関東大学サッカーリーグ第13節 / フロンターレアカデミー出身の選手たち


関東大学サッカーリーグは8月7、8日に第13節が行われ、川崎フロンターレアカデミー出身の選手たちもそれぞれの試合に臨みました。

この記事では、そうした選手たちのことを記していきたいと思います。なお、今節は1部の明治大 vs 拓殖大、早稲田大 vs 流通経済大、順天堂大 vs 桐蔭横浜大、2部の東京国際大 vs 関東学院大、中央大 vs 産業能率大、東洋大 vs 専修大、日本大 vs 東海大の計7試合が新型コロナウイルス感染症の影響を受け、延期となっています。


【関東大学サッカーリーグ1部第13節】

8月7日(土)

〇法政大 vs 慶應義塾大●
前半1-1 後半1-0 計2-1

茅野優希選手
フロンターレ加入内定の松井蓮之選手



※慶應義塾大※
MF32 茅野優希 (1年) フロンターレU-15→慶應義塾高校 SUB

法政大と慶應義塾大との一戦では、茅野が控えに。試合は、前半、13分に中井崇仁のゴールで法政大が先制。しかし、36分慶應義塾大は橋本健人のゴールで1-1に。

1-1で迎えた87分、法政大は飯島陸のゴールで勝ち越し。法政大が勝利をおさめています。

なお、フロンターレ加入内定、法政大のMF松井蓮之(4年)は先発フル出場。決勝ゴールをアシストしています。


〇筑波大 vs 国士舘大●
前半2-1 後半4-0 計6-1

池谷祐輔選手



※筑波大※
MF8 池谷祐輔 (4年) フロンターレU-18 SUB

筑波大と国士舘大との一戦では、池谷が控えに。試合は、5分国士舘大が布方叶夢のゴールで先制するも、14分竹内崇人のゴールで筑波大が同点。37分に竹内が再び決めて、2-1と勝ち越すと、後半には森海渡のハットトリックと岩本翔のゴールで4点を加え、6-1で勝利しています。



【関東大学サッカーリーグ2部第13節】
8月8日(日)

〇東京学芸大 vs 神奈川大●
前半0-0 後半1-0 計1-0

三本木達哉選手


※神奈川大※
DF2 三本木達哉 (4年) フロンターレU-15→流通経済大柏 先発
DF16 藤田雄士 (4年) フロンターレU-15→市立船橋 途中出場

東京学芸大と神奈川大との一戦では、三本木が先発フル出場。また、藤田は81分から出場。試合は94分、鈴木魁人のゴールで先制した東京学芸大が勝利しています。


〇日本体育大 vs 立教大●
前半1-0 後半0-0 計1-0

大曽根広汰選手



※日本体育大※
MF11 大曽根広汰 (4年) 先発、1ゴール

日本体育大と立教大との一戦では、大曽根が先発し66分まで出場。試合は20分、日本体育大がボールを奪いカウンターに。弓削翼のラストパスに走り込んだ大曽根がゴールへ決めて、先制。大曽根の今季リーグ戦3ゴール目が決勝点となり、日本体育大が勝利しています。





他地区では、東北地区大学サッカーリーグ1部で、仙台大のDF伊従啓太郎(4年)=フロンターレU-18=が先発出場。

伊従啓太郎選手




東海学生サッカーリーグ1部では、静岡産業大のFW服部功汰(3年)=フロンターレU-12→多摩大目黒中→多摩大目黒高=が先発。

服部功汰選手




関西学生サッカーリーグ1部では、立命館大のMF戸水利紀(1年)=フロンターレU-18=が先発し、1ゴール1アシストを記録。

戸水利紀選手





また、関東地区のインディペンデンスリーグでは、日本体育大のMF鈴木大登(1年)=フロンターレU-18=が先発出場。

鈴木大登選手



東京都社会人サッカーリーグ1部では、明治学院大のMF上野綜太(3年)=フロンターレU-18、MF澤田泰大(2年)=フロンターレU-18=が先発出場しています。

上野綜太選手
澤田泰大選手



8月14、15日には関東大学サッカーリーグ第14節が行われるなど、暑いさなかも、続いていくシーズン。川崎そだちでは、選手たちそれぞれの活躍を、楽しみにしています。



(文中敬称略)

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です