フロンターレU18 – アルビレックスU18 / クラブユース選手権グループステージ第1節


2-6の敗戦を喫した7月19日のプリンスリーグから3日。クラブユース連盟所属チームの日本一を決める日本クラブユース選手権大会が始まりました。出場32チームが8グループにわかれて、総当たりで試合を行い、上位2チームがトーナメントへ進出することができます。フロンターレU-18は2年連続の出場。Hグループに入り、アルビレックス新潟U-18、ヴァンフォーレ甲府U-18、ガンバ大阪ユースと対戦します。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権大会グループステージ第1節vsアルビレックス新潟U-18】
7月22日(水)午前11時半キックオフ 晴れ 富士見総合グラウンド 40分ハーフ
試合会場となった富士見総合グラウンドは前橋市街地から赤城山へ向かう途中、やや標高の高いところにあるグラウンド。到着したころにはすでに30度を超える暑さ。

フロンターレの先発はGK名良橋、DFは右から原島、武田、伊従、島崎。ボランチは田中、村田。右MFに渡邉、左MFに三笘。トップ下にゲームキャプテンの岸、FW藤井。

前半は新潟ボールからの開始。名良橋が「タケ、伊従最初だぞ」とCBコンビに声をかけるなか、試合は始まりました。

7分のフロンターレは右MF渡邉がボールを拾うとエリア左へロングパス。これをフリーで受けた岸がシュートを放ちますが、枠をとらえることはできません。

一方の新潟はボールを奪うとシンプルにボールを前へ送り、FW11番の奥直仁や左MF16番中野優也が裏を狙ってきます。

16分には武田がエリア正面でボールを失うピンチ。しかし、伊従がボールを奪い返してこれを防ぎます。

給水タイムを挟んだ21分にはフロンターレ、岸が中盤まで下がってボールを奪い、左に流れた村田へパス、さらにここからボールを受けた島崎が左クロスを送りエリア右から岸、渡邉が、立て続けにシュートを放ちますが、新潟のDFにかきだされてしまい、スコアを動かすことはできません。

32分には新潟の2番左SB平岩諒大からボールを受けた10番鎌田啓義が左から仕掛けてシュート。しかし、名良橋が横っ飛びで弾き飛ばす好守を見せます。

前半は0-0。

後半は立ち上がりから攻勢を強めるフロンターレ。縦に素早くボールを運ぶと岸、藤井がゴールに迫りますが、新潟のGK22番阿部航斗が止めて得点を許しません。

5分には新潟の鎌田が左クロスからフリーでシュートを放ちますが、これは上へ。さらに右から仕掛けた中野のシュートもわずかに左へ。フロンターレにとってはヒヤリとさせられる場面が続きます。

フロンターレはここで藤井に代わって瀬川がFWに。

新潟もフロンターレもともにコーナーキックからゴールを狙いますが、決定機を作り出すことはできずに後半の給水タイムへ。

試合が再開されると、次第に運動量が落ち、全体的にラインが低くなったフロンターレはセカンドボールを拾えなくなりなかなか攻撃につなげることができなくなっていきます。

25分には渡邉に代わって猪狩が右MFに。

31分にはエリア外左から新潟7番斎藤宏太に枠内右をとらえられますが、名良橋がまたも手を伸ばして弾き出すナイスセーブ!

自陣に釘付けにされ苦しい時間帯が続いたフロンターレ。しかし、一瞬の新潟の隙をついたのは左SB島崎。36分カウンターの流れから右サイドにいた島崎がドリブルでかけ上がると送ったクロスはエリア内へ。ボールは新潟DFが処理しようとしますが、主審の笛が鳴りハンドの判定。フロンターレはPKのチャンスを得ます。PKのキッカーはゲームキャプテン岸ではなく、瀬川ヤーシャ。ただただ祈るような気持ち。シュートはゴール右を揺らすと、ベンチの選手たちに駆け寄って喜びを全身であらわにする瀬川、そしてそれを追いかける選手たちの歓声がピッチに響きます。1-0。37分、苦しい時間帯にスコアを動かすことができました。

ロスタイムは3分。最後には立て続けにコーナーキックをとられますが、武田が下がり小川が入ったDF陣も踏ん張り、これをしのいだフロンターレ。非常に大きな勝ち点3を得ることができました。

試合を終えて、あいさつをした選手たち。ゴールを決めた瀬川ヤーシャは3日前のプリンスリーグでようやく今年初めてメンバーに入ったばかり。それでもPKキッカーを進んでつとめることができる気持ちの強さ、PKを譲るゲームキャプテンの岸、また控えの選手たちが次々に笑顔で瀬川の肩をたたき、ゴールを称える場面が印象に残りました。

前半0-0 後半1-0 計1-0
得点:瀬川ヤーシャ=PK
先発:1名良橋拓真 7原島亨太 5武田太一 26伊従啓太郎 3島崎竜 18田中碧 32村田聖樹 8渡邉啓太郎 10三笘薫 9岸晃司=cap 23藤井柾人
交代:藤井→11瀬川ヤーシャ 渡邉→14猪狩和真 武田→34小川真輝
リザーブ:16新居俊介 24川崎晶弘 25栗脇拓人 6柴原周平

Hグループのもうひとつの試合の結果:ガンバ大阪ユース4-3ヴァンフォーレ甲府U-18

試合を前にした選手たち。暑い群馬での熱戦が始まった
試合を前にした選手たち。暑い群馬での熱戦が始まった

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です