手
尾関悠太選手
瀬尾映介選手
日暮大陸選手
山川陽平選手
川端里季選手
山川陽平選手
日暮大陸選手が仕掛ける
瀬尾映介選手がシュート
7-0に

瀬尾映介選手
日暮大陸選手
山川陽平選手
高橋壱梛選手
岡大翔選手

岡大翔選手がシュート
8-0に

日暮大陸選手
日暮大陸選手がシュート
9-0となる
瀬尾映介選手
尾関悠太選手
菊池京選手
岡大翔選手
川端里季選手
日暮大陸選手が決めて10-0

10-0でタイムアップ

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です