フロンターレU10 – JFC FUTURO / チャレンジリーグ


8月20日の等々力第一サッカー場。

川崎フロンターレU-10が、JFC FUTUROとのチャレンジリーグに臨みました。

チャレンジリーグは、1シーズンを通した真剣勝負の中、”将来につながるチャレンジ”をリーグコンセプトとして、設立され、Jリーグやクラブのジュニアチームが参加。

年間を通して、リーグ戦を行っています。



この記事は、フロンターレに取材を依頼し、書かせていただきました。


【川崎フロンターレU-10 チャレンジリーグ vs JFC FUTURO】

8月20日(土)午後2時キックオフ 等々力第一サッカー場 くもり時々雨 20分ハーフ 8人制



フロンターレの先発は、GK32森際陸、最終ラインは右から4藤田日向輝、31千葉朝陽、6片山瑛人、中盤に10渡邉一輝、右に9岩田陸叶、左に14佐藤雄吾、前線には13新堀葵。


空には雲が垂れ込めて、時折弱い雨が降る等々力第一サッカー場。両チームの選手の家族らが、傘を手にするなどし、見つめるなか、試合の幕は上がりました。


立ち上がりは、フロンターレが後ろから回していこうとするのに対して、JFC FUTUROが前から追い込みにいき、高い位置でボールを奪って、ゴール前に迫る場面をつくっていきます。

1分には、右サイドで11がカット。ゴールへ向かってくるも、片山が奪い返す好守。

さらに中盤の7がいったん左に振って、そこから右サイドに展開。11が仕掛けていきますが、片山が体をうまく入れ、前に行かせず。



さらに3分には、ふたたび高い位置でボールを奪ったJFC FUTURO、エリア外左、9がシュート。枠をとらえますが、森際がセーブ。

直後にはエリア外正面で、7がボールをカット。すぐさまループシュートで狙いますが、上にそれていきます。



5分には、さらにJFC FUTURO、11から右へパスが出ると、22が高い位置へ。ゴール前に折り返していきますが、藤田がカバー。

ラインを高く保ち、前から奪いにいく姿勢も見せていくJFC FUTURO、フロンターレもそれに対して、コンパクトに。粘り強く対応していきます。


7分には、片山が左サイドでボールをカット。やや前に持ち出して、渡邊につなげ、中央で時間をつくった渡邉は右サイドを突くパス。

これに抜け出した岩田陸叶が仕掛けていき、エリア右へ。シュートを打ちますが、JFC FUTUROのGKが好セーブを見せ、得点とはならず。


すると、8分、JFC FUTUROは中央で11がカット。前に持ち出して、そのパスに、エリア正面やや左、13が抜け出してシュート。これが決まり、0-1。

先制点は、JFC FUTUROに入ります。


追い掛ける展開となったフロンターレは、藤田が最終ラインから前へ仕掛けていくなど、変化も交えながら前に。間を縫うようにして佐藤が前に仕掛けたり、中央で渡邉がうまく体を使ってボールをキープ、そこから右サイドを突くパスを出して、岩田陸叶が仕掛けていくなどし、ゴールへ向かっていきます。


10分には、高い位置で千葉がボールをカット。エリア外でシュートを打ちますが、JFC FUTUROのGKがセーブ。

11分には、JFC FUTURO、下がり目で受けた13のスルーパスに、7が抜け出しそうになりますが、森際がセーブ。

さらにJFC FUTURO、高い位置でボールをカットすると、左からの折り返しに、正面で11がシュートを打ちますが、森際がセーブ。

立て続けにチャンスをつくられますが、最後のところで、しのいでいきます。


飲水タイムをはさんで、さらにチャンスをつくるのはJFC FUTURO、13分には、右サイドから斜めに13が仕掛け、枠をとらえたシュートを打ちますが、森際がセーブ。


中盤の渡邉がボールに触れ、そこから最終ラインに展開して、後ろから回していこうとするフロンターレ。

しかし、前から奪いにいくJFC FUTUROにチャンスをつくられる場面が続いていきます。

14分には、中央でボールをカットしたJFC FUTURO、7が前にっ持ち込んで、エリア外正面でミドルシュート。しかし、森際がセーブ。

15分には、右サイドを7が仕掛けて、正面へパスを送ると、13がダイレクトでシュートを打ちますが、右に。


16分にはフロンターレ。岩田陸叶がボールをカット。一気にエリア正面やや右へ。シュートを打つも、JFC FUTUROの体を張った守備に遭い、右コーナーキックに。

右コーナーキック、片山が右足でボールを入れると、藤田が飛び込みますが、さわることはできず。


セカンドボールを拾ったJFC FUTUROは、中央を11が仕掛けていきますが、千葉が寄せてシュートは打たせず。守備から攻めへのつながりを見せていくJFC FUTUROに対して、フロンターレも切り替えの良さを見せて、対応していきます。


18分には、フロンターレ、片山から中央の渡邉とつながり、渡邉は右に展開。岩田陸叶が縦に仕掛けて、右から折り返すと、新堀がシュート。GKのセーブが阻みましたが、多くの選手がかかわって、チャンスをつくっていきます。


中央を片山が持ち出し、藤田の縦パスに、岩田陸叶が抜け出しそうになるなど、次第に相手陣内での時間を増やしていくフロンターレ。佐藤が左サイドをドリブルで仕掛けるなど、相手エリア近くでのプレーを見せていきます。

20分には、JFC FUTURO、左サイドでボールをカット。最後は正面で13がシュートを打ちますが、右へ。

前半はタイムアップ。0-1でハーフタイムへ。




後半、フロンターレは、片山に代わり15下地勇人が入り、最終ラインは右から下地、千葉、藤田となります。


立ち上がり、下地がうまく中央のスペースを持ち出し、そこから左サイド、佐藤が仕掛けていくなど、フロンターレは相手陣内でプレーする機会をつくっていきます。

2分には、千葉がカット、一気に前に持ち出して、そのパスに新堀がエリア右へ。シュートを打ちますが、、左に。


3分には、JFC FUTURO、6が左サイドを仕掛け、ボールは正面へ。23がおさめるも、千葉がカバーし、シュートは打たせず。

直後にはフロンターレ、中央の渡邉が右サイドを突くパスを出すと、岩田陸叶が抜け出しそうになりますが、GKがセーブ。


フロンターレは、佐藤や下地がときには中央のスペースを持ち出し、また、新堀が右に流れて、正面へ仕掛けていくなど、変化も交え、下がり目で渡邉がボールをおさめ、最終ラインの千葉の左サイドを突くパスに、新堀が抜け出しそうになるなど、ゴールへ向かう動きを見せていきます。


7分には、フロンターレ、中央を持ち上がった岩田陸叶はスルーパス。これに抜け出したのは新堀。シュートは、いったんは阻まれるも、こぼれ球を渡邉が押し込んで、1-1。

フロンターレが追いつきます。


岩田陸叶、下地が右サイドでうまく連係し、下地が縦に仕掛ける場面をつくるなどしていくフロンターレ。

JFC FUTUROの攻めに対しても、千葉が23からボールを奪い取るなどし、うまく対応していきます。

9分には、最終ラインの藤田が、前に持ち出して、左に展開。新堀につながり、新堀は仕掛けて折り返しますが、シュートには至らず。


10分には、森際が前線へ送ったボールに、右サイドから斜めに、岩田陸叶が抜け出し、GKが阻んだところ、こぼれ球を拾った新堀がシュート。左にそれましたが、最後尾からもチャンスをつくる好連係を見せていきます。

11分には、中央を千葉が運んで、そのパスに、岩田陸叶がエリア右へ。シュートを打つも、JFC FUTUROはブロック。

さらに正面で渡邉、岩田陸叶がパス交換。エリア外正面、こぼれ球を拾った千葉がミドルシュートを打ちますが、ワンタッチあり、上に。



試合はここで飲水タイムへ。


飲水タイム明け、フロンターレは渡邉に代わり、ふたたび片山。

飲水タイム前、最後のプレーで得たフロンターレのコーナーキックは、シュートにはつながらず、JFC FUTUROは23がボールをキープし、そこからカウンターに持ち込もうとしていきますが、フロンターレは戻りが速くそれをさせず。


岩田陸叶が右から中央へ斜めに仕掛け、また、やや前目で下地がうまくキープするなど、自分たちでボールを持つ場面をつくっていくフロンターレ。

14分、フロンターレは中央で片山がボールをカット。前に持ち出して、右に展開。ボールは新堀へ。仕掛けた新堀の正面へのパスを受けたのは片山。シュートは相手のセーブに遭うも、最後は藤田が押し込み、2-1。

素晴らしい連係から、フロンターレが勝ち越します。


直後にはフロンターレ。前に持ち出した新堀から左に展開。藤田が間で受けて、そのパスに佐藤が正面へ。シュートは右にそれましたが、さらにチャンスをつくっていきます。

ボールをものにした千葉が前に持ち出し、相手を引き付けて、エリア右、岩田陸叶につなげるなど、ゴールへ向かう動きを続けていくフロンターレ。

JFC FUTUROもテンポよくボールを回して、うまくサイドに展開していきますが、クロスはシュートにはつながらず。

さらに正面へ13が迫ったり、右サイドを11が仕掛けたりしていきますが、千葉がボールを奪い取ったり、また、藤田が寄せていき、最後は千葉がカバーしたりするなど、しっかり守っていきます。


20分には、下地のパスを、片山が間で受け、そこから新堀へつなげようとしますが、それを奪ったJFC FUTUROは、右に展開。11が仕掛けていくも、藤田が奪い返し、前に行かせず。

直後には、中盤で7がカット。9とのパス交換から、7がエリア右へ抜け出していきますが、千葉がうまく寄せて最後は森際がセーブ。


試合はタイムアップとなり、2-1。


JFC FUTUROも良さを出し、押し込まれる場面もつくられたなか、次第に自分たちのかたちをつくりだせるようになったフロンターレ。

見事な連係からゴールもものにし、これからが楽しみになる試合となりました。


前半0-1 後半2-0 計2-1

得点:渡邉一輝、藤田日向輝

フロンターレの先発:32森際陸 4藤田日向輝 31千葉朝陽 6片山瑛人 10渡邉一輝 9岩田陸叶 14佐藤雄吾 13新堀葵

交代:片山→15下地勇人 渡邊→片山



(文中敬称略)


森際陸選手
渡邉一輝選手

新堀葵選手
千葉朝陽選手
藤田日向輝選手
森際陸選手
佐藤雄吾選手
千葉朝陽選手
片山瑛人選手
佐藤雄吾選手
藤田日向輝選手
千葉朝陽選手
岩田陸叶選手
岩田陸叶選手
藤田日向輝選手
千葉朝陽選手
森際陸選手
渡邉一輝選手
新堀葵選手

藤田日向輝選手

岩田陸叶選手
岩田陸叶選手
新堀葵選手
新堀葵選手
渡邉一輝選手
下地勇人選手

岩田陸叶選手
新堀葵選手
渡邉一輝選手
新堀葵選手
佐藤雄吾選手
渡邉一輝選手
千葉朝陽選手

藤田日向輝選手
下地勇人選手
下地勇人選手


藤田日向輝選手が決めて2-1
佐藤雄吾選手

千葉朝陽選手
岩田陸叶選手

2-1でタイムアップ
森際陸選手
千葉朝陽選手
片山瑛人選手
新堀葵選手
新堀葵選手

新堀葵選手

藤田日向輝選手

千葉朝陽選手
千葉朝陽選手
片山瑛人選手

渡邉一輝選手
千葉朝陽選手
渡邉一輝選手
下地勇人選手

CC BY-NC-ND 4.0 This work is licensed under a Creative Commons Attribution-NonCommercial-NoDerivatives 4.0 International License.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。