フロンターレU18 – グラシア相模原 / 新人戦 2014


【川崎フロンターレU-18 新人戦Dブロック第3節vsグラシア相模原】

2月14日(日)午後1時10分キックオフ 45分ハーフ

綾瀬スポーツ公園 晴れ
前半8-0後半3-0計11-0

得点:渡邉啓太郎4 三笘薫3 岸晃司2 川崎晶弘 宮代大聖

前半のメンバー:21名良橋 25島崎 4長谷川 30横山 28川崎 31田中 5池谷 24渡邉 18三笘 23岸 36宮代

後半のメンバー:1早坂 5池谷 26粕川 30横山→27清治 28川崎 4長谷川→29小泉 31田中 11デューク・カルロス 22猪狩 18三笘 36宮代→15下野
※数字は背番号

神奈川県のクラブユースリーグの1部と2部の14チームを4ブロックに分け、競われる新人戦。
http://www.kanagawa-fa.gr.jp/club_u18/index.htm
FC川崎栗の木に4-0、ヘラクレス大磯に22-1と2連勝して迎えたフロンターレの予選リーグの最終戦。

先発はGKに名良橋。DFは右から島崎、長谷川、横山、川崎。中盤は田中、池谷(いけや)、2列目の右に渡邉、左に三笘。FWは岸、宮代。

晴天にも恵まれるなか、フロンターレが青黒、グラシアはグレーのユニホームでキックオフ。

立ち上がりからフロンターレペースで始まった試合。ただ相模原もコンパクトに守り、なかなかゴールを割れない。6分には中盤でボールを失い、シュートまで持ち込まれるも、これはオフサイド。

最終ラインから長谷川が好パスを出し受けた三笘が枠内シュートを放つもこれはGKが好セーブ。グラシア、なかなかの好チーム、という印象の最初の15分。

フロンターレの先制ゴールは17分。三笘がエリア左から右にパス。これをフリーで受けた渡邉が決めてゴールラッシュが始まります。
23分、三笘がエリア左手前でボールをキープしオーバーラップしてきた川崎へパス。ドリブルで進んだ川崎が折り返すとエリア内右からダイレクトで決めたのは渡邉。さらに25分、三笘からのスルーパスを受けた宮代が左に流れて、エリア内へ。これをまたもや渡邉が決めて3-0。渡邉は10分弱でハットトリック。
渡邉はこの冬はゴールを重ねており新シーズンが楽しみな選手の1人。エリア右から左足で狙うシュートのうまさが印象的です。

4ゴールを決めた渡邉選手。この冬好調。
4ゴールを決めた渡邉選手。この冬好調。

三笘のミドル、渡邉の4点目となるゴール、岸、さらに三笘からのパスをエリア左で受けた川崎がゴールを決めて7-0。45分には宮代のスルーパスから、岸がボールをトラップして、浮かせてDFを交わしGKとの1対1を決める秀逸なゴールで8-0。ここで前半終了。

岸選手(左から2人目)は2得点。前半のみの出場
岸選手(左から2人目)は2得点。前半のみの出場

三笘を起点に左サイドから崩す場面が目立った前半のフロンターレ。昨年からのレギュラー左SB原島に代わり出場した新2年の川崎の献身的な走り、積極的な攻撃参加も光りました。

右SBの島崎とともに献身的な走りで貢献した川崎選手。左SBは原島、新1年の新井両選手と楽しみな選手が多いです。
右SBの島崎とともに献身的な走りで貢献した川崎選手。左SBは原島、新1年の新井両選手と楽しみな選手が多いです。

後半はGKが早坂、DFは右から池谷、粕川、横山、川崎。中盤に田中と長谷川、2列目の右にデューク・カルロス、左に猪狩。三笘がトップ下、宮代がFWでスタート。
2分にパスに抜け出した宮代がGKをかわして9-0。

8分、FWに宮代に代わって下野。11分、CBが横山から清治に。15分に長谷川が下がって小泉が入り右SB。池谷が再び中盤に。
後半もボールを保持し、チャンスを作り出すのはフロンターレ。田中・池谷の両ボランチが攻撃にも積極的。

新1年の池谷選手。右の2列目から、昨年途中ボランチでプレーする機会が増えました。楽しみな選手の1人
新1年の池谷選手。右の2列目から、昨年途中ボランチでプレーする機会が増えました。楽しみな選手の1人

シュートはバーに阻まれるなどしてなかなかスコアを動かすことができなかったものの42分にドリブルでエリア内にボールを運んだ三笘が決めて10-0。終了間際にパスに抜け出した三笘がGKが前に出ているところをループシュートで決めてハットトリックで11-0。

フル出場でハットトリックの三笘選手
フル出場でハットトリックの三笘選手

グラシアの2度のシュートも早坂が冷静に止めて無失点。点差が開いてもミスには監督やコーチからときには厳しい声やこうしてごらん、というアドバイスもあり、最後までフロンターレらしいサッカーを磨きあげようとしていることがうかがえる試合となりました。

新人戦はこれで3連勝。得点37失点1得失点差+36。昨年は出場機会の少なかった選手や、U-15から昇格してくる選手のプレー時間も多く、新人戦という大会名にふさわしいな、と感じる3試合でした。次節は14日午前9時から馬入で湘南ベルマーレとの準決勝。Jリーグのユースとの準公式戦はどうなるのか、楽しみです。トップチームのホーム開幕戦の前に見に行きたいと思います。
(文中、敬称略)

写真はかんちさん撮影のものを使わせていただきました。いつもお疲れ様です。

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です