フロンターレU18 – エスペランサSC / クラブユース関東


5月23日に始まった日本クラブユース選手権の予選にあたる日本クラブユース選手権関東大会2次リーグは第2節へ。この試合と翌31日に行われる第3節が連戦というハードなスケジュール。水戸に4-2で勝利したBグループのフロンターレの対戦相手は神奈川県で活動するエスペランサSCユース。過去にもクラブユースや県リーグなどで対戦したことのあるアグレッシブなプレースタイルのチーム。前節は三菱養和に2-4で敗戦しています。

【川崎フロンターレU-18 日本クラブユース選手権関東大会2次リーグ第2節vsエスペランサSCユース】
5月30日(土)午後2時キックオフ 麻生グラウンド  晴れ 

フロンターレの先発は第1節と同じ。GK名良橋、DFは右から武田、田中、伊従、島崎。ボランチは桝谷、村田。右MFに渡邉、左MFに猪狩、トップ下に三笘。FWはゲームキャプテンを務める岸。白地に青い十字の入ったユニホームのエスペランサは4-4-2。

夏を思わせる強い日差しの麻生グラウンド。「入りだぞ! 入りだぞ!」。名良橋のチームを引き締める声が響くなか、キックオフ。

試合が動いたのは8分。猪狩がエリア前で倒されフリーキックを得て、猪狩自らが直接狙ったシュートは跳ね返されますが、こぼれ球からエリア内右から島崎がゴール左へ決めて、1-0。フロンターレが幸先よく先制します。

エスペランサも22分に反撃。左コーナーキックからニアにシュートを打たれるも名良橋は横っ飛びで弾き飛ばすファインセーブ。しかし、この直後の左コーナーキックをファーサイドで合わされてしまい1-1。ここで気温が高いため、主審が給水タイムの指示。

なかなかチャンスをつくれないフロンターレでしたが32分に勝ち越し点。エリア前まで押し込むと、相手DFのクリアボールが岸の足元へ。このボールを岸がゴール右へ決めてフロンターレが2-1。相手のミスから再びリード。しかし、エスペランサは直後にエリア左から仕掛けて、エリア内へラストパス。これを逆サイドで合わされて、2-2。フロンターレは追い付かれてしまいます。

さらに35分、エリア外右からミドルシュートが決まり、2-3。エスペランサの勝ち越しを許しフロンターレが追いかける展開に。
三笘らの仕掛けからエリア前まで迫ることこそできたものの、相手の球際の強さで止められ、ボールもなかなかつなぐことができず流れのなかから決定機をつくれず、相手のカウンターを許す展開のまま、前半は終わってしまいます。

後半のフロンターレは桝谷に代わって原島が入り、DFラインは右から原島、武田、伊従、島崎。田中がボランチに上がり、スタート。

6分、フロンターレは左サイドのアーリークロスがエリア内右、エスペランサの選手の間でうまくフリーになっていた猪狩のもとへ。これにGKはつめますが、ダイレクトで合わせたシュートはゴール左へ決まり3-3。フロンターレが同点。

しかし、次の得点はエスペランサ。15分セカンドボールを拾った中盤の選手がエリア左のFW29番へ浮き球のパス。角度のないところ、難しい局面でしたが、これをシュート。ゴール右を揺らして、3-4。ファインゴールで再びフロンターレは追いかける展開に。

直後にフロンターレは同点。右サイドから中央にパスが入り、エリア前で崩して、三笘がエリア内へ。三笘自らがゴールへ流し込んで4-4。

26分にはエリア前正面やや左でフロンターレにフリーキックのチャンス。キッカーは再三相手のファールにさらされてきた岸。ゴール中央へやや曲がったボールが決まり5-4。フロンターレ、みたびのリード。さらに35分には田中が右サイドから仕掛けてエリア内へ。ここで相手のハンドの反則がありPKのチャンス。選手たちが集まり、話し合った結果キッカーは田中。ゴール中央へ蹴り込み、6-4。

39分には猪狩に代わり、大曽根が入り左MFに。さすがにエスペランサも疲れが出たのか、うまく攻撃に出てこられない時間帯に。

ロスタイムは4分。渡邉に代わって藤井が出場。すると直後に中央でボールを受けた岸が右サイドのスペースへパス。これを受けた藤井が仕掛けて自ら決めて7-4。ファーストプレーでゴールを陥れて貴重な追加点。サポーターのバスケットケースのチャントも終わらないうちにさらに追加点。岸がエリア外左でボールを拾い自ら仕掛け、ゴール右へ決めて8-4。岸はハットトリック!

難しい試合になりましたが、リードを2度許し特に後半は相手のファールがたびたびあったなかでも気持ちを切らさずに球際でも負けず、流れを取り戻すことができたのは良かった、と思います。

前半2-3 後半6-1 計8-4
得点:島崎竜、岸晃司3、猪狩和真、三笘薫、田中碧=PK
先発:1名良橋拓真 5武田太一 18田中碧 26伊従啓太郎 3島崎竜 30桝谷岳良 32村田聖樹 8渡邉啓太郎 14猪狩和真 10三笘薫 9岸晃司=cap
交代:桝谷→7原島亨太 猪狩→36大曽根広汰 渡邉→23藤井柾人
リザーブ:16新居俊介 34小川真輝 6柴原周平 17道本大飛

Bグループ第2節の他の試合の結果:大宮アルディージャ2-1水戸ホーリーホック 三菱養和10-0YSCC
フロンターレは2勝。得点12失点6、得失点差+6で2位。首位は2勝、得点14失点2、得失点差+12の三菱養和。3位大宮アルディージャは2勝、得点5失点1、得失点差+4。

第3節の対戦相手は三菱養和。31日午後7時15分、しんよこフットボールパークにてキックオフ。
(文中敬称略)

試合を終えた選手たち
試合を終えた選手たち

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です