関東大学サッカーリーグ第9節 / フロンターレアカデミー出身の選手たち


関東大学サッカーリーグは6月12、13日に第9節を開催。今節も多くのフロンターレアカデミーの選手たちがそれぞれの試合に臨みました。この記事では、そうした選手たちのことをつづっていきたいと思います。


今節は新たに慶應義塾大のMF茅野優希(1年)=フロンターレU-15→慶應義塾高校=が関東大学サッカーリーグの出場選手に名前をつらねました。

茅野優希選手



なお、1部の国士舘大 vs 流通経済大が、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、延期となっています。


【関東大学サッカーリーグ1部第9節】
6月13日(日)

●早稲田大 vs 桐蔭横浜大〇
前半1-1 後半2-3 計3-4

森璃太選手
早坂勇希選手
高吉正真選手
山内日向汰選手
山田新選手



※早稲田大※
DF25 森璃太 (2年) フロンターレU-18 先発、1アシスト

※桐蔭横浜大※
GK1 早坂勇希 (4年) フロンターレU-18 先発
DF5 高吉正真 (3年) フロンターレU-18 先発
MF24 山内日向汰 (2年) フロンターレU-18 先発
FW9 山田新 (3年) フロンターレU-18 途中出場、1アシスト

早稲田大と桐蔭横浜大との一戦では、早稲田は森、桐蔭横浜大は早坂、高吉、山内が先発フル出場。10日に全日本大学選抜候補の一員として、U-20日本代表候補とのトレーニングマッチに出場し、2得点を記録した山田は61分から出場。


試合は、12分に松本太一のゴールで桐蔭横浜大が先制するも37分早稲田は、大西翔也が決め同点に。後半、48分篠原友哉のゴールで桐蔭横浜大が勝ち越すも、55分加藤拓己のゴールで再び早稲田が試合を振り出しに。78分にはエリア外右から森が入れた地を這うような速いボールを、ゴール左に詰めていた水野雄太が決め、森のアシストで早稲田がこの試合初めてリード。

しかし、桐蔭横浜大は87分小関陽星がエリア外正面から放ったシュートが決まり、3-3に。そして、93分、右サイドを抜け出した山田の折り返すと、1対1となった左部開斗がゴールへ流し込み、3-4。最後には山田のプレーが決勝点に結びつき、桐蔭横浜大がシーソーゲームを制することになりました。


〇順天堂大 vs 立正大●
前半0-0 後半2-1 計2-1

小川真輝選手



※順天堂大※
DF5 小川真輝 (4年) フロンターレU-18 先発

9日に行われた天皇杯2回戦でFC東京に勝利した順天堂大と立正大との一戦では、小川が先発フル出場。試合は、51分清水勇貴のゴールで順天堂大が先制するも70分坂井剛のゴールで立正大が同点に。しかし、81分の岩井琢朗のゴールが決勝点となり、順天堂大が勝利しています。


●筑波大 vs 拓殖大〇
前半0-2 後半1-1 計1-3

池谷祐輔選手
浅倉廉選手



※筑波大※
MF8 池谷祐輔 (4年) フロンターレU-18 途中出場

※拓殖大※
MF16 浅倉廉 (2年) フロンターレU-15→静岡学園 途中出場

筑波大と拓殖大との一戦では、池谷が75分から、浅倉は89分から出場。試合は前半28分に田中幸大のゴールで先制した拓殖大が山中麗央が35分に追加点を決め、後半には、61分山中麗央のこの日2点目となるゴールで0-3に。


筑波大は森海渡が90分に決め反撃するも、試合は1-3でタイムアップ。拓殖大が勝利することになりました。



【関東大学サッカーリーグ2部第9節】
6月12日(土)

△日本大 vs 立教大△
前半0-0 後半0-0 計0-0

栗田悠巨選手



※日本大※
DF26 栗田悠巨 (2年) フロンターレU-18 SUB


日本大と立教大との一戦では、栗田が控えに。試合はともにゴールはなく、勝ち点1を分け合うことになりました。



△専修大 vs 東洋大△
前半0-2 後半3-1 計3-3

桝谷岳良選手



※東洋大※
MF13 桝谷岳良 (4年) フロンターレU-18 途中出場

専修大と東洋大との一戦では、桝谷が82分、第2節以来のピッチへ。しかし、東洋大に退場者が出たことで90分に交代に。

試合は前半横山塁と山下勇希のゴールでリードした東洋大が、57分中村勇貴のゴールでさらに突き放すも、専修大は73分浦川流樺、82分には菊地健太が決め1点差に。そして91分浦川流輝亜のゴールで追いつき、引き分けに持ち込むことになりました。




△日本体育大 vs 東海大△
前半0-0 後半0-0 計0-0

大曽根広汰選手


※日本体育大※
MF11 大曽根広汰 (4年) フロンターレU-18 先発

日本体育大と東海大の一戦では、大曽根が先発し78分まで出場。試合はスコアレスで勝ち点1を分け合う結果となりました。


〇中央大 vs 関東学院大●
前半2-0 後半2-0 計4-0

新井秀明選手
髙岸憲伸選手
有田恵人選手



※中央大※
DF12 新井秀明 (4年) フロンターレU-18 先発
MF10 髙岸憲伸 (4年) フロンターレU-15→星稜 先発
FW22 有田恵人 (2年) フロンターレU-18 先発 1ゴール

中央大と関東学院大との一戦では、新井は先発フル出場、髙岸は先発し61分まで出場。また、初先発の有田は、3-0と中央大がリードして迎えた50分山﨑希一のクロスを頭で合わせて初得点を記録。59分まで出場し、中央大の4-0での快勝に貢献する活躍を見せました。



●神奈川大 vs 東京国際大〇
前半0-1 後半0-2 計0-3

※神奈川大※
MF16 藤田雄士 (4年) フロンターレU-15→市立船橋 途中出場

神奈川大と東京国際大との一戦では、藤田が65分から出場。試合は東京国際大が3分に賀茂大紀のゴールで先制。後半には落合陸の2得点で突き放し、勝利をおさめています。





このほか東京都大学サッカーリーグ2部では、上智大のFW池田総一郎(4年)=フロンターレU-15→川和、創価大のDF鈴木康平(1年)=フロンターレU-15→創価高校=が先発フル出場。

池田総一郎選手
鈴木康平選手




関東地区のインディペンデンスリーグでは、國學院大のDF橋本結人(1年)=フロンターレU-15→市立船橋=が87分から出場。また、産業能率大のDF松永竜之介(1年)=フロンターレU-18=が控えに入りました。

橋本結人選手
松永竜之介選手




関東大学サッカーリーグは6月19、20日に第10節が開催。延期となっていた慶應義塾大 vs 拓殖大、順天堂大 vs 桐蔭横浜大、東洋大 vs 東京学芸大、立教大 vs 東海大は6月16日に行われます。


川崎そだちでは、これからも選手たちの活躍を伝えることをとても楽しみにしています。


(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です